絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 日本語文法

blog〜し〜し①(並列)
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+し


【意味】
A、それにB


【例文】
①A:なんで山田(やまだ)くんのことが好(す)きじゃないの?
 B:だって、ケチだ、文句(もんく)ばっかり言う、いつも私が嫌(いや)がることをするんだもん





②ここのパンはおいしい、安(やす)い、とてもかわいい

③彼女(かのじょ)は美人(びじん)だ、頭(あたま)もいい、それにすごくやさしい


④今日はテストがある、外(そと)は寒(さむ)い、学校(がっこう)に行きたくないな…

⑤あそこのラーメン屋(や)さんは、まずい、高(たか)い、店員(てんいん)の態度(たいど)が悪(わる)い


【説明】
「Aし、Bし〜」は「A、それにB」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「Aし、Bし〜」は、例(れい)を挙(あ)げて言う場合(ばあい)に使われる文型で、「A・B以外(いがい)にも例(れい)がある」という意味を含(ふく)みます。「A」にいいことが入(はい)ると「B」にもいいことが入ります。反対(はんたい)に、「A」に悪(わる)いことがくると、「B」にも悪いことがきます。

[例]
ここのパンはおいしい安い、とてもかわいい
おいしい→いいこと
安い→いいこと
かわいい→いいこと

あそこのラーメン屋さんは、まずい高い店員の態度が悪い
まずい→悪いこと
高い→悪いこと
店員の態度が悪い→悪いこと


「〜し、〜し」は初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)する文型ですが、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使いますので復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉

【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村    

blogちっとも〜ない
【ちっとも〜ない】



[意味]
全然〜ない
少しも〜ない



[例文]
①A:山田(やまだ)くん、彼女(かのじょ)ができたんだって
 B:え〜っ、ちっとも知(し)らなかった
→え〜っ、全然(ぜんぜん)知らなかった!


②何回(なんかい)教(おし)えてもらっても、ちっともわからない
→何回教えてもらっても、少(すこ)しもわからない

③このレストランの料理(りょうり)は、ちっともおいしくない
→このレストランの料理は、全然おいしくない
 
④何度(なんど)やっても、ちっともうまくいかない
→何度やっても、少しもうまくいかない

⑤田中さんは元(もと)カレに新(あたら)しい彼女(かのじょ)ができても、ちっとも気(き)にしていないようだ
→少しも気にしていないようだ



[説明]
「ちっとも〜ない」は「まったく〜ない」「少しも〜ない」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「ちっともAない」の形(かたち)で使(つか)われ、「全然(ぜんぜん)Aない」と強調(きょうちょう)して言いたい時(とき)に使われます。


「まったく〜ない」と一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう🙂


【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村    

blog〜にかかれば・〜にかかったら
【接続】
名詞[辞書形]+にかかっては
名詞[辞書形]+にかかったら
名詞[辞書形]+にかかると
名詞[辞書形]+にかかれば


【意味】
〜が〜すると(予想と違う結果になる)


【例文】
 ①食材(しょくざい)がこれしかなくても、お母さんの手(て)にかかるとおいしい料理になる
→お母さんが料理すると、おいしい料理ができる

②どんなに汚(きたな)い部屋でも、プロにかかるとあっという間(ま)にきれいになる
→どんなに汚い部屋でも、プロが掃除すると、あっという間にきれいになる


③A:こんなに大きなケーキ、一人(ひとり)で食べられるわけがないじゃない!
 B:彼女にかかれば、10分くらいで食べちゃうわよ 
→彼女が食べると、10分くらいでなくなる

④A:これだけの仕事(しごと)を2人でやれって、無理(むり)にもほどがあるよね…
 B:大丈夫(だいじょうぶ)、ぼくにかかったら、これくらい半日(はんにち)で終(お)わるよ
→ぼくがこの仕事をすると、半日で終わる


⑤どんなに落(お)ちない汚(よご)れでも、クリーニング屋(や)さんの手にかかればきれいに落ちる
→クリーニング屋さんが洗うと、きれいに落ちる



【説明】
「〜にかかっては・〜にかかったら・〜にかかると・〜にかかれば」は「AにかかってはB」の形(かたち)で使われ、「Aが〜するとB」という意味(いみ)になる文型(ぶんけい)です。「Aが〜すると、予想(よそう)とは違(ちが)う結果(けっか)になる」と言いたい時に使われます。

[例]
食材がこれしかなくても、お母さんの手にかかるとおいしい料理になる
【予想】食材がたくさんないから、おいしい料理は作れないだろう
【結果】食材がたくさんないのに、お母さんはおいしい料理を作ることができる 



上級レベルの文型は覚(おぼ)えにくいものがたくさんありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉
 
【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村   

blogそれに〜
【それに〜】



[意味]
〜に加えて〜


[例文]
①A:どうしたの?
 B:なんだかお腹(なか)が痛(いた)いの
 A:朝(あさ)ごはんは何(なに)を食べたの?
 B:オムライスとうどんとハンバーガーと…それに、ケーキも食べた!
 A:ただの食べすぎだと思(おも)うよ…
→オムライスとうどんとハンバーガーと、それに加(くわ)えてケーキも食べたよ





②彼女はとてもかわいい。それに、すごく頭(あたま)もいい
→彼女はとてもかわいい。それに加えて、すごく頭もいい

③私は英語(えいご)が苦手(にがて)だ。というのも発音(はつおん)が難(むずか)しいからだ。それに文法(ぶんぽう)もとても複雑(ふくざつ)だ
→英語は発音が難しいし、文法も複雑だから苦手だ


④A:あのパン屋(や)さんはどうして人気(にんき)があるんだろう…
 B:あそこのパンはすごくおいしいんだよ。それにとても安(やす)いんだよ
→あそこのパンは、すごくおいしいし、とても安いんだよ


⑤A:なんで彼のことが好(す)きなの?
 B:だって、彼はイケメンなんだもん。それに、すごくやさしいの 
→彼はイケメンだし、すごくやさしいんだもん





[説明]
「AそれにB」は「AだしBだ」「Aに加(くわ)えてB」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。同(おな)じようなことを並(なら)べて言う時(とき)に使(つか)われます。「A」にプラスのことがくる場合(ばあい)は「B」にもプラスのことが入ります。反対(はんたい)に「A」にマイナスのことが入る場合は「B」にもマイナスのことが入ります。



「それに〜」は、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使いますので覚(おぼ)えておきましょう😉

【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村   

blog〜の一途をたどる
【接続】
名詞[辞書形]+の一途をたどる


【意味】
〜の方向に、どんどん進んでいる
どんどん〜している


【例文】
①暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)が原因(げんいん)で、体重(たいじゅう)は増加(ぞうか)の一途をたどっている
→体重は、どんどん増加している


②年々(ねんねん)、子供(こども)の数(かず)は減少(げんしょう)の一途をたどっている
→子供の数は、どんどん減少している

③彼の病状(びょうじょう)は悪化(あっか)の一途をたどっているとのことだ
→彼の病状は、どんどん悪化しているとのことだ


④なんでも、あの会社(かいしゃ)は衰退(すいたい)の一途をたどっているらしい
→あの会社はどんどん衰退しているらしい



⑤ここ数日(すうじつ)で、インフルエンザになる人が増加(ぞうか)の一途をたどっているようだ
→インフルエンザになる人が、どんどん増加しているようだ




【説明】
「〜の一途(いっと)をたどる」は「〜の方向(ほうこう)に、どんどん進(すす)んでいる」「どんどん〜している」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。途中(とちゅう)で変化(へんか)することなく、一つの方向に変化(へんか)が進んでいると言いたい時に使われます。悪(わる)い方向に変化が進行していると言いたい時によく使用(しよう)されます。



「〜の一途をたどる」が載(の)っている参考書(さんこうしょ)はとても少ないですので、上級レベルの人は覚(おぼ)えておくといいと思います😉


【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村   

blog〜み(形容詞の名詞化)
【接続】
[ー]+み
[ー]+み 


【意味】
〜のような感じ
〜のような感情
〜のような様子
〜のような色
〜のようなところ



【例文】
①このトマトは、甘(あま)みがあっておいしいね
→このトマトは、甘い味(あじ)があっておいしいね

②薬(くすり)を飲(の)んだら、痛(いた)みがなくなった!
→薬を飲んだら、痛い感覚がなくなった

③カレーにチョコレートを入(い)れると、うまみがでるよ
→カレーにチョコレートを入れると、おいしさがもっとでるよ

④このスープは、味(あじ)に深(ふか)みがある
→このスープの味は、深い感じがある

⑤教師(きょうし)として、もっと高(たか)みを目指(めざ)そうと思っています
→教師として、もっと高いところを目指そうと思っています


【説明】
「〜み」は形容詞(けいようし)を名詞化(めいしか)する場合(ばあい)に使(つか)われ、[感覚(かんかく)]や[様子(ようす)][場所(ばしょ)][特徴(とくちょう)]などを表(あらわ)します。「〜み」は、ほとんど決(き)まった形容詞に使われます。

[よく使用される形容詞]
甘み(あまみ)
辛み(からみ)
苦み(にがみ)
うまみ
苦しみ(くるしみ)
深み(ふかみ)
面白み(おもしろみ)
強み(つよみ)
弱み(よわみ)
痛み(いたみ)
赤み(あかみ)
青み(あおみ)
厚み(あつみ)
憐れみ(あわれみ) など


形容詞の名詞化には「〜さ」もありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😉


【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村  
 

blog〜さ(形容詞の名詞化①)
【接続】
[ー]+さ 
[ー]+さ 
*い形容詞の「いい」は「よさ」になる


【意味】
形容詞を名詞化する(程度を表す)


【例文】
①山田くんが着(き)ている服(ふく)のよさが全然(ぜんぜん)わからない…

②このステーキは、厚(あつ)さが3センチもある!


③A:このプールの深(ふか)さは何(なん)メートルですか? 
 B:1.5メートルです

④ケーキの大きさによって、値段(ねだん)が変(か)わります


⑤A:具合(ぐあい)が悪(わる)そうだね…どうしたの?
 B:ぼくは、暑(あつ)さにすごく弱(よわ)いんだ


⑥この絵(え)のすばらしさは、言葉(ことば)では表(あらわ)せないくらいだ




【説明】
「〜さ」は、形容詞(けいようし)を名詞(めいし)にする場合(ばあい)に使(つか)われ、[程度]を表す名詞を作ります。[い形容詞]は「い」をとって「さ」をつけ、[な形容詞]は「な」を「さ」にチェンジします。「いい」は「いさ」ではなく「よさ」になりますので、注意(ちゅうい)しましょう。

[例]
おいしおいし
便利便利
いいよさ


形容詞を名詞化する「〜み」の復習をしておきましょう😉
 

【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村  

blogてくる(順序)
【接続】
動詞[て形]+てくる


【意味】
〜てから来る 


【例文】
①A:お邪魔(じゃま)します
 B:いらっしゃい
 A:ケーキを買ってきましたので、よかったらどうぞ
 B:まあ、ありがとう


②A:きれいな花(はな)だね。どうしたの?
 B:彼氏(かれし)が買ってきてくれたの♪
 A:へえ〜、いいなぁ〜

③彼女:もう!また遅刻(ちこく)!?
 彼氏:ごめん、図書館(としょかん)に本を返(かえ)してきたんだ

④妻:おかえりなさい。ごはんは?
 夫:ただいま。ごはんは食べてきた

⑤妻:あなた!また飲んできたの?
 夫:…すまん



【説明】
「〜てくる」は「〜てから来(く)る」という意味(いみ)です。動作(どうさ)の順序(じゅんじょ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で、「〜をしてから、ここに来た」と言いたい時(とき)に使(つか)われます。「〜ていく」は「〜てくる」の反対(はんたい)で、「〜をしてから(どこかに)行く」という意味です。


「〜てくる」にはたくさん意味がありますので、復習をしておきましょう😉

【「〜てくる」がつく文型】
 
 
 
 
 
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 



 

blogに欠かせない
【接続】
名詞[辞書形]+に欠かせない


【意味】
〜に〜は絶対に必要だ
〜に〜はなくてはならない



【例文】
①A:ビール買ってきたよ〜
 B:わぁ〜ありがとう!
 A:お酒(さけ)はパーティーに欠(か)かせないもんね!
→パーティーにお酒はなくてはならないもんね!


②辞書(じしょ)は、日本語の勉強(べんきょう)に欠かせない
→辞書は、日本語の勉強に絶対に必要だ

③お正月(しょうがつ)おせち料理(りょうり)は欠かせない
→お正月におせち料理はなくてはならない



④ここ数年(すうねん)で、ネットやスマホは生活(せいかつ)に欠かせないものになってきた
→ネットやスマホは生活になくてはならないものになってきた



⑤母:お肉(にく)を買うのを忘(わす)れちゃったから、お肉なしのすき焼(や)きでもいい?
 娘:えっ、ありえない!!お肉はすき焼きに欠かせないでしょ!!
→お肉はすき焼きに絶対必要でしょ!!





【説明】
「〜に欠(か)かせない」は「AにBは欠かせない」「BはAに欠かせない」の形(かたち)で使われ、「AにBは絶対(ぜったい)に必要(ひつよう)だ」「AするのにBは不可欠(ふかけつ)だ」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「B」が絶対に必要だと強調(きょうちょう)して言う場合(ばあい)に使用(しよう)されます。


「〜に欠かせない」は、あまり参考書(さんこうしょ)に載(の)っていない文型の一つです。上級(じょうきゅう)レベルの人は覚(おぼ)えておくといいと思います。

【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村  

blog〇〇心地
【「〇〇心地がいい」「〇〇心地が悪い」】



[接続]
動詞[ます形]+心地


[意味]
〇〇した時、気持ちがいい
〇〇した時、いい感じがしない



[使い方]
着心地(きごこち)のいい服(ふく)
→着た時、気持(きも)ちがいいと感(かん)じる服

座り心地(すわりごこち)の悪(わる)いイス
→座った時に、いい感じがしないイス

はき心地(ごこち)のいい靴(くつ)・スカート・ズボン・パンツ
→はいた時の感じがいい靴・スカート・ズボン・パンツ

寝心地(ねごこち)が悪そうなベッド
→横(よこ)になった時に、気持ちがいいと感じるベッド



乗り心地(のりごこち)のいい車 
→乗った感じがいい車 


触り心地(さわりごこち)のいいぬいぐるみ
→触った感じが気持ちいいぬいぐるみ


[説明]
「〇〇心地(ごこち)がいい」「〇〇心地が悪い」は「〇〇した時、気持ちがいいと感じる」「〇〇した感じがよくない」という意味を表す言葉です。「V[ます形]+心地」の形(かたち)で、読み方(よみかた)は「ごこち」です。決(き)まった動詞(どうし)に使われますので、暗記(あんき)しておきましょう。 


【慣用句リスト】
 

【会話で使う表現】


【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村   
 

↑このページのトップヘ