blog挙げ句の果て




【挙げ句の果て(あげくのはて)】



[意味]
最後の最後に〜
結果的に〜



[例文]
①ケーキを食べられたので怒(おこ)ったら、逆ギレされ、挙げ句の果てには夕ご飯(ゆうごはん)抜(ぬ)きだと言われた


②ちょっとしたことで彼氏(かれし)と大(おお)げんかになり、挙げ句の果てには警察(けいさつ)が来る事態(じたい)になってしまった

③彼女(かのじょ)は自分(じぶん)のミスを人のせいにし、挙げ句の果てには怒って会社(かいしゃ)を辞(や)めると言い出した


④注意(ちゅうい)された新入社員(しんにゅうしゃいん)は、言い訳(いいわけ)をし始(はじ)め、挙句の果てに泣(な)き出した



⑤事故(じこ)で電車(でんしゃ)が止(と)まり、車内(しゃない)で2時間待(ま)つことになり、挙句の果てには歩(ある)いて隣(となり)の駅(えき)まで行かなければいけなくなった



[説明]
「挙げ句の果て(あげくのはて)」は「最後(さいご)の最後に〜」「結果的(けっかてき)に〜」という意味の慣用句です。「いろいろ何(なに)かをした結果、〜というよくない結末(けつまつ)になった」と言いたい時に使われます。ほとんどの場合(ばあい)、「挙げ句の果てには〜」「挙句の果てに〜」の形(かたち)が使用(しよう)されます。


N2の文型に「〜あげく」がありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉 


【慣用句リスト】
 

【日本語文法リスト】
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村