blog長い目で見る

【長い目で見る(ながいめでみる)】
 

[意味]
今(いま)のことだけを考(かんが)えるのではなく、長期的(ちょうきてき)に見る 


[例文]
①A:2000円のと1万円のと、どっちがいいと思う?
 B:長い目で見たら、1万円のほうがいいんじゃない?


②妻:家(いえ)を買ったほうがいいのかしら…
 夫:長い目で見ると、家賃(やちん)を払(はら)うより家を買ったほうがいいかもしれないな



③A:今年(ことし)の新入社員(しんにゅうしゃいん)はダメなやつばかりだ!
 B:これから、どんどん成長(せいちょう)すると思いますので長い目で見てあげてください

④値段(ねだん)が少(すこ)し高(たか)くても、長い目で見れば質(しつ)がいいものを買うようにしたほうがいい



[説明]
「長い目で見る(ながいめでみる)」は「今のことだけを考えるのではなく、長期的な視点(してん)で見る」「先(さき)のことも考えて、長期的に見る」という意味の慣用句(かんようく)です。 今の状態(じょうたい)だけで判断(はんだん)するのではなく、将来(しょうらい)のことや先のことなども考えて決(き)めると言いたい時に使われます。「今はつらいが、将来のことも考えてがまんする」と言いたい時にも使用(しよう)されます。


体の慣用句はたくさんありますので、少しずつ覚(おぼ)えてきましょう😉

【慣用句リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村