blogとあって
【接続】
名詞[辞書形]+にあって


【意味】
〜の状況(じょうきょう)なので
〜の場所なので



【例文】
①花粉(かふん)がたくさん飛(と)んでいるという状況にあって、みんなマスクをしている
→花粉がたくさん飛んでいるという状況なので、みんなマスクをしている



②彼は社長(しゃちょう)という立場(たちば)にあって、会社のために寝ずに仕事をしている
→彼は社長という立場なので、会社のために寝ずに仕事をしている



③国際化社会(こくさいかしゃかい)にあって、言語(げんご)の習得(しゅうとく)はとても重要(じゅうよう)だとされている
→国際化社会という状況なので、言語の習得はとても重要だとされている


④あの会社は経営(けいえい)状況の悪化(あっか)にあって、倒産(とうさん)を余儀(よぎ)なくされたそうだ
→あの会社は経営状況の悪化という状況だったので、倒産を余儀なくされたそうだ




【説明】
「Aにあって」は「Aという状況なので〜」「Aという場所にいるので〜」という意味の文型です。「A」には[状況][場所][立場]などが入ります。書き言葉として使われるかたい言い方です。


「〜にあっては」や「〜にあっても」と一緒(いっしょ)に覚えておきましょう😊




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村