blog狐の嫁入り

【狐の嫁入り(きつねのよめいり)】


[意味]
晴(は)れているのに、急(きゅう)に雨が降(ふ)ってくること 



[説明]
「狐の嫁入り(きつねのよめいり)」とは「晴(は)れているのに、急(きゅう)に雨が降ってくること」という意味の慣用句(かんようく)です。昔(むかし)は、狐(きつね)には不思議(ふしぎ)な力(ちから)があると信(しん)じられていたと言われています。晴れているのに雨が降るというあり得(え)ないような天気(てんき)は、きっと狐がしたことだと思われていたということから、「狐の嫁入り」と呼(よ)ばれるようになったそうです。




 

「狐の嫁入り」と言われるようになった理由(りゆう)は他(ほか)にもたくさんあります。興味(きょうみ)がある人は調(しら)べてみてくださいね😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村