blog顔負け
【顔負け(かおまけ)】



[意味]
目下(めした)の人のすごさに、目上(めうえ)の人が負(ま)けてしまう
目下の人の能力(のうりょく)がすごくて目上の人が負けたと感(かん)じる



[例文]
①大人(おとな)顔負けの英語力(えいごりょく)

②日本人(にほんじん)顔負けの知識(ちしき) 

③人間(にんげん)顔負けの食事(しょくじ)

④シェフ顔負けの味(あじ)

⑤歌手(かしゅ)顔負けの歌唱力(かしょうりょく)

⑥プロ顔負けの技術(ぎじゅつ)


[説明]
「A顔負(かおま)けのB」の形(かたち)で「Bがすごくて、Aが負(ま)けたと感(かん)じる」「Bの能力(のうりょく)が予想外(よそうがい)にすごくて、Aが負けたと思(おも)う」という意味の言葉(ことば)です。「A」には目上(めうえ)の人が入り、「B」には目下(めした)の人が入ります。「A」と「B」は反対(はんたい)のものが入ります。ほとんどの場合は「B」は省略(しょうりゃく)されます。「B」の能力がすばらしいということを強調(きょうちょう)する言葉です。
 

[例]
①大人顔負けの英語力
【A】大人
【B】子供(こども)
→子供が英単語(えいたんご)をよく知っていて、大人が負けたと感じる

②日本人顔負けの知識 
【A】日本人
【B】外国人(がいこくじん)
→外国人の方が日本のことをよく知っていて、日本人が負けたと感じる

③人間顔負けの食事
【A】人間
【B】猫(ねこ)
→猫の食事の方が自分(人間)のものよりすごくて、負けたと感じる

④シェフ顔負けの味
【A】シェフ
【B】素人(しろうと)・一般人(いっぱんじん)
→素人の料理がおいしくて、シェフが負けたと感じる

⑤歌手顔負けの歌唱力
【A】歌手
【B】素人・一般人
→一般人の歌唱力がすばらしくて、歌手が負けたと感じる

⑥プロ顔負けの技術
【A】プロ
【B】素人・一般人
→素人の技術がすごくて、プロが負けたと感じる


[使い方]
A:子供なのに、あの子は英語が上手だね!
B:うん。大人顔負けだね〜

A:彼は日本のことを何(なん)でも知(し)っているね
B:うん。日本人も顔負けの知識だよね〜


「顔負け」は、私が日本語を教えていた時に説明(せつめい)がしにくいと感じていた言葉の一つです😓よく使われますので知っているといいと思います。


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村