blogのに(目的)
【接続】
動詞[辞書形]+のに
名詞[辞書形]+に


【意味】
〜ために使(つか)う
〜ために必要(ひつよう)



【例文】
①A:これは何(なに)をするのに使(つか)うの?
 B:巻(ま)き寿司(ずし)を作(つく)るのに使(つか)うのよ
→巻き寿司を作るために使うのよ

②辞書(じしょ)は日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)するのに使います
→日本語を勉強するために使います

③ナイフはフルーツを切(き)るのに使います
→フルーツを切るために使います

④消(け)しゴムは字(じ)を消(け)すのに使います
→字を消すために使います
(復習:消える・消す

⑤お箸(はし)は、ごはんを食(た)べたり料理(りょうり)をしたりするのに使います
→ごはんを食べたり料理をしたりするために使います


【説明】
「〜のに」は【用途(ようと)】を表(あらわ)す表現(ひょうげん)で、「〜ために使(つか)う」という意味(いみ)で使われます。この文型(ぶんけい)は、後ろに「使う」がきますので「〜のに使う」の形で覚えておきましょう。また、名詞(めいし)に使う場合は「名詞+に〜」になります。

[例]
辞書は日本語を勉強するのに使います
→辞書は日本語の勉強使います


「〜のに」は初級(しょきゅう)で勉強しますが、とてもよく使う大切(たいせつ)な文型です。日常会話(にちじょうかいわ)で上手(じょうず)に使えるように復習(ふくしゅう)をしておきましょう😀

【「〜のに」がつく用法】
〜のに(必要)
〜のに(評価)
〜のに(用途)

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村