blog耳が痛い
*「〜ちゃう・〜じゃう」(復習:〜ちゃう・〜じゃう

【耳が痛い(みみがいたい)】



[意味]
自分(じぶん)の失敗(しっぱい)について、聞(き)くことがつらい
自分の悪(わる)いところを言(い)われて、聞くことがつらい
何度(なんど)も同(おな)じことを言われて、聞くことがつらい


[例文]
①母(はは):今日(きょう)こそしょうゆを買(か)ってきてちょうだいよ
 娘(むすめ):その言葉(ことば)は耳(みみ)が痛(いた)い
→その言葉は聞いているのがつらい
(復習:〜こそ
(復習:〜てちょうだい

②A:ちゃんと勉強(べんきょう)しないと卒業(そつぎょう)できないよ!
 B:わかってるってば。何度(なんど)も言(い)われると耳が痛くなる
→何度も言われると、聞いているのがつらくなる
(復習:〜ってば) 

③A:今日からダイエットするわ!
 B:また失敗(しっぱい)するに決(き)まってるよ
 A:あ〜、耳が痛いよ!
→あ〜、(私もまた失敗すると思うから)聞いているのがつらいよ!
(復習:〜に決まっている) 

④お母(かあ)さんが言うことは耳が痛いことばっかりだ…
→お母さんが言うことは聞いているのがつらいことばっかりだ
(復習:〜ばっかり・〜ばっか) 


[説明]
「耳が痛い」は「何度も同じことを言われて、それを聞いているのがつらい」「自分の失敗(しっぱい)や悪(わる)いところについて、聞いているのがつらい」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。「聞いているのがつらい」という意味ですから、いいことには使いません😌自分が失敗したことを話題(わだい)にされたり、何度も注意(ちゅうい)されたりした時(とき)によく使います😊また、わかっていることを何度も言われたり、自分の弱点(じゃくてん)などについて言われた時にも「耳が痛い」とよく言いますので覚(おぼ)えておきましょう😉


「耳が痛い」は友達(ともだち)や家族(かぞく)との会話で使う慣用句です。目上(めうえ)の人(ひと)に注意されたり、怒(おこ)られている時に「耳が痛いです」とは言えませんので気(き)をつけてくださいね😅

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村