blogにかわって

【接続】
名詞[辞書形]+にかわって
名詞[辞書形]+にかわり
名詞[辞書形]+にかわる+名詞

【意味】
〜と交代(こうたい)して
〜の代理(だいり)として


【例文】
①お母(かあ)さんにかわって、私(わたし)が夕食(ゆうしょく)を作(つく)った 
→お母さんと交代(こうたい)して、私が夕食を作った 

②社長(しゃちょう)にかわって、部長(ぶちょう)があいさつをした
→社長の代理(だいり)として、部長があいさつをした

②忙(いそが)しい父にかわって、結婚式(けっこんしき)に出席(しゅっせき)した
→忙しい父の代理として、結婚式に出席した

【説明】
「〜にかわって」は「〜と交代(こうたい)して」「〜の代理(だいり)として」という意味を表す文型です。「本当は〜がするはずのことを他の人がする」と言いたい時に使います😊

[例]
①お母さんにかわって、私が夕食を作った
→いつもは「お母さん」が夕食を作るが、病気になったので「私」が作った

②社長にかわって、部長があいさつをした
→「社長」がするはずだったが、社長がいなかったので「部長」がした

③忙しい父にかわって結婚式に出席した
→本当は「父」が結婚式に出席するはずだったが、忙しいので「私」が出席した


後ろに名詞がくる場合は「〜にかわる+名詞」になります😀

[例]
山田さんにかわるすばらしい社員(しゃいん)はいない


また、「〜にかわり」は「〜にかわって」と意味も使い方も同じですが、「〜にかわり」の方が、かたい言い方です😮

[例]
社長にかわって、部長があいさつをした
=社長にかわり、部長があいさつをした


似ている文型がいくつかありますので、きちんと区別(くべつ)をして覚えておきましょう😊

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村