絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 会話で使う表現

blogお大事に
【お大事に…】



[意味]
〜が早(はや)くよくなりますように
病気(びょうき)が悪(わる)くなりませんように


[例文]
①私(わたし):今日(きょう)はかぜをひいたので休(やす)みます
 先生(せんせい):そうですか…お大事(だいじ)に
→かぜが早(はや)くよくなりますように

②私:最近(さいきん)、かぜ気味(ぎみ)なの
 友達(ともだち):そっか…お大事にね
→そっか…早くよくなるといいね
(復習:〜気味

③私:指(ゆび)の骨(ほね)が折(お)れちゃったの
 友達:お大事にね
早くよくなるといいね
(復習:〜ちゃう・〜じゃう

④友達:なんだか熱(ねつ)があるみたいだから、今日は帰(かえ)るね
 私:大丈夫(だいじょうぶ)?お大事にね
→大丈夫?熱が早く下(さ)がるといいね
(復習:なんだか
(復習:〜みたいだ(五感推量)

⑤病院(びょういん):5日分(いつかぶん)のかぜ薬(ぐすり)です。お大事に
早くよくなりますように

⑥患者(かんじゃ):先生(せんせい)、ありがとうございました
 医者(いしゃ):では、1週間後(いっしゅうかんご)にまた来(き)てください。お大事に
病気(びょうき)がこれより悪(わる)くならないといいですね


[説明]
「お大事(だいじ)に…」 は「病気(びょうき)が早(はや)くよくなりますように」「病気が悪(わる)くなりませんように」という意味(いみ)の表現(ひょうげん)です。ほとんどの場合(ばあい)は、かぜや軽(かる)いケガに使(つか)われます。家族(かぞく)や友達(ともだち)と使う場合には「お大事にね」という言(い)い方(かた)がよく使われます。目上(めうえ)の人(ひと)に使う場合は「お大事になさってください」を使うようにしましょう😊
(復習:〜ように(祈願)
(復習:〜ようにする


[例]
社長(しゃちょう):娘(むすめ)がかぜをひいたんだ…
社員(しゃいん):そうですか…お大事になさってください


日本(にほん)の病院(びょういん)に行(い)った場合、帰る際(さい)にお医者さんや看護師(かんごし)さんに「お大事に」「お大事にどうぞ」と言われると思(おも)います。よく使われる表現ですので、覚(おぼ)えておきましょう😊
(復習:〜際(に)
(復習:〜ておく

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

blogそう?
*(復習:〜すぎ(名詞化)

【そう?・そうかな…】


[意味]
〜と思(おも)わない
〜ではないと思う


[例文]
①A:このカレー、すごくおいしかったね!
 B:そう?私には辛(から)すぎるよ…
(復習:〜すぎる

②A:あの人(ひと)、イケメンだね
 B:そう?
(復習:イケメン

③A:この絵(え)にはすばらしいものがあるね!
 B:そう?
(復習:〜ものがある) 

④A:日本語(にほんご)は難(むずか)しいね…
 B:そう?

⑤A:山田(やまだ)くんってケチだよね…
 B:そう?この前(まえ)おごってくれたよ〜
(復習:〜って(主題・定義)
(復習:おごる


[説明]
「そう?」は「〜と思(おも)わない」「〜ではないと思う」という意味(いみ)です。ほとんどの場合(ばあい)は、相手(あいて)が言(い)ったことを少(すこ)し否定(ひてい)する気持(きも)ちを込(こ)めて、「私(わたし)は〜ではないと思う」という場合(ばあい)に使(つか)われます。 
(復習:〜を込めて・〜を込めた

[例]
①A:このカレー、すごくおいしかったね!
 B:そう?私には辛すぎるよ…
→辛すぎるし、私はおいしいと思わないな…

②A:あの人、イケメンだね
 B:そう?
→…私はイケメンだと思わない

③A:この絵にはすばらしいものがあるね!
 B:そう?
→私はすばらしいと思わないな…

④A:日本語は難しいね…
 B:そう?
→私は難しいとは思わない

⑤A:山田くんってケチだよね…
 B:そう?この前おごってくれたよ〜
→この前おごってくれたし、私はケチだと思わないよ 


【余裕のある人へ】
「そう?」に似(に)ている表現(ひょうげん)に「そうかな…」というのがあります。「〜かな」は「〜でしょうか・〜だろうか」の話(はな)し言葉(ことば)で、相手(あいて)が言(い)ったことを否定(ひてい)したり疑(うたが)ったりする時に使われます。また「そうかしら…」も使うことができますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😀
(復習:〜かな・〜かしら(文法)
(復習:〜かな・〜かしら(口語形)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogそう(同意)
【そう】



[意味]
そのとおり!


[例文]
①娘(むすめ):今日(きょう)のごはんはカレー?
 母(はは):そう

②A:これでいいの?
 B:そう

③A:カキが嫌(きら)いなの?
 B:そうなの…

④母:雨(あめ)が降(ふ)りそうだから傘(かさ)を持(も)ってきなさい
 娘:そうだね!
(復習:〜そうだ(可能性)

⑤A:カラオケに行こうよ!
 B:明日(あした)テストがあるから、今日(きょう)は帰(かえ)って勉強(べんきょう)したほうがいいよ
 A:そうだね。今度(こんど)にしよう


[説明]
「そう」は「そのとおり」という意味(いみ)で、相手(あいて)が言(い)ったことを【肯定(こうてい)】したり、相手(あいて)が言ったことに【同意(どうい)】したりする時(とき)に使(つか)われる表現(ひょうげん)です。

[例]
①娘:今日のごはんはカレー?
 母:そう
→そのとおり。今日のごはんはカレーよ

②A:これでいいの?
 B:そう
→うん。それでいいよ

③A:カキが嫌いなの?
 B:そうなの…
→そのとおり。カキが嫌いなの

④母:雨が降りそうだから傘を持ってきなさい
 娘:そうだね!
→そのとおりだね

⑤A:カラオケに行こうよ!
 B:明日テストがあるから、今日は帰って勉強したほうがいいよ
 A:そうだね。今度にしよう
→そのとおりだね。家に帰って勉強しよう


【肯定】【同意】を表す「そう」は会話(かいわ)でとてもよく使われますので、覚(おぼ)えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogさあ…
【さあ…】



[意味]
わからない
知(し)らない



[例]
A:山田(やまだ)くんはなんでへこんでるの?
B:さあ、知(し)らない…
C:財布(さいふ)を落(お)としたからだって
(復習:なんで?
(復習:へこむ
(復習:〜てる・〜でる
(復習:落ちる・落とす②
(復習:〜って(伝聞)

A:あの人(ひと)誰(だれ)か知(し)ってる?
B:さあ、知(し)らない 

A:明日(あした)は雨(あめ)が降(ふ)るの?
B:さあ、わからない…

娘(むすめ):お母(かあ)さんはなんで怒(おこ)ってんの?
父(ちち):さあ
(復習:〜ん(〜てんの)

A:パーティーには何人くらい来(き)そうですか?
B:さあ…50人(にん)くらいかしら
(復習:「何人」の読み方は?
(復習:〜そうだ(可能性)
(復習:〜かな・〜かしら


[説明]
「さあ…」は「わからない」「知(し)らない」という意味(いみ)です。答(こた)えがわからない場合(ばあい)や、どのように答(こた)えたらいいかわからない場合(ばあい)に使(つか)われます😊また、本当(ほんとう)は知(し)っていても答(こた)えたくない場合などに使われる時(とき)もあります。

[例]
母(はは):ケーキ知らない?
娘:さあ
母:本当(ほんとう)に知らない?
娘:さっき食(た)べちゃった…ごめんね
(復習:〜ちゃう・〜じゃう


家族(かぞく)や友達(ともだち)との会話(かいわ)では「さあ…」だけでもOKですが、目上(めうえ)の人(ひと)と話(はな)す場合(ばあい)は「さあ、わかりません」「さあ、知りません」と言(い)うようにしましょう😉
(復習:〜ようにする

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


blogだこと!
【〜だこと!】


[接続]
名詞[ーだ]+こと
い形容詞[ーい]+こと
な形容詞[ーだ]+こと
な形容詞[ーな]+こと


[使う時]
驚(おどろ)きや感動(かんどう)を表(あらわ)したい時(とき)


[例文]
①きれいなお花(はな)だこと

②孫(まご):おばあちゃん、ひさしぶり!
 おばあちゃん:まあ、元気(げんき)だこと

③汚(きたな)い部屋(へや)だこと!ちゃんと片付(かたづ)けなさい


[説明]
「〜こと!」は人(ひと)や物(もの)の状態(じょうたい)について、驚(おどろ)きや感動(かんどう)を表(あらわ)したい時(とき)に使(つか)われる表現(ひょうげん)です。これは女性(じょせい)が使う表現ですので、男性(だんせい)は使うことができません😨また、丁寧(ていねい)な言(い)い方(かた)をしたい時は「〜ですこと」が使用(しよう)されます。

[例]
きれいなお花だこと
=きれいなお花ですこと


「〜だこと!」「〜ですこと!」は話(はな)し言葉(ことば)ですが、実(じつ)のところ、日常会話(にちじょうかいわ)で使われることは少(すく)ないです😅ドラマやマンガでは聞(き)く機会(きかい)があると思(おも)いますので、「ことシリーズ」の1つとして覚(おぼ)えておくといいと思います😉 
(復習:〜ところ(Nのところ)

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogお言葉に甘えて
【お言葉に甘えて〜する(おことばにあまえて〜する)】



[意味]
相手(あいて)の親切(しんせつ)な気持(きも)ちをいただいて〜する


[例文]
A:今日(きょう)はうちでごはんを食(た)べていきなさい
B:お言葉(ことば)に甘(あま)えていただいていきます
(復習:〜ていく(継起)

上司(じょうし):体調(たいちょう)が悪(わる)そうだね。今日はもう帰(かえ)っていいよ
部下(ぶか):お言葉に甘えてそうさせていただきます
(復習:〜そうだ(様態)

先輩(せんぱい):今日は僕(ぼく)がおごったげるよ
後輩(こうはい):お言葉に甘えてご馳走(ちそう)になります 
(復習:おごる) 
(復習:〜たげる) 

A:つまらないものですが、みんなで食(た)べてください
B:ありがとうございます。お言葉に甘えていただきます 
(復習:つまらないものですが…

[説明]
「お言葉(ことば)に甘(あま)えて〜する」は「相手(あいて)の親切(しんせつ)な気持(きも)ちをいただいて〜する」という意味(いみ)の表現(ひょうげん)です。これは相手(あいて)が言(い)った優(やさ)しい言葉(ことば)に対(たい)して使(つか)われる表現で、「相手が言ったようにします」と感謝(かんしゃ)の気持ちを込(こ)めて使用(しよう)します😊
(復習:〜を込めて・〜を込めた

A:今日はうちでごはんを食べていきなさい
B:お言葉に甘えていただいていきます
【相手の言葉】ごはんを食べていきなさい
【意味】ありがとうございます。ごはんをいただいていきます

上司:体調が悪そうだね。今日はもう帰っていいよ
部下:お言葉に甘えてそうさせていただきます
【相手の言葉】もう帰っていい
【意味】ありがとうございます。では、帰らせていただきます

先輩:今日は僕がおごったげるよ
後輩:お言葉に甘えてご馳走になります  
【相手の言葉】おごってあげる
【意味】では、ご馳走になります。ありがとうございます

A:つまらないものですが、みんなで食べてください
B:ありがとうございます。お言葉に甘えていただきます 
【相手の言葉】みんなで食べてください
【意味】では、みんなで食べます。ありがとうござます

「お言葉に甘えて〜」は、相手が実際(じっさい)に言った言葉に対して使われます。相手が言っていないことには使えませんので注意(ちゅうい)しましょう😀

上司:体調が悪そうだね。もう帰ってもいいよ
⭕️部下:お言葉に甘えてそうさせていただきます

上司:体調が悪そうだね。大丈夫(だいじょうぶ)かい?
⭕️部下:はい。大丈夫です
❌部下:お言葉に甘えて帰らせていただきます
→「帰ってもいい」とは言っていない
(復習:〜だい・〜かい) 

また、「お言葉に甘えさせていただきます」という言い方もありますので覚えておくといいと思いあmす😊

[例]
A:今日はうちでごはんを食べていきなさい
B:はい、お言葉に甘えさせていただきます


「お言葉に甘えて〜」は目上(めうえ)の人(ひと)に使う表現です。丁寧(ていねい)で相手に対する感謝の気持ちを表すことができる表現ですので、日本(にほん)で働(はたら)いている人(ひと)や、日系会社(にっけいがいしゃ)に勤(つと)めている人はぜひ使ってみてくださいね😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog何のこと?
*(復習:〜ってば

【何のこと?(なんのこと)】


[使う時]
相手(あいて)が何(なに)の話(はなし)をしているのか、わからない時(とき)
本当(ほんとう)は知(し)っているのに、知らないふりをする時



[例文]
①母(はは):ケーキを食(た)べたでしょ!
 娘(むすめ):何(なん)のこと?
(復習:〜でしょ・〜だろ

②母:ケーキを食べたでしょ!
 娘:何のこと?食べてないよ
 母:うそをつくのはやめなさい!
 娘:食べてないってば!!
(復習:〜てる・〜でる
(復習:〜ってば

③A:早(はや)くお金(かね)を返(かえ)してほしんだけど…
 B:え、何のこと?
 A:この前(まえ)1000円(えん)貸(か)したよね?
(復習:貸す・借りる
(復習:〜よね?


[説明]
「何のこと?(なんのこと)」は「相手(あいて)が、何(なに)について話(はな)しているのかわからない時(とき)」「本当(ほんとう)は知(し)っているのに、知らないふりをする時」に使(つか)われる表現です。【本当は知っている時】【本当に知らない時】両方(りょうほう)に使えます😊

[例]
【本当は知っている場合(ばあい)】
①母:ケーキを食べたでしょ!
 娘:何のこと?
→本当は自分が食べたが、怒(おこ)られたくないのでわからないふりをしている
【本当は誰が食べたか知っている】

②母:ケーキを食べたでしょ!
 娘:何のこと?食べてないよ
 母:うそをつくのはやめなさい!
 娘:食べてないってば!!
→本当に自分は食べていない
【本当に誰が食べたか知らない】


また、丁寧形(ていねいけい)は「何のことですか?」となります😊

先輩:この前1000円貸したよね?
後輩:え?何のことですか?


「何のこと?」は、会話(かいわ)でよく使(つか)われる表現ですので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogどの口が言う
【どの口が言う(どのくちがいう)】



[使う時]
「あなたはそんなこと言(い)える立場(たちば)じゃない」と言(い)いたい時(とき)
「お前(まえ)が言うなよ」と言いたい時 



[例文]
A:甘(あま)いものの食(た)べすぎはよくないよ〜
B:は?どの口(くち)が言(い)ってんの
→は?あなたに言われたくないよ
(復習:〜すぎ(名詞化)
(復習:〜ん(〜てんの)

A:遅刻(ちこく)しちゃダメだよ
B:自分(じぶん)は遅刻してばかりいるのに、どの口が言っているの? 
→あなたに言われたないよ…
(復習:〜ちゃ・〜じゃ
(復習:〜てばかりいる・〜てばかりだ

A:お酒(さけ)は飲(の)みすぎないほうがいいよ〜
B:どの口が言っているの
→あなたに言われたくないよ
(復習:〜すぎる


[説明]
「どの口(くち)が言(い)う」というのは「あなたはそんなこと言(い)えないよ」「お前(まえ)が言うなよ」と言いたい時(とき)に使(つか)われる表現(ひょうげん)です。多(おお)くの場合(ばあい)、自分(じぶん)がちゃんとしていないことや、できないことを相手(あいて)に「〜したほうがいいよ」「〜しないほうがいいよ」などと注意(ちゅうい)したり、アドバイスした時に相手から「あなたに言われたくない」と言い返(かえ)される時に使用(しよう)されます😅

[例]
A:甘いものの食べすぎは、よくないよ〜
B:は?どの口が言ってんの
→Aも甘いものをたくさん食べているのに、Bに注意したので「あなた(A)に言われたくない」とBに言われた

A:遅刻しちゃダメだよ
B:自分も遅刻してばかりいるのに、どの口が言っているの? 
→Aはいつも遅刻しているのに、Bに注意したので「あなた(A)に言われたくない」とBに言われた

A:お酒(さけ)は飲(の)みすぎないほうがいいよ〜
B:どの口が言っているの
→Aはいつも飲みすぎているのに、Bに「飲みすぎないほうがいい」といったので、「あなた(A)に言われたくない」とBに言われた


「どの口が言う」は「どの口が言っているの?」の形(かたち)で使われることがとても多(おお)いです。相手(あいて)を非難(ひなん)する気持(きも)ちを込(こ)めて言(い)う表現(ひょうげん)で、友達(ともだち)や家族(かぞく)と使うと覚(おぼ)えておきましょう😀
(復習:〜を込めて・〜を込めた

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogよね?
*(復習:〜にする
*(復習:「カフェ」と「コーヒー」
*(復習:三日坊主

「〜よね?」


【使う時】
①相手(あいて)に確認(かくにん)する時(とき)
②相手に同意(どうい)をしてもらいたい時



【例文】
①A:ダイエットするって言(い)ってたよね
 B:ダイエットは明日(あした)からにする!
(復習:〜てる・〜でる
(復習:〜って(引用)

②A:プリンは本当(ほんとう)においしいよね
 B:そうだね

③A:テストは明日だよね? 
 B:今日(きょう)だよ… 

④A:N1ってすごく難(むずか)しいよね
 B:うん、本当に難しいね
(復習:〜って(主題・定義)) 

⑤娘(むすめ):お母(かあ)さん、お父(とう)さんはケーキが嫌(きら)いだよね
 母(はは):うん。甘(あま)いものはまるでダメなのよ
(復習:まるで〜ない) 


【説明】
「〜よね」は【相手(あいて)に確認(かくにん)する時(とき)】【同意(どうい)してほしい時】 に使(つか)われる表現(ひょうげん)です。

[例]
①A:ダイエットするって言ってたよね
 B:ダイエットは明日からだよ〜
【相手に確認】

②A:プリンは本当においしいよね
 B:そうだね
【同意してほしい】

③A:テストは明日だよね? 
 B:今日だよ… 
【相手に確認】

④A:N1ってすごく難しいよね
 B:うん、本当に難しいね
【同意してほしい】

⑤娘:お母さん、お父さんはケーキが嫌いだよね
 母:うん。甘いものはまるでダメなのよ
【相手に確認】


「〜よね」は丁寧形(ていねいけい)について「〜ですよね?」という言(い)い方(かた)もあります😮仲(なか)がいい先輩(せんぱい)や、初(はじ)めて会(あ)った人(ひと)との会話(かいわ)でも使(つか)うことができます。

[例]
A:N1ってすごく難しいですよね
B:はい、本当に難しいですね


「〜よね」は、友達(ともだち)や家族(かぞく)、仲がいい先輩などとの会話でとてもよく使われる表現ですので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


 

blog死んだように眠る
【死んだように眠る(しんだようにねむる)】



[意味]
深(ふか)く眠(ねむ)る
熟睡(じゅくすい)する


[例文]
A:昨日(きのう)は引(ひ)っ越(こ)しで忙(いそが)しかったらしいね
B:うん。疲(つか)れすぎて死(し)んだように眠(ねむ)った
(復習:〜らしい
(復習:〜すぎる


[説明]
「死(し)んだように眠(ねむ)る」とは「深(ふか)く眠(ねむ)る」「熟睡(じゅくすい)する」という意味(いみ)で、「ぐっすりと眠った」時(とき)に使(つか)われる慣用表現(かんようひょうげん)です。すごく疲(つか)れていた時や、お酒(さけ)をたくさん飲(の)んだ後(あと)、「すごく深く眠って、朝(あさ)まで一度(いちど)も目(め)が覚(さ)めなかった」などと言いたい時によく使われます😊 


「死んだように眠る」は、慣用句(かんようく)として決(き)まった形(かたち)で使われます。会話(かいわ)でも使(つか)われますので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉
(復習:〜ておく

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ