絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 慣用句

blog頭が固い

【頭が固い(あたまがかたい)】



[意味]
考え方がかたい
頑固(がんこ)な人


[例文]
①娘:お父さんが海外旅行は危険(きけん)だって言うの…
 母:お父さんは頭(あたま)が固(かた)いからね


②うちの部長(ぶちょう)ったら、頭が固くて困(こま)るのよね…


③年(とし)を取(と)ると、頭が固くなりがち


④彼は頭が固くて、人の意見(いけん)を一向(いっこう)に聞こうとしない




[説明]
「頭が固い(あたまがかたい)」は「考え方がかたい」「自由(じゆう)な考え方ができない」という意味の慣用句(かんようく)です。その場(ば)に合(あ)った考え方ができなかったり、自分(じぶん)の考え方を変(か)えることができない人に使います。「頭が固い」はいい意味では使われません😨


「頭が固い」はよく使われる慣用句の1つですので、覚(おぼ)えておくといいと思います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blog足の踏み場もない

【足の踏み場もない(あしのふみばもない)】



[意味]
すごく散(ち)らかっている様子(ようす)


[例文]
①ちゃんと片付(かたづ)けなさい!足の踏み場もないわ!

②部屋(へや)はゴミだらけで、足の踏み場もない


③彼(かれ)の部屋には物(もの)がたくさんあって、足の踏み場もなかった

④山田(やまだ)くんの部屋は汚(きたない)いといったらない。足の踏み場もないくらいだ




[説明]
「足の踏み場もない(あしのふみばもない)」は「すごく散(ち)らかっている様子(ようす)」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。「歩(ある)くところがないくらい、たくさんの物が散らかっている」と言いたい時(とき)に使(つか)われます。 


「足の踏み場もない」は、よく使われる慣用句(かんようく)の1つですので覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog頭を冷やす
【頭を冷やす(あたまをひやす)】



[意味]
冷静(れいせい)になる
気持(きも)ちを落(お)ち着(つ)かせる


[例文]
①二人(ふたり)とも、少(すこ)し頭(あたま)を冷(ひ)やしなさい

頭を冷やしてから、もう一度(いちど)話(はな)し合(あ)いましょう


頭を冷やして、よく考(かんが)えてみなさい

④息子:もう大学(だいがく)なんてやめてやる!!
 母:ちょっと頭を冷やして、考(かんが)え直(なお)したほうがいいと思うわよ…


⑤A:あ〜!何をしてもうまくいかない!!
 B:頭を冷やすために、散歩(さんぽ)でもしてきたら?
 A:…うん、そうするよ




⑥コーヒーを飲んで、少し頭を冷やそう


[説明]
「頭を冷やす(あたまをひやす)」とは「冷静(れいせい)になる」「気持(きも)ちを落(お)ち着(つ)かせる」という意味の慣用句(かんようく)です。ケンカをしたり、怒(おこ)って興奮(こうふん)している人に対(たい)してよく使われる表現(ひょうげん)です。



「頭を冷やす」は、会話(かいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておきましょう😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog足を運ぶ
【足を運ぶ(あしをはこぶ)】



[意味] 
〜に行く
〜に出(で)かけて行く



[例文]
①A:山田くんは、このパン屋(や)さんに毎日足を運んでいるそうよ
 B:へえ〜。ここのパンは安(やす)くておいしいもんね




②遠(とお)いところから足を運んでくれてありがとう

③田中さんは、お母さんが入院(にゅういん)しているので毎日病院に足を運んでいる

④何度(なんど)も足を運んでいただき、申(もう)し訳(わけ)ございません

⑤お忙(いそが)しいところ足を運んでいただきまして、ありがとうございました



[説明]
「足を運ぶ(あしをはこぶ)」は「〜に出(で)かけて行く」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。「何(なに)かをするために、わざわざ〜に行く」と言いたい時に使います。尊敬語(そんけいご)として使う場合(ばあい)は、例文④⑤のように「足を運んでいただく」になります。



「足を運ぶ」は会話(かいわ)でもよく使いますので覚(おぼ)えておきましょう😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村



 

blog引っ張りだこ
【引っ張りだこ(ひっぱりだこ)】



[意味]
人気(にんき)があって、いろんな方面(ほうめん)で必要(ひつよう)とされる人


[例文]
①A:最近(さいきん)、あの歌手(かしゅ)をよくテレビで見るね
 B:うん。テレビ番組(ばんぐみ)やCMに引っ張りだこだね

②彼女はドラマで人気が出て以来(いらい)、いろんな番組に引っ張りだこだ 


③A:あの俳優(はいゆう)は大根役者(だいこんやくしゃ)なのに映画(えいが)やドラマに引っ張りだこだよね…
 B:さあ…イケメンだからじゃん? 





④女優(じょゆう)を目指(めざ)すからには、引っ張りだこになるくらい有名(ゆうめい)になりたい


⑤彼は、すごく仕事ができるので同僚(どうりょう)から引っ張りだこ


[説明] 
「引っ張りだこ」とは「人気(にんき)があって、いろんな方面(ほうめん)で必要(ひつよう)とされる人」「人気があって、たくさんの人に必要とされる人」という意味の言葉です。芸能人(げいのうじん)に対(たい)してよく使われますが、例文⑤のようにビジネスの場面で使われることもあります。




「引っ張りだこ」は、日常会話(にちじょうかいわ)でよく使われますので覚えておくといいと思います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog手を加える
【手を加える(てをくわえる)】



[意味]
いい状態(じょうたい)にするために直(なお)す


[例文]
①娘:カレーがおいしくならないの
 母:大丈夫(だいじょうぶ)!ちょっと手を加えたら、おいしくなるわ 

②お母さんに手を加えてもらったら、スープがおいしくなった

③生徒(せいと)が書いた作文(さくぶん)に少(すこ)し手を加える

④A:この絵(え)、子供(こども)が描(か)いたにしてはうますぎるよね
 B:きっとお母さんに手を加えてもらったに違(ちが)いないよ





⑤学生:バイトの面接(めんせつ)に行くのですが履歴書(りれきしょ)に手を加えていただけませんか?
 先生:いいですよ


[説明]
「手を加える(てをくわえる)」は「いい状態(じょうたい)にするために直(なお)す」という意味の慣用句(かんようく)です。いい状態にするために訂正(ていせい)や修正(しゅうせい)をしたり、何かを補(おぎな)ったりする時に使います。


体の慣用句はたくさんありますので、覚(おぼ)えられるものから覚えていきましょう😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog気が利く
【気が利く(きがきく)】



[意味]
細(こま)かいところまで、よく気(き)がつく


[例文]
①娘(むすめ):お母さん、お茶(ちゃ)を持ってきたよ
 母:あら、気(き)が利(き)くわね。ありがとう 


②あの子は若(わか)いのによく気が利く

③彼女(かのじょ)は、美人(びじん)な上(うえ)にとても気が利く


④A:なんで彼女のことが好(す)きなの?
 B:う〜ん、よく気が利くからかな



⑤山田(やまだ)くんほど気が利かない人(ひと)はいないよね…



[説明]
「気が利く(きがきく)」とは「細(こま)かいところまで、よく気(き)がつく」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。暑(あつ)いと思っていたらエアコンをつけてくれたり、お腹(なか)がすいたと感(かん)じていた時にパンを買ってきてくれたりというように、相手(あいて)がしてほしいと思っていることによく気がついたりする人に使います。 



「気が利く」はとてもよく使う慣用句ですので、覚(おぼ)えておくといいと思います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog顔負け
【顔負け(かおまけ)】



[意味]
目下(めした)の人のすごさに、目上(めうえ)の人が負(ま)けてしまう
目下の人の能力(のうりょく)がすごくて目上の人が負けたと感(かん)じる



[例文]
①大人(おとな)顔負けの英語力(えいごりょく)

②日本人(にほんじん)顔負けの知識(ちしき) 

③人間(にんげん)顔負けの食事(しょくじ)

④シェフ顔負けの味(あじ)

⑤歌手(かしゅ)顔負けの歌唱力(かしょうりょく)

⑥プロ顔負けの技術(ぎじゅつ)


[説明]
「A顔負(かおま)けのB」の形(かたち)で「Bがすごくて、Aが負(ま)けたと感(かん)じる」「Bの能力(のうりょく)が予想外(よそうがい)にすごくて、Aが負けたと思(おも)う」という意味の言葉(ことば)です。「A」には目上(めうえ)の人が入り、「B」には目下(めした)の人が入ります。「A」と「B」は反対(はんたい)のものが入ります。ほとんどの場合は「B」は省略(しょうりゃく)されます。「B」の能力がすばらしいということを強調(きょうちょう)する言葉です。
 

[例]
①大人顔負けの英語力
【A】大人
【B】子供(こども)
→子供が英単語(えいたんご)をよく知っていて、大人が負けたと感じる

②日本人顔負けの知識 
【A】日本人
【B】外国人(がいこくじん)
→外国人の方が日本のことをよく知っていて、日本人が負けたと感じる

③人間顔負けの食事
【A】人間
【B】猫(ねこ)
→猫の食事の方が自分(人間)のものよりすごくて、負けたと感じる

④シェフ顔負けの味
【A】シェフ
【B】素人(しろうと)・一般人(いっぱんじん)
→素人の料理がおいしくて、シェフが負けたと感じる

⑤歌手顔負けの歌唱力
【A】歌手
【B】素人・一般人
→一般人の歌唱力がすばらしくて、歌手が負けたと感じる

⑥プロ顔負けの技術
【A】プロ
【B】素人・一般人
→素人の技術がすごくて、プロが負けたと感じる


[使い方]
A:子供なのに、あの子は英語が上手だね!
B:うん。大人顔負けだね〜

A:彼は日本のことを何(なん)でも知(し)っているね
B:うん。日本人も顔負けの知識だよね〜


「顔負け」は、私が日本語を教えていた時に説明(せつめい)がしにくいと感じていた言葉の一つです😓よく使われますので知っているといいと思います。


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog喉から手が出る
【喉から手が出る(のどからてがでる)】


[意味]
すごく欲(ほ)しい
欲しくてたまらない



[例文] 
喉から手が出るほど欲(ほ)しかったバッグをお母さんに買ってもらった

②父:新(あたら)しいゲームを買ってきたぞ〜
 娘:ありがとう!これ、喉から手が出るほど欲しかったの!

喉から手が出るほど欲しかったN1の合格証明書(ごうかくしょうめいしょ)が届(とど)いた


④あの歌手(かしゅ)のサインは、ファンなら誰(だれ)でも喉から手が出るほど欲しいだろう

⑤お母さんが喉から手が出るほど欲しがっていた本をプレゼントした


[説明]
「喉から手が出る」は「欲(ほ)しくてたまらない」という意味で、すごく欲しいと思っている様子(ようす)を表(あらわ)す慣用句(かんようく)です。欲しいという気持(きも)ちを自分(じぶん)ではコントロールできないくらい、すごく欲しいと言いたい時にぴったりの表現(ひょうげん)です。ほとんどの場合は「喉から手が出るほど欲しい」という形(かたち)が使われます。



第三者(だいさんしゃ)に使う場合(ばあい)は「喉から手が出るほど欲しがっている」になります。「〜がる・〜がっている」を復習(ふくしゅう)しておきましょう。



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog腹が黒い

【腹が黒い(はらがくろい)】


[意味]
心(こころ)の中(なか)でよくないことを考(かんが)えていること


[例文]
①山田(やまだ)くんは腹(はら)が黒(くろ)いから気(き)をつけたほうがいいよ 


②彼(かれ)は優(やさ)しそうに見(み)えるけど、結構(けっこう)腹が黒いよ…


腹が黒い人(ひと)かどうかは、見(み)ただけではわからないものだ


④A :田中(たなか)さんは、かわいいし性格(せいかく)もいいよね
 B:彼女(かのじょ)はかわいいけど、腹が黒いらしいよ



[説明]
「腹が黒い(はらがくろい)」は「心(こころ)の中(なか)でよくないことを考(かんが)えている」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。いつも何(なに)か悪(わる)いことをしようと計画(けいかく)しているような人(ひと)に対(たい)してよく使(つか)われます。同(おな)じ意味で「腹黒い(はらぐろい)」という言い方(かた)もあります。 



[例]
山田くんは腹が黒いから気をつけたほうがいいよ
=山田くんは腹黒いから気をつけたほうがいいよ


「腹が黒い」「腹黒い」は、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ