絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 語彙

blog今さら
*(復習:SNS
*(復習:〜って(伝聞)
*(復習:もう〜(もう+否定表現)


【今(いま)さら】


[意味]
今(いま)になって
今となっては



[例文]
今(いま)さら「SNSって何(なに)?」なんて聞(き)けない…
今となっては「SNSって何?」と聞くのは遅(おそ)すぎて聞けない
(復習:〜って(主題・定義)
(復習:〜など・〜なんか・〜なんて
(復習:〜すぎる

今さら謝(あやま)っても許(ゆる)してあげないよ
今になって謝ってももう遅すぎるから許してあげないよ 

今さらやめたいとは言(い)えない
今になってやめたいと言うのは遅すぎて言えない

④A:来週(らいしゅう)の旅行(りょこう)のことだけど、大阪(おおさか)じゃなくて京都(きょうと)にしない?
 B:何(なに)を今さら…ホテルを予約(よやく)したんだから無理(むり)だよ
今になっては遅すぎるよ…ホテルを予約したんだから
(復習:〜ちゃ・〜じゃ


[説明]
「今(いま)さら」は「今になって」「今となっては」という意味(いみ)の表現(ひょうげん)で、「今〜するのは、もう遅(おそ)すぎる」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)います😊 もう決(き)まっていることや終(お)わってしまったことについて「もう〜なんだから、もう遅すぎる」と、非難(ひなん)の気持(きも)ちを込(こ)めて言(い)うときによく使(つか)われます😉また、例文④のように「何を今さら」は慣用的表現(かんようてきひょうげん)で、「〜できる時(とき)はもう終(お)わってしまった」という意味で使用(しよう)されます。
(復習:〜てしまう(完了)
(復習:〜を込めて・〜を込めた


[例]
何を今さら…旅行はもうキャンセルできないよ 
→キャンセルできる期間(きかん)はもう終わっているから、もうキャンセルできないよ


「今さら」は「今更」とも書(か)きます。「今更」もよく使われますので覚(おぼ)えておくといいと思います😉
(復習:〜ておく

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogか否か

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+か否か


【意味】
〜するか〜しないか


【例文】
①N1に合格(ごうかく)するか否(いな)かは努力(どりょく)によって決(き)まる
→N1に合格するかしないかは努力によって決まる
(復習:〜によって(区別)

②パーティーに参加(さんか)するか否かはメールで知(し)らせてください 
→パーティーに参加するかしないかはメールで知らせてください

③賛成(さんせい)するべきか否かわからなかった
→賛成するべきかしないべきかわからなかった
(復習:〜べきだ) 


【意味】
「〜か否(いな)か」は「〜するか〜しないか」という意味(いみ)の表現(ひょうげん)です。「否」は「いな」と読(よ)みます。初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)した「〜かどうか」のとてもかたい言(い)い方(かた)です😊「〜か否か」と一緒(いっしょ)に使(つか)われる表現(ひょうげん)がいくつかありますので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉 

[「〜か否か」とよく使う表現]
・〜か否か+〜によって決まる
・〜か否か+〜かどうかによって決まる
・〜か否か+〜にかかっている 
・〜か否か+〜かどうかにかかっている
・〜か否か+〜如何(いかん)にかかっている



かたい言い方ですので、日常会話(にちじょうかいわ)ではあまり使われませんが上級(じょうきゅう)レベルの人はしっかりと覚えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog今にも〜そう

【今(いま)にも〜そう】



[意味]
今(いま)すぐに〜が起(お)こりそうに見(み)える様子(ようす)
今すぐに〜の状態になりそうに見える様子


[例文]
今(いま)にも雨(あめ)が降(ふ)りそうだ
今すぐに雨が降りそうな様子(ようす)だ

②彼女(かのじょ)は今にも泣(な)きそうだ
→彼女は今すぐに泣きそうな様子だ

③机(つくえ)に置(お)いてある本(ほん)が今にも落(お)ちそうだ
→机に置いてある本が今すぐ落ちそうな様子だ
(復習:落ちる・落とす①
(復習:落ちる・落とす②
(復習:落ちる・落とす③

④あのテレビはとても古(ふる)い。今にも壊(こわ)れそうだ 
→あのテレビはとても古い。今すぐに壊れそうに見える


[説明]
「今(いま)にも〜そう」は「今すぐに〜が起(お)こりそうに見(み)える様子(ようす)」「今すぐに〜の状態になりそうに見える様子」という意味(いみ)を表(あらわ)す表現(ひょうげん)です。初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)したように、「〜そう」の後(うし)ろに名詞(めいし)がくる場合(ばあい)は「今にも〜そうな+名詞」になりますs😊

[例]
今にも泣きそうだ。
今にも泣きそうな顔(かお)をしている
【「顔」は名詞】

初級の「〜そう」はとても大切(たいせつ)な文型(ぶんけい)ですので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blog何とか言う

「何とか言う(なんとかいう)」


[意味]
何(なん)でもいいから、何(なに)か言(い)う


[例文]
母:なんで30点(てん)だったの?
娘:…
母:何(なん)とか言(い)いなさい
何(なん)でもいいから、何(なに)か言って説明(せつめい)しなさい
娘:…
母:お父(とうさん)さんも何とか言ってちょうだい
→お父さんも、何でもいいから何か言って注意(ちゅうい)してちょうだい
(復習:なんで?
(復習:〜てちょうだい) 


[説明]
「何とか言う」とは、「何でもいいから、何か言う」という意味(いみ)で使(つか)われる表現(ひょうげん)です。ほとんどの場合(ばあい)は、相手(あいて)が何も言わない場合に「何かを言え」と言うように、強(つよ)く発言(はつげん)を求(もと)める時(とき)に使われます。


[よく使う形]
・何とか言いなさい
・何とか言って!
・何とか言ったらどうなの!
 など


「何とか言う」は話(はな)し言葉(ことば)で、とてもよく使われる表現ですのでドラマやアニメなどでも聞(き)くことがたくさんあると思(おも)います😊

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogだったら

【だったら】



[意味]
それだったら
それなら



[例文]
①娘(むすめ):なんだか頭(あたま)が痛(いた)いの…
 お母(かあ)さん:だったら、今日(きょう)は学校(がっこう)を休(やす)みなさい
それなら、今日は学校を休みなさい
(復習:なんだか
(復習:なんだかvsなんとなくvsなんとはなしに

②A:日本語(にほんご)の文法(ぶんぽう)は難(むずか)しいな…
 B:だったら、私が教(おし)えたげるよ〜
それなら、私が教えたげるよ〜
(復習:〜たげる

③A:今日は、なにかとと忙しいの… 
 B:だったら、何(なに)か手伝(てつだ)うよ〜
それだったら、何か手伝うよ〜
(復習:なにかと) 

④A:来週(らいしゅう)、北海道(ほっかいどう)に行(い)くんだ〜
 B:だったら、カニを食(た)べるべきだよ!!
それだったら、カニを食べるべきだよ!!
(復習:〜べきだ

⑤A:明日(あす)は大雪(おおゆき)とのことよ
 B:だったら、イベントはキャンセルかもしれないね
それなら、イベントはキャンセルかもしれないね
(復習:〜とのとのことだ

[説明]
「だったら〜」は「それなら〜」「それだったら〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す表現(ひょうげん)です。相手(あいて)が言(い)ったことに対(たい)して、「それなら〜」と話者(わしゃ)の【推測(すいそく)】【提案(ていあん)】【考(かんが)え】【アドバイス】などを言(い)う時(とき)に使(つか)います😊

[例]
①娘:なんだか頭が痛いの…
 お母さん:だったら、今日は学校を休みなさい
【話者の考え】【提案】

④A:来週、北海道に行くだ〜
 B:だったら、カニを食べるべきだよ!!
【提案】【アドバイス】

⑤A:明日は大雪とのことよ
 B:だったら、イベントはキャンセルかもしれないね
【推測】【話者の考え】 


「だったら〜」は話(はな)し言葉(ことば)で、友達(ともだち)や家族(かぞく)との間(あいだ)でとてもよく使(つか)われます😊みなさんもぜひ使ってみてくださいね😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

「だったら〜」は話し言葉で、 

blogたいがい

【たいがい】



[意味]
だいたい毎回(まいかい)・毎日(まいにち)〜
ほとんど毎回・毎日〜



[例文]
①お父(とう)さんはたいがい7:00に帰(かえ)ってくる
→お父さんはほとんど毎日7:00に帰ってくる

②彼女(かのじょ)はたいがい遅刻(ちこく)をしてくる
→彼女はほとんど毎回遅刻をしてくる

③朝(あさ)ごはんは、たいがいパンを食(た)べます
→朝ごはんは、ほとんど毎日パンを食べます

④夜(よる)はたいがい12:00までに寝(ね)ることにしている
→夜はだいたい毎日12:00までに寝ることにしている
(復習:〜ことにしている) 


[説明]
「たいがい〜」は「だいたい毎回(まいかい)〜」「ほとんど毎日(まいにち)〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。習慣(しゅうかん)を表(あらわ)すことに使(つか)われ、「ほとんどの場合(ばあい)が〜だ」というように頻度(ひんど)や確率(かくりつ)が高(たか)いと言(い)いたい時(とき)に使います😊

[例]
たいがい7:00に帰ってくる
毎日「7:00に帰ってくる」のが習慣

朝ごはんはたいがいパンを食べる
毎日「パンを食べる」のが習慣


【余裕のある人へ】
「たいがいのN」の形(かたち)で使われる場合は「大部分(だいぶぶん)のN」「ほとんどのN」という意味になります😮

[例]
たいがいの人(ひと)は知(し)らない
大部分の人は知らない 

たいがいのフランス映画(えいが)は見(み)てしまった
ほとんどのフランス映画は見てしまった


「たいがい」は漢字(かんじ)で書(か)くと「大概」と書きます。上級(じょうきゅう)レベルの人は覚えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogかそこら

【〜かそこら】


[意味]
〜くらい


[例文]
①A:大阪(おおさか)から東京(とうきょう)までどのくらい?
 B:新幹線(しんかんせん)で2時間半(じかんはん)かそこらだよ
→新幹線で2時間半くらいだよ

②A:車(くるま)が欲(ほ)しいな…
 B:中古車(ちゅうこしゃ)なら50万円(まんえん)かそこらで買(か)えるよ
→中古車なら50万円くらいで買えるよ

③A:留学(りゅうがく)するのにどれくらいかかるかな…
 B:100万円かそこらだと思(おも)うよ
→100万円くらいだと思うよ
(復習:〜かかる
(復習:〜かな・〜かしら(文法)
(復習:〜かな・〜かしら(口語形)

④A:今日(きょう)はあまり寒(さむ)くないね
 B:うん。5℃(ど)かそこらじゃない
→うん。5℃くらいじゃない
(復習:〜じゃない・〜んじゃない

⑤学校(がっこう)までは2キロかそこら
→学校までは2キロくらい


[説明]
「〜かそこら」は「〜くらい」という意味(いみ)を表(あらわ)す表現(ひょうげん)です。「〜かそこら」はその程度(ていど)や数量(すうりょう)があまり大(おお)きくないと言(い)いたい時(とき)に使(つか)われます😮

[例]
2時間半かそこら
→「2時間半」は長くないという気持(きも)ちが入(はい)っている

50万円かそこらで買える
→50万円は高くないという気持ちが入っている


数量(すうりょう)が大(おお)きくないという気持ちを入(い)れたくない場合(ばあい)は「〜くらい」を使(つか)いましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blog限りなく〜に近い

【限りなく〜に近い】



[意味]
〜とほとんど同(おな)じだ
〜にとても近(ちか)い



[例文]
①彼女(かのじょ)の絵(え)は、限(かぎ)りなく本物(ほんもの)に近(ちか)い
→彼女の絵は、本物(ほんもの)にとても近い

②黄(こう)さんの日本語(にほんご)の発音(はつおん)は、限りなく日本人(にほんじん)に近い
→黄さんの日本語の発音は、日本人とほとんど同(おな)じだ

限りなくに近いピンク色(いろ)のドレス
→白にとても近いピンク色のドレス


[説明]
「限(かぎ)りなく〜に近い」は「〜とほとんど同(おな)じだ」「〜ととても近(ちか)い」という意味(いみ)を表す表現です。「まるで〜のようだ」「ほとんど〜に見える」と言いたい時によく使います。

[例]
①彼女の絵は限りなく本物に近い
→彼女の絵はまるで本物のように上手(じょうず)だ

②黄さんの日本語の発音は、限りなく日本人に近い
→黄さんの日本語の発音はまるで日本人のように完璧(かんぺき)だ

限りなくに近いピンク色のドレス
まるで白に見(み)えるピンク色のドレス


「限りなく〜に近い」は会話(かいわ)でもよく使(つか)いますので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog〜中(ちゅう)

【〜中(ちゅう)】



[意味]
〜をしているところ
〜の状態(じょうたい)が続(つづ)いている


[例文]
①今(いま)は勉強中(べんきょうちゅう)です
→今は勉強をしているところです

②彼女(かのじょ)は電話中(でんわちゅう)だ
→彼女は電話をしているところ

③お母(かあ)さんは洗濯中(せんたくちゅう)
→お母さんは洗濯をしているところ

④あの道(みち)は今(いま)工事中(こうじちゅう)
→あの道は今工事の状態(じょうたい)が続(つづ)いている

ダイエット中(ちゅう)なのでスイーツは食(た)べません
ダイエットをしているところなのでスイーツは食べません
(復習:「スイーツ」と「デザート」) 


[説明]
「〜中(ちゅう)」は「〜しているところ」「〜の状態(じょうたい)が続(つづ)いている」という意味(いみ)を表(あらわ)す表現(ひょうげん)です。「名詞(めいし)+中(ちゅう)」で使(つか)いますが、「〇〇する」の形(かたち)で使(つか)う名詞に使用(しよう)すると覚(おぼ)えておきましょう。 

[よく使う名詞]
・勉強中
・電話中
・テスト中
・工事中
・授業中(じゅぎょうちゅう)
・旅行中(りょこうちゅう)
・会議中(かいぎちゅう)
・外出中(がいしゅつちゅう)
・営業中(えいぎょうちゅう)
・準備中(じゅんびちゅう)
・掃除中(そうじちゅう)
 など


「〜中(ちゅう)」は動作(どうさ)や活動(かつどう)を表(あらわ)す名詞(めいし)には自由(じゆう)に使(つか)えますので、みなさんも会話(かいわ)で使ってみてくださいね😉また「〜中(じゅう)」とは区別(くべつ)をして覚えておきましょう。
(復習:〜中に(じゅうに)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blog〜中に(じゅうに)
【〜中に(じゅうに)】



[意味]
①〜の期間(きかん)に
②〜の場所全体(ばしょぜんたい)に・〜の範囲(はんい)に


[例文]
①今日(きょうじゅう)にレポートを出(だ)さなきゃいけないの
→今日の間にレポートを出さなきゃいけない
(復習:〜なきゃ

②明日中(あすじゅう)に連絡(れんらく)しますね
→明日の間に連絡しますね

③今年中(ことしじゅう)に彼氏(かれし)と結婚(けっこん)する予定(よてい)です 
→今年の間に彼氏と結婚する予定です

④会社中(かいしゃじゅう)に悪(わる)いうわさが広(ひろ)がった
→会社全体に悪いうわさが広がった


[説明]
「〜中に(じゅうに)」は「〜の期間(きかん)に」「〜の場所全体(ばしょぜんたい)に」「〜の範囲(はんい)に」という意味(いみ)で使(つか)われる表現(ひょうげん)です。「〜中に(じゅうに)」は「〜中(じゅう)」と似(に)ていますが、「に」がつくと少(すこ)し意味が変(か)わりますので、区別(くべつ)をして覚(お)えておきましょう😨

[「〜中に」とよく使う単語]
・今日中に
・明日中に
・今週中(こんしゅうじゅう)に
・今月中(こんげつじゅう)に
・今年中(ことしじゅう)に
・学校中(がっこうじゅう)に
・クラス中に
・世界中(せかいじゅう)に
・国中(くにじゅう)に など



「〜中」とつくものはたくさんありますので、混乱(こんらん)しがちです😨読み方も「ちゅう」「じゅう」というように2つありますので、気(き)をつけてくださいね😉
(復習:〜がち) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ