絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 類似文法比較

今回(こんかい)は「〜かわりに」「〜にかわって」の使(つか)い分(わ)けについてです。N3以上(いじょう)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をしておきましょう😀

blogにかわってvsかわりに

【〜にかわって】
⭕️交代(こうたい)・代理(だいり):〜と交代して・〜の代理として
代用(だいよう):〜ではなく〜を使(つか)う
反面(はんめん):〜けれども〜
交換条件(こうかんじょうけん):〜の交換として


【〜かわりに】 
⭕️交代・代理:〜と交代して・〜の代理として
⭕️代用:〜ではなく〜を使う
⭕️反面:〜けれども〜
⭕️交換条件:〜の交換として


[例]
⭕️母(はは)にかわって料理(りょうり)をする
⭕️母のかわりに料理をする

⭕️上司(じょうし)にかわってスピーチをした
⭕️上司のかわりにスピーチをした 

❌ジュースにかわって水(みず)を飲(の)む【「代用」には使えない
⭕️ジュースのかわりに水を飲む

❌バターにかわってジャムを塗(ぬ)る【「代用」には使えない
⭕️バターのかわりにジャムを塗る

❌このバイトは大変(たいへん)にかわって給料(きゅうりょう)がいい【「反面」には使えない
⭕️このバイトは大変なかわりに給料がいい

❌このアパートは家賃(やちん)が安(やす)いにかわってとても古(ふる)い【「反面」には使えない
⭕️このアパートは家賃が安いかわりにとても古い

❌英語(えいご)を教(おし)えてもらうにかわって日本語(にほんご)を教えた【「交換条件」には使えない
⭕️英語を教えてもらうかわりに日本語を教えた


「〜にかわって」は【交代・代理】の意味(いみ)でしか使えませんが、「〜かわりに」には4つ意味があります😨しっかりと使(つか)い分(わ)けができるようにがんばってくださいね😊
(復習:〜にかわって
(復習:〜かわりに(代用)
(復習:〜かわりに(代理)
(復習:〜かわりに(反面)
(復習:〜かわりに(交換条件)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜ごとに(単位)」「〜おきに」の違(ちが)いです。「〜ごとに」にはいくつか意味(いみ)がありますが、「〜ごとに(単位)」の意味で使(つか)われる場合(ばあい)についてです😊
(復習:〜おきに
(復習:〜ごとに(単位)
(復習:〜ごとに(それぞれ)
(復習:〜ごとに(変化)


【〜ごとに】
〜に1回(かい)〜する

【〜おきに】
〜の間(あいだ)をおいて〜する
〜の間隔(かんかく)をあけて〜する



[例文]
blogごとにvsおきにオリンピック

オリンピックはごとに開催(かいさい)される
オリンピックはおきに開催される


blogごとにvsおきに授業料

か月ごとに授業料(じゅぎょうりょう)を払(はら)う
か月おきに授業料を払う


blogごとにvsおきにゴミ

日(ふつか)ごとにゴミを出(だ)す
日(いちにち)おきにゴミを出す


【余裕のある人へ】

「〜ごとに」と「〜おきに」の違(ちが)いには例外(れいがい)があります😨「〜ごとに」「〜おきに」が【〇〇秒(びょう)】【〇〇分(ふん)】【〇〇時間(じかん)】【〇〇mm(ミリ)】【〇〇cm(センチ)】【〇〇m(メートル)】【〇〇km(キロ)】に使(つか)われる場合(ばあい)は、「〜ごとに」と「〜おきに」の区別(くべつ)がなくなります😮

blogごとにvsおきにミルク

時間ごとにミルクをあげる
時間おきにミルクをあげる


blogごとにvsおきにコンビニ

Kmごとにコンビニがある
Kmおきにコンビニがある 


「〜ごとに」「〜おきに」はとても複雑(ふくざつ)です😢日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜せいで」と「〜せいか」の違(ちが)いについてです。N3以上(いじょう)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😉

blogせいでvsせいか

【〜せいで】
⭕️〜が原因(げんいん)で…悪(わる)いことが起(お)きた
❌〜が原因で…いいことが起きた

【〜せいか】
⭕️たぶん〜が原因で…悪いことが起きた
⭕️たぶん〜が原因で…いいことが起きた


[例]
⭕️薬(くすり)のせいで眠(ねむ)くなってきた
⭕️薬のせいか眠くなってきた
(復習:〜てくる(発生・開始)

⭕️運動不足(うんどうぶそく)のせいで病気(びょうき)になってしまった
⭕️運動不足のせいか病気になってしまった

⭕️花粉症(かふんしょう)のせいで、何回(なんかい)もくしゃみがでる
⭕️花粉症のせいか、何回もくしゃみがでる
(復習:花粉症
(復習:なん+助数詞+も

❌薬のせいで頭痛(ずつう)が治(なお)った
⭕️薬のせいか頭痛が治った

❌がんばって勉強(べんきょう)したせいで成績(せいせき)が上(あ)がった
⭕️がんばって勉強したせいか成績が上がった


「〜せいで」は【悪い結果】にしか使えず、「〜せいか」は【いい結果】【悪い結果】両方(りょうほう)に使(つか)うことができると覚(おぼ)えておきましょう。

「〜せいで」と「〜せいか」の違(ちが)いは、「〜せいで」の中(なか)でも説明(せつめい)しています😀日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)を受ける人は「〜せいで」「〜おかげで」「〜ために」はセットで覚えておくといいと思(おも)います😊
(復習:〜せいで) 
(復習:〜おかげで・〜おかげか) 
(復習:〜ために・〜ためか) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜といえば」「〜というと」の使(つか)い分(わ)けについてです。どちらもN3の文型(ぶんけい)ですが、実(じつ)はとても複雑(ふくざつ)です😨
(復習:〜といえば・〜というと

といえばvsというと

【〜といえば】
⭕️関連(かんれん)・連想(れんそう):〜について話(はな)すと
⭕️「AといえばAが」:Aなのは確(たし)かだが、しかし
❌相手(あいて)に聞(き)き返(かえ)す場合(ばあい)


【〜というと】 
⭕️関連・連想:〜について話すと
❌「AというとAが」:Aなのは確かだが、しかし
⭕️相手に聞き返す場合


[例]
⭕️冬(ふゆ)といえば寒(さむ)い
⭕️冬というと寒い

⭕️北海道(ほっかいどう)といえばラーメンが有名(ゆうめい)だ
⭕️北海道というとラーメンが有名だ

⭕️この料理(りょうり)はおいしいといえばおいしいが高(たか)すぎる
❌この料理はおいしいというとおいしいが高すぎる

⭕️日本語(にほんご)が話(はな)せるといえば話せるが、あいさつ程度(ていど)だ
❌日本語が話せるというと話せるが、あいさつ程度だ

お母さん:山田(やまだ)さんから電話(でんわ)よ
娘:❌山田といえばクラスメートの山田君(くん)?
  ⭕️山田というとクラスメートの山田君?

先生:明日(あした)は好(す)きな本(ほん)を持(も)ってきてください
学生:❌本といえば、マンガでもいいですか?
   ⭕️本というと、マンガでもいいですか?


「関連・連想」の場合(ばあい)は両方(りょうほう)使(つか)うことができますが、「AといえばAが」は「〜というと」が使えず、相手(あいて)にその話題(わだい)について質問(しつもん)する場合は「〜といえば」が使えないと覚(おぼ)えておきましょう😀
(復習:〜といえば・〜というと

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回は「〜ということだ」(復習:〜ということだ)と「〜とのことだ」(復習:〜とのことだ)の違(ちが)いについてです。どちらもN3の文型(ぶんけい)でよく使(つか)われますので、しっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😀

ということだvsとのことだ

【〜ということだ】
⭕️伝聞(でんぶん) 〜そうだ
⭕️説明文(せつめいぶん) 〜という意味(いみ)だ


【〜とのことだ】
⭕️伝聞 〜そうだ
❌説明文 〜という意味だ


[例]
⭕️明日(あす)は雨(あめ)が降(ふ)るということだ
⭕️明日は雨が降るとのことだ

⭕️彼女(かのじょ)はN1に合格(ごうかく)したということだ
⭕️彼女はN1に合格したとのことだ

⭕️「立入禁止(たちいりきんし)」とは、入(はい)ってはいけないということだ
❌「立入禁止」とは、入ってはいけないとのことだ説明文には使わない
(復習:〜とは(定義・説明)) 

A:カラオケに行(い)こうよ
B:宿題(しゅくだい)をしなきゃいけないの
⭕️A:つまり、カラオケにいけないということね
❌A:つまり、カラオケにいけないとのことね説明文には使わない
(復習:口語形「〜なきゃ」) 


「〜ということだ」は【伝聞】【説明文】両方(りょうほう)に使え、「〜とのことだ」は【伝聞】にしか使えないと覚(おぼ)えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜といったらない」(復習:〜といったらない)と「〜といったらありはしない」(復習:〜といったらありはしない)の違(ちが)いとまとめです。この2つの文型(ぶんけい)の違(ちが)いはとてもシンプルですので、今日(きょう)覚(おぼ)えてしまいましょう😊

blogといったらないvsといったらありゃしない

【〜といったらない】
⭕️いいこと
⭕️悪(わる)いこと
⭕️名詞接続(めいしせつぞく)
⭕️形容詞接続(けいようしせつぞく)

【〜といったらありはしない】
❌いいこと
⭕️悪いこと
⭕️名詞接続
⭕️形容詞接続


[例]
⭕️プリンはおいしいといったらない
❌プリンはおいしいといったらありはしない理由:いいことには使わない

⭕️プリンのおいしさといったらない
❌プリンのおいしさといったらありはしない理由:いいことには使わない

⭕️おばけはこわいといったらない
⭕️おばけはこわいといったらありはしない

⭕️おばけのこわさといったらない
⭕️おばけのこわさといったらありはしない


【「〜といったらない」の形】
〜といったらない
〜ったらない(話し言葉)

【「〜といったらありはしない」の形】
〜といったらありはしない
〜といったらありゃしない(話し言葉)
〜ったらありゃしない(話し言葉)


「〜といったらない」(復習:〜といったらない)「〜といったらありはしない」(復習:〜といったらありはしない)はN1の文型ですが、違いが複雑(ふくざつ)ではありませんので、N1を受(う)ける人(ひと)は区別(くべつ)して覚えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

今回は「なんだか」(復習:なんだか「なんとなく」(復習:なんとなく「なんとはなしに」の違(ちが)いについてです😊
blogなんとなくvsなんだか
なんだか
⭕️原因・理由(げんいん・りゆう)がわからないが〜と感(かん)じる
❌はっきりとした目的(もくてき)がなく〜する

なんとなく
⭕️原因・理由がわからないが〜と感じる
⭕️はっきりとした目的がなく〜する

なんとはなしに
⭕️原因・理由がわからないが〜と感じる
⭕️はっきりとした目的がなく〜する


 [例]
⭕️なんだかお腹(なか)がすいた
⭕️なんとなくお腹がすいた
⭕️なんとはなしにお腹がすいた

⭕️なんだかこわくなってきた(復習:〜てくる
⭕️なんとなくこわくなってきた 
⭕️なんとはなしにこわくなってきた

⭕️なんだかラーメンが食べたい
⭕️なんとなくラーメンが食べたい
⭕️なんとはなしにラーメンが食べたい

なんだかテレビを見る【理由:「テレビを見る」は意志動詞
⭕️なんとなくテレビを見る
⭕️なんとはなしにテレビを見る

なんだか宝くじ(たからくじ)を買ったら当(あ)たった【理由:「宝くじを買う」は意志動詞
⭕️なんとなく宝くじを買ったら当たった
⭕️なんとはなしに宝くじを買ったら当たった

なんだか旅(たび)に出た【理由:「旅に出る」は意志動詞
⭕️なんとなく旅に出た 
⭕️なんとはなしに旅に出た


「なんだか」は「理由はわからないが〜と感じる」という意味にしか使えません😨後ろに【意志動詞(いしどうし)】がきて「はっきりした目的がなく〜する」という意味の時は「なんとなく」か「なんとはなしに」を使いましょう😊「なんとなく」と「なんとはなしに」はどちらにも使えます。日常会話では「なんとなく」の方がよく使います。詳(くわ)しい説明は「なんだか」「なんとなく」を見てみてください(復習:なんだか)(復習:なんとなく

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回は「と」「とか」「とやら」の違(ちが)いについてです😊
blogと・とか・とやら
「と」「とか」「とやら」は情報(じょうほう)や人から聞いたことを引用(いんよう)していう時に使われます。違いは「という」「とかいう」「とやらいう」で比較(ひかく)すると、とてもよくわかります😊(復習:〜という(名前)

【例文】
花子いう人から電話があったよ
花子とかいう人から電話があったよ
花子とやらいう人から電話があったよ

【説明】
「花子という人」→「花子」とはっきり覚えている
「花子とかいう人」→「花子」かどうか、少(すこ)し忘(わす)れてしまった
「花子とやらいう人」→「花か」かどうか、ほとんど覚えていない

「と→とか→とやら」という順番(じゅんばん)で確信性(かくしんせい)・確(たし)かさが低(ひく)くなります😨自分(じぶん)が聞いたことなどを相手(あいて)に伝(つた)える場合に使用します。

意味は全部(ぜんぶ)同じですので、情報をどれぐらい覚えるかに合わせて使ってみてくださいね😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
 

「〜だらけ」(復習:〜だらけ)と「〜まみれ」(復習:〜まみれ)の使い分けができていますか?
〜だらけvs〜まみれ
【〜だらけ】
❌(いいもの)がいっぱいある・多い
⭕️(よくないもの)がいっぱいある・多い
⭕️(よくないもの)が表面にたくさん付いている

【〜まみれ】
❌(いいもの)がいっぱいある・多い
❌(よくないもの)がいっぱいある・多い 
⭕️(よくないもの)が表面にたくさん付いている 

[例]
❌好きなものだらけ【理由:いいことには使わない
❌好きなものまみれ【理由:いいことには使わない・好きなものは表面に付かない

⭕️間違いだらけの答案
❌間違いまみれの答案【理由:答案は表面には付かない

⭕️シワだらけのYシャツ
❌シワまみれのYシャツ【理由:シワは表面には付かない

⭕️傷(きず)だらけの体
❌傷まみれの体【理由:傷は表面には付かない

⭕️泥(どろ)だらけの手
⭕️泥まみれの手

⭕️ホコリだらけの部屋
⭕️ホコリまみれの部屋

⭕️血だらけのナイフ
⭕️血まみれのナイフ

⭕️油だらけの鍋(なべ)
⭕️油まみれの鍋

⭕️汗(あせ)だらけの顔
⭕️汗まみれの顔

⭕️借金(しゃっきん)だらけの人
⭕️借金まみれの人
*「借金」は表面には付かないが、例外として「借金まみれ」は使われる

「〜だらけ」(復習:〜だらけ)も「〜まみれ」(復習:〜まみれ)もいいことには使わないと覚えておきましょう😊「〜まみれ」はほとんど決まった単語に使いますので、いくつか覚えておくといいと思います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

 

今回は同時進行動作・逆接を表す「〜ながら」と「〜つつ」の違いについてです😀
〜ながらvs〜つつ
【〜ながら】 
⭕️同時進行動作
⭕️逆接(動詞)
⭕️逆接(形容詞)
⭕️逆接(名詞)
⭕️様態(〜ままの状態で)→慣用表現(復習:「〜ながら」慣用表現
*会話でよく使う

【〜つつ】
⭕️同時進行動作
⭕️逆接(動詞)
❌逆接(形容詞)
❌逆接(名詞)
❌様態

[例]
⭕️新聞(しんぶん)を読みながらコーヒーを飲む
⭕️新聞を読みつつコーヒーを飲む

⭕️悪(わる)いと知りながらうそをついた
⭕️悪いと知りつつうそをついた

⭕️残念ながら不合格(ふごうかく)だった
❌残念つつ不合格だった【理由:「残念」は形容詞
⭕️子供ながらしっかりしている
❌子供つつしっかりしている【理由:「子供」は名詞

⭕️いつもながらかわいい
❌いつもつつかわいい【「いつもながら」は慣用表現
⭕️昔(むかし)ながらの味(あじ)
❌昔つつの味【「昔ながら」は慣用表現

「〜ながら」は何にでも使え、「〜つつ」よりよく会話で使用されます😊N1の「〜ながら(様態)」は全部慣用表現ですので暗記(あんき)しておいてください。(復習:〜ながら(様態)

[復習]
〜ながら(逆接)
〜ながら(様態)
〜つつ(同時進行動作)
〜つつ(逆接)

しっかりと使い分けできるようにがんばってくださいね😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ