絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 日本語能力試験にない文型

blog放題

【接続】
動詞[ます形]+放題
動詞[ます形]+たい放題

【意味】
〜たいだけ〜する

【例文】
①2000円で飲み放題です
→2000円で飲みたいだけ飲めます

②ネットカフェではインターネットが使い放題
→ネットカフェではインターネットを使いたいだけ使うことができる

③彼は周(まわ)りの人たちに迷惑をかけ放題だ(復習:迷惑する・迷惑をかける
→彼は周りの人たちにすごく迷惑をかけている

④彼女は人の気持ちを考えず、いつも言いたい放題
→彼女は人の気持ちを考えず、いつも自分が言いたいことを言いたいだけ言う

【説明】
「〜放題」は「〜たいだけ〜する」という意味で「好きなだけ〜する」と言いたい時に使用します。例文①②のように普通の意味で使われる場合、例文③④のように相手のことを考えずに「好きなだけ〜する」というようにマイナスの意味で使われることもあります😮

[慣用表現]
好き放題勝手(かって)放題→自分の好きなように行動する


【余裕のある人へ】
この文型には「何もしないでそのままにしておく」という意味もあります😮

[例]
あの家はもう20年近く誰も住んでいないので、家も庭も荒(あ)れ放題
あの家はもう20年近く誰も住んでいないので、家も庭もすごく荒れている状態


「〜放題」はお店やレストランなどで「食べ放題」「飲み放題」「詰(つ)め放題」、またカラオケボックスなどでは「歌い放題」などよく使われる表現ですのでしっかりと覚えておきましょう😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

 

今回はみなさんが初級で勉強した「〜てください」にとても近い表現「〜てちょうだい」についてです。使い方は「〜てください」とほとんど同じですが、あまり参考書にのっていないので誰が、どのような場合に使うかをしっかりと覚えください😊
blogてちょうだい

【接続】
動詞[て形]+ちょうだい

【意味】
〜てください
〜てくれますか?

【例文】
①母:ちょっと手伝ってちょうだい→ちょっと手伝っててくれる?
 娘:は〜い

②母:買い物に行ってくるから妹を見ていてちょうだいね→妹を見ていて
 息子:100円くれたら見ていてあげるよ〜

③上司:これ、コピーしてきてちょうだい→コピーしてきてくれる
 部下:はい

④妻:帰りに牛乳(ぎゅうにゅう)を買ってきてちょうだい→牛乳を買ってきて
 夫:OK

【説明】
「〜てちょうだい」は依頼表現の1つで、女性が使う文型です😊これは、初級で勉強した「〜てください」とほとんど同じ意味で使われますので、目上の人に使うととても失礼になります😨ほとんどの場合は「母→子供」「上司(じょうし)→部下(ぶか)」「先輩(せんぱい)→後輩(こうはい)」などの間で使われます。


ドラマやアニメで聞く機会がたくさんあると思いますので、覚えておくといいと思いますよ😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村


 

blogと言っても過言ではない

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+と言っても過言(かごん)ではない
*な形容詞・名詞の現在肯定形の場合は「辞書形+と言っても過言ではない」「ーだ+と言っても過言ではない」両方使用可能

【意味】
〜と言っても言い過ぎではない
正(まさ)に〜だと言える


【例文】
①環境汚染は大きな社会問題の1つと言っても過言ではない
→環境汚染は正に大きな社会問題の1つだと言える

②彼は天才(てんさい)だと言っても過言ではない
→ 彼は天才だと言っても言い過ぎではない

③私が成功(せいこう)したのは、彼女のおかげだと言っても過言ではない
→私が成功したのは、正に彼女のおかげ

【説明】
「〜と言っても過言ではない」は「〜と言っても言い過ぎではない」「正に〜だと言える」という強い主張(しゅちょう)を表す文型です😀書き言葉的な文型ですので、ニュースや新聞(復習:「新聞」と「ニュース」の使い分け)などでよく使われる表現です。


「〜と言っても言い過ぎではない」にチェンジすることができますので、一緒に覚えておくといいですね😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

blogめ

【接続】
動詞[ます形]+ め
い形容詞[ー]+め
な形容詞[ー]+め 

【意味】
少し〜(程度・状態)

【例文】
①私は甘(あま)めのワインが好きです
→私は少し甘いワインが好きです

②今日のカレーはいつもより辛(から)め
→今日のカレーはいつもより少し辛い

③赤やピンクなどの派手(はで)めな色の服は着たことがありません
→赤やピンクなどの少し派手な色の服は着たことがありません

④健康のことを考えて、最近は塩分(えんぶん)控(ひか)えめの食事にしています 
→健康のことを考えて、最近は塩分を少し控えた食事にしています
*控える:少なくするという意味

【説明】
「〜め」は程度(ていど)を表す形容詞や動詞と一緒に使うと「少し〜の状態」という意味になります😮この「〜め」は漢字で書くと「目」ですが、ほとんどの場合は「め」とひらがなで書かれます。また「な形容詞」に使われることが少なく、形容詞の場合はほとんどが「い形容詞」に使われます😀

【注意】
「〜め」を「い形容詞」に使う場合は「ー+め」となりますが、1音節のものの場合(辞書形にした時に2文字になるもの)は「い」をとらずに「め」をつけます😮

[例]
濃(こ)
⭕️濃いめ
❌濃め

また、「いい」「よい」には使えないと覚えておきましょう😨

❌いいめ
❌いめ
❌よいめ
❌よめ


「〜め」はほとんど決まったものに使われますので、聞いたり見たりしながら自然に使えるようになるといいですね😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

blogまくる

【接続】
動詞[ます形]+まくる

【意味】
すごくたくさん〜する
何度も繰(く)り返して〜する

【例文】
①昨日はカラオケで歌いまくった
→昨日はカラオケですごくたくさん歌った

②先週末はゲームをしまくった
→先週末はすごくたくさんゲームをした

③景色(けしき)がきれいだったので写真を撮(と)りまくった
→景色がきれいだったので、とてもたくさん写真を撮った

【説明】
「〜まくる」は「すごく〜をたくさんする」という意味で「激(はげ)しく何回も〜する」と言いたい時に使用します😀全ての動詞ではなく、意志動詞に使われます。また、回数や激しさを強調したい場合は「〜て〜て〜まくる」という言い方を使います😮

[例]
昨日はカラオケで歌って歌って歌いまくった
景色がきれいだったので写真を撮って撮って撮りまくった


参考書に載(の)っていることがあまりありませんので、勉強する機会が少ないですが、会話でよく使いますので覚えておくといいと思います😄
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

「日本語能力試験にない文型」(日本語能力試験にない文型)第2号です😊余裕のある人はぜひ覚えてくださいね😉
blog〜ってば

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ってば
*な形容詞・名詞の現在肯定形につく場合は「ーだってば」となる
(例:きれいだってば・学生だってば)


【意味】
相手(あいて)に自分の主張を強調する 

【例文1】
母:宿題やったの?
娘:やったよ〜
母:宿題したの?
娘:…したよ
母:ねぇ、宿題…
娘:やったってば!!! 

【例文2】
夫:今日は飲み会があるから、夕ご飯いらないよ
妻:わかった
夫:本当にいらないよ。作ってあっても食べないよ
妻:わかったってば! 

【説明】
「〜ってば」は友達や家族との会話で使われる表現です。これは相手に自分の言いたいことがわかってもらえず、話し手がイライラしている様子を表すものです😮目上の人に使うととても失礼ですから使わないように気をつけてください😨意味は「話し手の主張を強調する表現」として覚えましょう😉

【補足説明】
この文型の名詞接続は上でも説明しているように「ーだってば」となります。ですが、相手を呼ぶ場合は「名詞[辞書形]+ってば」となりますので気をつけてください😥

[例]
娘:お母さん、これ食べてもいい?
母:…
娘:お母さん、聞いてる?(〜てる・〜でる
母:…
娘:お母さんってば!!!


「〜ってば」はイライラしている気持ちが入ってしまう文型だというのを覚えておいてください😊会話でとてもよく使いますので、テレビやドラマで聞く機会も多いと思います😄
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

「〜かな・〜かしら」は「〜だろうか・〜でしょうか」の口語形です。日本人が会話でよく使う「〜かな」「〜かしら」は勉強する機会が少ない文法の1つです😥意味は大きく分けて3つありますので、がんばって覚えてください😊


【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+かな
動詞・形容詞・名詞[普通形]+かしら


1 疑問(ぎもん)に思う気持ち、不思議(ふしぎ)に思う気持ちを表す
blogかな・かしら1
【例文】
①明日は雨が降るかな
→明日は雨が降るだろうか

②これはおいしいかな
→これはおいしいだろうか

③最近、なんで(口語形「なんで?」)眠(ねむ)れないのかな
→最近、なんで眠れないのだろうか

【説明】
「〜かな」「〜かしら」を独り言(ひとりごと)で使う場合は疑問・不思議に思う気持ちを表します😊推量・疑問を表す「〜だろうか」にチェンジすることができます😀


2 相手(あいて)に依頼(いらい)する
blogかな・かしら
【例文】
①A:スマホを貸してくれるかな?→スマホを貸してくれる(だろうか)
 B:いいよ〜

②A:ちょっと手伝ってくれるかな?→ちょっと手伝ってくれる(だろうか)
 B:OK〜

【説明】
「〜かな」「〜かしら」を相手に使うと依頼を表す意味になります😀


3 相手に許可(きょか)を求(もと)める
blogかな・かしら3

【例文】
①A:これ食べてもいいかな?→これ食べてもいい(だろうか)
 B:いいわよ

②夫(おっと):今日、飲み会に行ってもいいかな?→今日、飲み会に行ってもいいだろうか
 妻(つま):ダメよ!


【説明】
「〜かな」「〜かしら」は相手に許可を求める場合にも使用されます😮


「〜かな」「〜かしら」は口語形で、友達や家族との会話で本当によく使われます😀上の例文は全部「〜かしら」にチェンジできます。ただ、「〜かな」は男性も女性も使用できますが、「〜かしら」は女性しか使えません😌参考書にのっている場合も少ないですので、今日覚えてしまいましょう!

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村


 

日本語には、日本語能力試験に出る文法以外にも覚えなければならない文型がまだまだたくさんあります😱今回の「〜きっての」もその中の1つです。すでにN1に合格した人は特に、このような文型も覚えておくといいと思います😉
blogきっての

【接続】
名詞[辞書形]+きっての+名詞

【意味】
〜の中で1番の…

【例文】
①彼女はこのクラスきっての秀才(しゅうさい)だ
→彼女はこのクラスで1番の秀才だ 

②北海道は日本きっての人気観光地(かんこうち)だ
→北海道は日本で1番の人気観光地だ

③彼は芸能界(げいのうかい)きっての人気者(にんきもの)だ 
→彼は芸能界で1番の人気者だ

④この会社きってのイケメンといえば(〜といえば) 山田くんだろう
→この会社で1番のイケメンといえば山田くんだろう

【説明】
「〜きっての…」は「〜の中で1番の…」という意味の文型です😊〜の中で1番優(すぐ)れているものなどを表します。前にはグループ・集団・団体(だんたい)・組織(そしき)・場所・◯◯界などの名詞がきます😊


日本語能力試験にない文型は他にもたくさんありますので、また少しずつ載せていきますね😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

今回は前回の「AことはAが(形容詞・名詞)」に続いて、「AことはAが(動詞)」について説明します😀動詞版は形容詞・名詞版に比べて勉強する機会が少ないと思いますので、能力試験を受ける人はしっかりと覚えておきましょう😊
blog〜ことは〜が②
【接続】
動詞[普通形]+ことは〜が

【意味】
一応Aするが、しかし

【例文】
①あの本を読んだことは読んだが、全然わからなかった
→あの本を一応読んだ、全然わからなかった

②この料理、食べられることは食べられるけど、あまりおいしくないね…
→この料理、一応食べられるけれど、あまりおいしくないね

③N1を受けることは受けるが、合格する自信はない
→N1を一応受ける、 合格する自信はない

④山田くんの家に行ってみることは行ってみるけれど、留守(るす)だと思うよ
→山田くんの家に一応行ってみるけれど、留守だと思うよ

【説明】 
「AことはAが」の「A」に動詞が入る場合は「一応Aするが、いい結果が起こらないだろう」「一応Aしたが、いい結果が起こらなかった」というように、後ろにマイナスのことがくるのがポイントです😀

補足説明
例文①のように[た形]を使う場合は、

あの本を読んだことは読んだが、全然わからなかった【「た形」ことは「た形」

あの本を読むことは読んだが、全然わからなかった【「辞書形」ことは「た形」】

というように、両方とも[た形]を使う場合後ろの動詞だけ[た形]にする場合があります😮


「AことはAが」は【動詞】に使用する場合と【形容詞・名詞】の場合を区別して覚えられるといいですね😉 

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

blog〜ことは〜が
【接続】
形容詞[普通形]+ことは〜が
* な形容詞の現在肯定形につく場合は「ーなことはーだが」となる(例:きれいなことはきれいだが)
*名詞の現在肯定形の場合は「ーであることはーだが」となる(例:学生であることは学生であるが)

【意味】
Aなのは確かだが、しかし

【例文】
①この料理、おいしいことはおいしい高すぎる
→この料理、おいしいのは確かだが、高すぎる

②山田君って(「〜って」主題・定義)かっこいいことはかっこいいけれど、性格が悪すぎるよね…
→山田君はかっこいいのは確かだけれど、性格が悪すぎるよね…

③この家は駅から遠いことは遠いけど、家賃(やちん)が安いよね!
→この家は駅から遠いのは確かだけれど、家賃が安いよね!

④彼のこと、好きなことは好きだけど結婚はしたくないな
→彼のこと、好きなのは確かだけれど、結婚はしたくないな

【説明】
「AことはAが〜」は「Aなのは確かだが、しかし〜だ」と言いたい時に使用します😊この文型は「Aを否定しないが、 しかし他に問題がある」というように、後ろに矛盾することがきます。「A」にプラスのことがくれば後ろにはマイナスのことがきて、「A」にマイナスのことがくれば、後ろにはプラスのことがきます😀

[例]
この料理、おいしいことはおいしい高すぎるね(おいしい→プラス 高すぎる→マイナス) 

この料理、おいしくないことはおいしくない安いね(おいしくない→マイナス 安い→プラス


今回は「AことはAが」の「A」に「形容詞・名詞」が使われる場合のものを説明しました😊「A」に動詞が入ると意味が少し違いますので、次回また載せます😉

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ