絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 日本語能力試験にない文型

blogてはかなわない


【接続】
動詞[形]+てはかなわない 
い形容詞[ーく]+てはかなわない
な形容詞[ーで]+はかなわない


【意味】
〜ては困(こま)る
〜ては嫌(いや)だ



【例文】 
①ケンカをされてはかなわないから、どちらもケーキにした
→ケンカをされては困(こま)るから、どちらもケーキにした

②試験(しけん)に遅(おく)れてはかなわないので、今日(きょう)は早(はや)く寝(ね)よう
→試験に遅れては困るので、今日は早く寝よう

③忙(いそが)しいからといって、毎日(まいにち)残業(ざんぎょう)させられてはかなわない
→毎日残業させられては困る


④高(たか)いグラスを割(わ)られてはかなわないから、しまっておこう
→割られたら困るので、しまっておこう



⑤A:うちのお母(かあ)さんは何(なに)かにつけて文句(もんく)を言(い)ってくるの!
 B:そっか…お母さんは心配(しんぱい)してくれてるんだと思(おも)うよ
 A:うん。でも毎日(まいにち)文句ばかり言われてはかなわないよ…
→毎日文句ばかり言われたら嫌(いや)になるよ…



【説明】
「〜てはかなわない」は「〜ては困(こま)る」「〜ては嫌(いや)だ」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。よく[受身形(うけみけい)]と一緒(いっしょ)に使(つか)われ、「〜てはかなわないので〜」の形(かたち)で「〜ては困るから〜」という意味(いみ)になります。また「〜てはかなわない」の「〜ては」「〜では」の口語形(こうごけい)は「〜ちゃ」「〜じゃ」になります。

[例]
ケンカをされてはかなわない
→ケンカをされちゃかなわない 


類似文型(るいじぶんけい)に「〜てかなわない」があります。区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう。



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogてかなわない
【接続】
い形容詞[ーくて]かなわない
な形容詞[ーで]かなわない


【意味】
とても〜で困(こま)る
とても〜で嫌(いや)だ



【例文】
①蚊(か)の音(おと)がうるさくてかなわない
→蚊の音がとてもうるさくて、すごく嫌(いや)だ


②蚊に刺(さ)された…かゆくてかなわない 
とてもかゆくて困(こま)る

③かぜをひいたらしく、頭(あたま)が痛(いた)くてかなわない
→頭がとても痛くて困る

④今日(きょう)は寒(さむ)くてかなわない
→今日はとても寒くて嫌だ

⑤ここのカレーは辛(から)すぎてかなわない
→ここのカレーはとても辛すぎ食べられないので困る



【説明】
「〜てかなわない」は「とても〜で困(こま)る」「とても〜で嫌(いや)だ」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは「程度(ていど)がひどすぎて、すごく困る」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)われる文型で、マイナスのことに使用(しよう)されます。第三者(だいさんしゃ)に使う場合は、[五感推量(ごかんすいりょう)]を表す「〜ようだ」「〜みたいだ」「〜らしい」と一緒(いっしょ)に使いましょう。

[例]
頭が痛くてかなわない
彼女は頭が痛くてかなわないようだ
彼女は頭が痛くてかなわないみたいだ
彼女は頭が痛くてかなわないらしい





類似文型(るいじぶんけい)に「〜てたまらない」があります。「〜てたまらない」は【いいこと】【悪いこと】の両方(りょうほう)に使え、「〜てかなわない」は【悪いこと】に使うと覚(おぼ)えておきましょう😀


【関連文型】





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogほうがまし
【接続】
動詞[辞書形・た形・ない形]+ほうがましだ
い形容詞[ーい]+ほうがましだ
な形容詞[ーな]+ほうがましだ
名詞+のほうがましだ


【意味】 
どちらか選(えら)ばなければいけないなら、〜のほうがいい


【例文】
①A:なすかカキを食(た)べなきゃいけないとしたらどっち?
 B:う〜ん…どっちも嫌(きら)いだけど、なすのほうがましかな…
→どちらも嫌いだけど、なすのほうがいいかな



②あの人と結婚(けっこん)するくらいなら、ずっと独身(どくしん)でいるほうがましだわ!
→どちらも嫌(いや)だが、あの人結婚するならずっと独身のほうがいい

③A:あの店(みせ)のラーメンはまずいよね…
B:うん。あのラーメンを食べるより、家(いえ)でカップラーメンを食べるほうがましだ
→あの店のラーメンを食べるより、家でカップラーメンを食べるほうがいい


④ストレスで病気(びょうき)になるくらいなら、会社を辞(や)めたほうがましだ
→どちらも嫌だが、病気になるより、会社を辞めたほうがいい

⑤休日出勤(きゅうじつしゅっきん)するなら、残業(ざんぎょう)したほうがましだ
→どちらも嫌だが、休日出勤より残業のほうがいい


【説明】
「〜ほうがましだ」は「どちらかを選(えら)ばなければいけないなら、〜のほうがいい」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは、話者(わしゃ)が「どちらも嫌(いや)だが、どちらかを選ばなければいけないなら〜のほうがいい」と言いたい時に使(つか)われます。よく一緒(いっしょ)に使われる文型を覚(おぼ)えておきましょう。

[よく使われる文型]
〜より〜ほうがましだ
〜くらいなら〜ほうがましだ



「〜ほうがましだ」は、会話(かいわ)でもよく使われますので覚えておきましょう。

【関連文型】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


blogずとも
【接続】
動詞[ない形]+ずとも


【意味】
〜しなくても


【例文】
①彼女(かのじょ)がカキが嫌(きら)いなことは、聞(き)かずともわかる
→聞かなくてもわかる

②彼(かれ)は勉強(べんきょう)せずとも100点(てん)が取(と)れる
→勉強しなくても100点が取れる

③主人(しゅじん)は言葉(ことば)にせずとも、私のことをちゃんと理解(りかい)してくれるんです
→言葉にしなくても、ちゃんと理解してくれる

④留学(りゅうがく)せずとも、日本語を勉強する方法(ほうほう)はたくさんあります
→留学しなくても、勉強する方法はたくさんある

⑤わからないところは書(か)かずともよい
→書かなくてもよい


【説明】
「〜ずとも」は「〜しなくても」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。書(か)き言葉(ことば)で、後(うし)ろには「わかる」「よい」などがよくきます。「する」に使(つか)う場合(ばあい)は「〜しずとも」ではなく「〜せずとも」になります。

[例]
彼女は勉強ずとも100点が取れる
彼女は勉強ずとも100点が取れる


「〜ずとも」は、かたい書き言葉ですので日常会話(にちじょうかいわ)で使われることはあまりありませんが覚(おぼ)えておくようにしましょう😀


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogと思ったものだから
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+と思ったものだから


【意味】
〜と思(おも)ったから


【例文】 
①嫌(きら)いだと思(おも)ったものだから食(た)べちゃったのよ
→嫌いだと思ったから食べちゃったのよ


②知(し)っていると思ったものだから、言(い)わなかったんだよ
→知っていると思ったから、言わなかったんだよ


③夫(おっと):ただいま。お腹(なか)がすいた〜!ごはんは?
 妻(つま):食べてくると思ったものだから、何(なに)も作(つく)っていないよ
→食べてくると思ったから、何も作っていないよ

④娘(むすめ):ここに置(お)いてあった雑誌(ざっし)知らない?
 母(はは):いらないと思ったものだから捨(す)てちゃったわ… 
→いらないと思ったから、捨てちゃったわ


⑤今日(きょう)は雨(あめ)が降(ふ)らないと思ったものだから、傘(かさ)を持(も)ってこなかったわ 
→雨が降らないと思ったから、傘を持ってこなかった


【説明】
「〜と思(おも)ったものだから」は「〜と思ったから」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「〜と思ったから」よりも理由(りゆう)を強調(きょうちょう)する言い方(かた)ですので、言(い)い訳(わけ)をしているという感(かん)じが強(つよ)くなります😅また、「〜と思っものだから」の「もの」は「もん(口語形)」にチェンジすることができます。

[例]
嫌いだと思ったものだから食べちゃったのよ
=嫌いだと思ったもんだから食べちゃったのよ


「もの」がつく文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😀



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogに向けて
【接続】
名詞[辞書形]+に向けて


【意味】
目標(もくひょう)・目的地(もくてきち)・方向(ほうこう)・相手(あいて)を表す


【例文】
①N1合格(ごうかく)に向(む)けて勉強(べんきょう)する
→N1合格を目標(もくひょう)に勉強する

②飛行機(ひこうき)はアメリカに向けて出発(しゅっぱつ)した
→飛行機はアメリカを目的地として出発した

③新幹線(しんかんせん)は東(ひがし)に向けて進(すす)んでいる
→新幹線は東の方向に進んでいる

④全校生徒(ぜんこうせいと)に向けてスピーチをする
→全校生徒に対(たい)してスピーチをする

⑤彼(かれ)背中(せなか)をドア向けて立(た)っている
→彼は背中をドアの方向にして立っている

⑥試合(しあい)に向けて練習(れんしゅう)する
→試合で勝(か)つことを目標にして練習する

⑦ゴールに向けて走(はし)り出(だ)した
→ゴールを目指して走り出した

⑧大統領(だいとうりょう)は国民(こくみん)に向けて演説(えんぜつ)をした
→大統領は国民に対して演説をした


【説明】
「〜に向(む)けて」は[目標(もくひょう)][目的地(もくてきち)][方向(ほうこう)][相手(あいて)]を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。

目標→〜を目標に・〜を目指(めざ)して
目的地→〜を目的地として
方向→〜の方向に
相手→〜に対(たい)して

[例]
①N1合格に向けて勉強する
【目標】

②飛行機はアメリカに向けて出発した
【目的地】

③新幹線は東に向けて進んでいる
【方向】

④全校生徒に向けてスピーチをする
【相手】

⑤彼は背中をドア向けて立っている
【方向】

⑥試合に向けて練習する
【目標】

⑦ゴールに向けて走り出した
【目的地】

⑧大統領は国民に向けて演説をした
【相手】


「〜に向かって」は勉強する機会(きかい)があまりないかもしれませんが、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogままを


【接続】
動詞[た形]+ままを


【意味】
〜たとおりに


【例文】
①見(み)たままを言(い)っただけだよ

②思(おも)ったままを話(はな)したまえ


③聞(き)いたままを伝(つた)えてください 

④あの画家(がか)は、感(かん)じたままを絵(え)で表現するらしい



【説明】
「〜ままを」は、動詞(どうし)の[た形]に使(つか)って「〜たとおりに」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は「内容(ないよう)を変(か)えないで〜たとおりに、そのまま〜した」と言(い)いたい時(とき)に使われます😀「見る」「聞く」「思う」「感じる」など、決(き)まったものに使いますので、暗記(あんき)しておきましょう😉 

[例]
①見ままを言っただけだよ
→見たことを、そのとおりに言ったただけだよ

②思っままを話したまえ
→思ったとおりのことを話したまえ

③聞いたままを伝えてください 
→聞いたとおりに、内容を変えないで話してください

④あの画家は、感じたままを絵で表現するらしい
→感じたことをそのまま絵で表現するらしい


「〜まま」が使われる文型はいくつかありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😀





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogだけで
【接続】
動詞[辞書形]+だけで
動詞[た形]+だけで


【意味】
(実際に〜しなくても)〜すれば〜


【例文】
①旅行(りょこう)に行(い)くことを考(かんが)えるだけで楽(たの)しくなってくる
(復習:〜てくる(発生・開始)

②おばけを見(み)たなんて、想像(そうぞう)するだけでこわい

③スマホをなくしてしまうなど、考(かんが)えるだけで嫌(いや)だ


④A:昨日(きのう)はドーナツを20個(こ)も食(た)べたの!
 B:聞(き)くだけでお腹(なか)がいっぱいになるよ…
(復習:〜も(数量詞+も)

⑤レモンを見(み)ただけでつばが出(で)る


⑥ケーキを見ただけでよだれが出ちゃう
(復習:〜ちゃう・〜じゃう

⑦初(はつ)デートのことを思(おも)い出(だ)すだけで恥(は)ずかしくなる
(復習:「思い出す」と「思いつく」


【説明】
「〜だけで」は「AだけでB」の形(かたち)で使(つか)われ、「実際(じっさい)に体験(たいけん)しなくても、AすればB」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「A」には【知覚(ちかく)】【思考(しこう)】を表す動詞(どうし)が使われ、「実際に体験しなくても、AすればBと感(かん)じられる」と言いたい時に使用(しよう)します😊

[例]
①旅行に行くことを考えるだけで楽しくなってくる
→旅行には行っていないが、旅行のことを考えれば楽しくなってくる

②おばけを見たなんて、想像するだけでこわい
→おばけを見ていないが、見たことを想像するとこわいと感じる

③スマホをなくしてしまうなど、考えるだけで嫌だ
→スマホをなくしていないが、なくしたと考えると嫌だと感じる

④聞くだけでお腹がいっぱいになるよ…
→実際には食べていないが、Aの話を聞くとお腹いっぱいになる

⑤レモンを見ただけでつばが出る
→レモンを食べていないが、レモンを見ればつばが出てくる

⑥ケーキを見ただけでよだれが出ちゃう
→ケーキを見るとよだれが出ちゃう

⑦初デートのことを思い出すだけで恥ずかしくなる
→初デートのことを思い出すと、恥ずかしくなる 


また「辞書形(じしょけい)」に使っても「た形」に使っても意味は同(おな)じになります😮

[例]
旅行のことを考えるだけで楽しくなってくる
=旅行のことを考えただけで楽しくなってくる


「〜だけで」は【考える】【想像する】【聞く】【見る】などとよく使われますので、暗記(あんき)しておくといいと思います😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogまでになる
*(復習:入る・入れる

【接続】
動詞[辞書形]+までになる


【意味】
〜の状態(じょうたい)になる
〜という結果(けっか)になる



【例文】
①1年前までは料理(りょうり)はまるでダメだったが、今では何でも作れるまでになった
(復習:まるで〜ない

②日本語を始(はじ)めて1年で、日本語の新聞(しんぶん)が読(よ)めるまでになった
(復習:「新聞」と「ニュース」

③がんばって勉強したかいあって、辞書(じしょ)を使わずに英語の小説(しょうせつ)が読(よ)めるまでになった
(復習:〜かいあって
(復習:〜ずに

④あの犬(いぬ)は死(し)にかけていたが、今では元気(げんき)に散歩(さんぽ)に行けるまでになった
(復習:〜かける・〜かけのN

⑤5年前に脱(だつ)サラしてラーメン屋(や)を始めた。今では全国(ぜんこく)20か所(しょ)にお店(みせ)を出せるまでになった
(復習:脱サラ

⑥事故(じこ)に遭(あ)い、一時期(いちじき)は歩(ある)けなくなったが、ジョギングに行けるまでになった


【説明】
「〜までになる」は「〜の状態(じょうたい)になる」「〜という結果(けっか)になる」という意味を表す文型です。これは【変化(へんか)】を表す文型で、「長(なが)い時間(じかん)をかけて、〜という結果になった」「長い時間がんばって、〜という状態になった」と言いたい時に使われます。ほとんどの場合は「がんばったので、〜といういい状態になった」と言いたい時に使用されます😊

[例]
①1年前までは料理はまるでダメだったが、今では何でも作れるまでになった
がんばって練習(れんしゅう)したので、今では何でも作れるという状態になった

②日本語を始めて1年で、日本語の新聞が読めるまでになった
がんばって勉強(べんきょう)したので、日本語の新聞が読める状態になった

③がんばって勉強したかいあって、辞書を使わずに英語の小説が読めるまでになった
→辞書を使わずに小説が読める状態になった

④あの犬は死にかけていたが、今では元気に散歩に行けるまでになった
→元気に散歩に行ける状態になった

⑤今では全国20か所にお店を出せるまでになった
がんばって働(はたら)いたので、全国にお店を出せるという状態になった

⑥事故に遭い、一時期は歩けなくなったが、ジョギングに行けるまでになった
がんばってトレーニングしたので、ジョギングに行ける状態に回復(かいふく)した


「〜までになる」は、あまり勉強する機会(きかい)がない文型ですが、「まで」がつくる文型の1つとして覚えておくといいと思います😉

【「まで」がつく文型】
〜たまでだ・〜たまでのことだ
〜たらそれまでだ・〜ばそれまでだ
〜ないまでも
〜に至るまで
〜までして
〜までだ・〜までのことだ(V辞+までだ)
〜までに
〜までになる
〜までもない


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogこなす
(復習:〜って(伝聞)

【接続】
動詞[ます形]+こなす


【意味】 
上手(じょうず)に〜する 


【例文】
①彼女(かのじょ)は日本語(にほんご)と英語(えいご)を使(つか)いこなせる
→彼女は日本語と英語をうまく使うことができる
(復習:〜ことができる(能力)

②彼(かれ)はどんな服(ふく)でもかっこよく着(き)こなす
→彼はどんな服でもかっこよく見(み)えるように上手(じょうず)に着る
(復習:〜ように(目的)

③私(わたし)の友達(ともだち)は演歌(えんか)をはじめとしてどんな歌(うた)でも歌いこなす
→私の友達は演歌をはじめとして、どんな歌でも上手に歌える
(復習:〜をはじめ(として)

④音楽(おんがく)の先生(せんせい)はピアノがとても上手で、どんなに難(むずか)しい曲(きょく)でも弾(ひ)きこなせる
→音楽の先生は、どんなに難しい曲でも上手に弾くことができる

⑤私は機械音痴(きかいおんち)だ…自分(じぶん)のスマホさえ使(つか)いこなせない
→私は自分のスマホさえ上手に使えない
(復習:〇〇音痴
(復習:〜さえ


【説明】 
「〜こなす」は「上手(じょうず)に〜する」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。 この文型は、持(も)っている【能力(のうりょく)】【技術(ぎじゅつ)】を使って、上手に〜すると言(い)いたい時(とき)に使います。使われる動詞(どうし)はほとんど決(き)まっていますので、よく使うものを覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊

[「〜こなす」とよく使う動詞]
使いこなす
着こなす
歌いこなす
乗(の)りこなす
弾きこなす など


「〜こなす」は、漢字(かんじ)で書(か)くと「熟す」と書きますが、ほとんどの場合(ばあい)はひらがなで書かれます。よく使う文型ですので覚えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ