絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 日本語能力試験にない文型

blogていたところだ
【接続】
動詞[形]+ていたところだ 


【意味】
前(まえ)から今(いま)まで〜の状態(じょうたい)が続(つづ)いていた


【例文】
①ケーキが食(た)べたいと思(おも)っていたところなの!

②A:忙(いそが)しかったら、手(て)を貸(か)すよ〜
 B:ありがとう!ちょうど困(こま)っていたところ 
(復習:手を貸す
(復習:貸す・借りる

③夫(おっと):日曜日(にちようび)はどこに行(い)きたい?
 妻(つま):今(いま)、考(かんが)えていたところ。あなたはどこに行きたい? 

④A:山田(やまだ)くんに電話(でんわ)した?
 B:今(いま)しようと思(おも)っていたところだよ 


【例文】
「〜ていたところだ」は「前(まえ)から今(いま)まで〜の状態(じょうたい)が続(つづ)いていた」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。何(なに)かを考(かんが)えたり、思(おも)ったりしている時(とき)に、何か新(あたら)しい変化(へんか)や展開(てんかい)があった場合(ばあい)に使(つか)われます。

[例]
①ケーキが食べたいと思っていたところなの!
→ずっと「ケーキが食べたい」と思っていた
【新しい変化】お父(とう)さんがケーキを買(か)ってきてくれた

②A:忙しかったら、手を貸すよ〜
 B:ありがとう!ちょうど困っていたところ
→困っている状態が続いていた
【新しい変化】Aさんが「手を貸すよ」と言(い)ってくれた 

③夫:日曜日はどこに行きたい?
 妻:今、考えていたところ。あなたはどこに行きたい? 
→どこに行きたいか考えいてる状態が続いていた
【新しい変化】夫が「どこに行きたい」と聞(き)いてくれた

④A:山田くんに電話した?
 B:今しようと思っていたところだよ 
→今「電話しよう」と思っていた
【新しい変化】Aさんが「電話したほうがいい」と教(おし)えてくれた


「〜ていたところだ」は、勉強(べんきょう)する機会(きかい)が少(すく)ない文型の1つです。「ところシリーズ」の1つとして覚(おぼ)えておきましょう😀

【「ところ」シリーズ】

〜たところ〜た
〜たところで〜ない
〜ていたところだ
〜といったところだ・〜というところだ
〜ところ(Nのところ)
〜ところだ(V辞書形+ところだ)
〜ところだ(ている+ところだ)
〜ところだ(Vた+ところだ)
〜ところまで来る

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogことはならない
【接続】
動詞[辞書形]+ことはならない


【意味】
〜してはならない


【例文】
①病院(びょういん)では携帯電話(けいたいでんわ)を使(つか)うことはならない
→携帯電話を使ってはならない

②電車内(しゃない)で飲食(いんしょく)することはならない
→飲食してはならない

③美術館(びじゅつかん)にある絵(え)に触(ふ)れることはならない
→絵を触れてはならない

④学校内(がっこうない)ではタバコを吸(す)うことはならない
→タバコを吸ってはならない

⑤試験中(しけんちゅう)、机(つくえ)の上(うえ)には鉛筆(えんぴつ)と消(け)しゴム以外(いがい)のものを置(お)くことはならない
→鉛筆と消しゴム以外のものを置いてはならない

⑥娘(むすめ):大学(だいがく)を辞(や)めて歌手(かしゅ)になりたいの!
 父(ちち):大学を辞めることはならない。絶対(ぜったい)に許(ゆる)さないぞ
→大学を辞めてはならない


【説明】
「〜ことはならない」は【禁止(きんし)】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で、「〜してはならない」という意味(いみ)で使(つか)われます。「〜ことはならない」の古(ふる)い言(い)い方(かた)として「〜ことはならぬ」という形(かたち)もあります😮
(復習:〜として

[例]
病院では携帯電話を使うことはならない
=病院では携帯電話を使うことはならぬ


「〜ことはならない」はかたい言い方ですので、日常会話(にちじょうかいわ)では「〜してはならない」の方がよく使われます。「ことシリーズ」の1つとして覚(おぼ)えておきましょう😉

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogことには
【接続】
動詞[辞書形]+ことには


【意味】
(〜が)〜と言(い)っている


【例文】
①山田(やまだ)くんの言(い)うことには、今日(きょう)はパフェが半額(はんがく)だそうよ!
→山田くんが「今日はパフェが半額だ」と言(い)っている
(復習:〜そうだ(伝聞)

②お母(かあ)さんの言(い)うことには、駅前(えきまえ)に新(あたら)しいデパートができるそうだ
→お母さんが「駅前に新しいデパートができる」と言っている

③彼女(かのじょ)の言うことには、今年(ことし)のN1はとても難(むずか)しかったらしい
→彼女が「今年のN1はとても難しかった」と言っている
(復習:〜らしい(推量)

④お父(とう)さんの言うことには、明日(あす)大(おお)きな台風(たいふう)が上陸(じょうりく)するそうだ
→お父さんが「明日大きな台風が上陸する」と言っている

⑤先生(せんせい)の言うことには、山田(やまだ)くんはカゼで休(やす)みとのことだ
→先生が「山田くんはカゼで休みだ」と言っている
(復習:〜とのことだ


【説明】
「〜ことには」は「AのBことには」の形(かたち)で使われ、「Aが〜と言(い)っている」という意味(いみ)で使(つか)われます。ほとんどの場合(ばあい)「B」には「言う」が入(はい)りますので「〜の言うことには〜」と覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います。「言う」の他(ほか)には「おっしゃる」も使われます😊 

[例]
先生のおっしゃることには、山田くんはカゼで休みとのことだ 

また「〜の言うことには」は、よく伝聞表現(でんぶんひょうげん)と一緒(いっしょ)に使われます。

[「〜の言うことには」とよく使われる表現]
・〜の言うことには+〜そうだ
・〜の言うことには+〜らしい
・〜の言うことには+〜ということだ
・〜の言うことには+〜とのことだ など
(復習:〜ということだ


「〜ことには」は勉強(べんきょう)する機会(きかい)が少(すく)ない文型ですが、上級(じょうきゅう)レベルの人(ひと)は「ことシリーズ」の1つとして覚えておきましょう。 

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogとばかりは言えない
【接続】
い形容詞[ーい]+とばかりは言えない 
な形容詞[ーだ] +とばかりは言えない


【意味】
〜ではない場合(ばあい)もある


【例文】 
①マンガは悪(わる)いとばかりは言(い)えないわね…

②A:お酒(さけ)を飲(の)むと、ストレスがなくなって元気(げんき)が出(で)てくるの! 
 B:へえ。お酒は体(からだ)によくないとばかりは言えないようね

③お金持(かねも)ちが、みんな幸(しあわ)せだとばかりは言えない

④A:彼(かれ)はイケメンだから、きっとモテるよね
 B:そうとばかりは言えないみたいだよ
(復習:イケメン
(復習:モテる
(復習:〜みたいだ(五感推量)


【説明】
「〜とばかりは言(い)えない」は「〜ではない場合(ばあい)もある」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「ほとんど〜と言えるが、〜ではない場合もある」「ほとんど〜と言えるが、例外(れいがい)もある」と言いたい時に使(つか)います。

[例]
①マンガは悪いとばかりは言えないわね…
→漢字(かんじ)を覚(おぼ)えられるといういい点(てん)もある

②A:お酒を飲むと、ストレスがなくなって元気が出てくるの! 
 B:へえ。お酒は体によくないとばかりは言えないようね
→ストレスがなくなるといういい点もある

④お金持ちが、みんな幸せだとばかりは言えない
→お金持ちでも幸せではない人(ひと)もいる

④A:彼はイケメンだから、きっとモテるよね
 B:そうとばかりは言えないみたいだよ
→イケメンでもモテない人もいる


似(に)ている文型に「〜とは限(かぎ)らない」がありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておくといいと思います😊
(復習:〜とは限らない

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogばかりの
【接続】
動詞[辞書形]+ばかりの+名詞
形容詞[辞書形]+ばかり+名詞


【意味】
まるで〜かのように、とても〜


【例文】
①あの指輪(ゆびわ)は輝(かがや)くばかりの美(うつく)しさだったね
まるで輝いているかのようにとても美しさだったね

②まばゆいばかりの夏(なつ)の陽(ひ)の光(ひかり)を浴(あ)びる
→まぶしくて、目を開けていられないくらい、とても強(つよ)い陽の光を浴びる
*「陽の光」とは「太陽(たいよう)の光」のことです

③彼女(かのじょ)のまばゆいばかりの笑顔(えがお)はステキだ
→彼女のとても美しい笑顔はステキだ

④透(す)き通(とお)るばかりの白(しろ)い肌(はだ)になりたいものだわ…
まるで透き通っているかのような白い肌になりたいものだわ
(復習:〜たいものだ

⑤A:彼女(かのじょ)は毎日(まいにち)5時間(じかん)日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)しているそうよ
B:すごいね。彼女、目(め)を見張(みは)るばかりの上達(じょうたつ)を見(み)せているもんね
*「目を見張る」とは「驚(おどろ)く・感心(かんしん)する」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です
(復習:〜ている(繰り返し)
(復習:〜そうだ(伝聞)) 
(復習:見る・見せる
(復習:〜もの・〜んだもの) 
(復習:〜とは(定義)) 


【説明】
「〜ばかりの」は「まるで〜かのように、とても〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは比喩表現(ひゆひょうげん)を使(つか)って「(程度が)とても〜だ」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)います。この文型は、決(き)まった言葉(ことば)にしか使われませんので、慣用的表現(かんようひょうげん)としていくつか覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

[慣用的表現]

輝くばかりの
【意味】
まるで輝いているかのように〜
とても美しい〜

まばゆいばかりの
【意味】
光が強(つよ)くて目を開(あ)けていられないくらいの〜
とても美しい〜

透き通るばかりの
【意味】
まるで透き通っているかのように〜

目を見張るばかりの
【意味】
目を大きく開いて驚く・感心する

この「〜ばかりの」という文型は、書(か)き言葉として使われます。小説(しょうせつ)などで見ることがあるかもしれませんので、余裕(よゆう)がある人(ひと)は覚えておくといいと思います😊

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogばかりは
*(復習:もう〜

【接続】
名詞+ばかりは


【意味】
〜だけは


【例文】
①お父(とう)さんはいつも優(やさ)しいが、今回(こんかい)ばかりはすごく怒(おこ)った
→お父さんはいつも優しいが、今回はすごく怒った

②社長(しゃちょう):君(きみ)はクビだ!
 社員:そればかりは許(ゆる)してください
→それは許してください

③いつも怒(おこ)らないようにしていたが、あの時(とき)ばかりはすごく怒(おこ)ってしまった
→あの時だけはすごく怒ってしまった
(復習:〜ようにしている

④今度(こんど)ばかりは許(ゆる)さないよ!
→今度は許さないよ!

⑤命(いのち)ばかりは助(たす)けてください
→命は助けてください


【説明】
「Aばかりは」は「Aだけは」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは強調(きょうちょう)を表(あらわ)す文型で、「いつもは〜だが、Aの時(とき)だけは〜」「Aだけは、絶対(ぜったい)に〜」と言(い)いたい時によく使(つか)われます。「これ」「それ」「あれ」とよく使われます。「〜ばかり」は強調ですので、省略(しょうりゃく)しても意味はだいたい同じです😊
(復習:だいたい(大部分)) 

①お父さんはいつも優しいが、今回ばかりはすごく怒った
→お父さんはいつも怒らないが、今回はすごく怒った

②社長:君はクビだ!
 社員:そればかりは許してください
→クビにするのだけはやめてください

③いつも怒らないようにしていたが、あの時ばかりはすごく怒ってしまった
→いつもは怒らないが、あの時は怒ってしまった

④今度ばかりは許さないよ!
→いつもは許すが、今回は許さない

⑤命ばかりは助けてください
→命以外(いがい)はいらないので、殺(ころ)さないでください
*アニメやドラマでよく出てくる表現です😨


「〜ばかりは」は日常会話(にちじょうかいわ)では、あまり聞(き)いたり使う機会(きかい)がないと思(おも)いますが、「ばかりシリーズ」の1つとして覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:〇〇シリーズ


にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogづらい
【接続】
動詞[ます形]+づらい


【意味】
(心理的・肉体的理由で)〜するのが難(むずか)しい


【例文】
①なんだか食(た)べづらいな…
(復習:なんだか

②目(め)が悪(わる)くなったので、小(ちい)さい字(じ)が読(よ)みづらい

③新(あたら)しいスマホは大(おお)きすぎて使(つか)いづらい

④彼女(かのじょ)がケーキをくれたけど、スイーツが苦手(にがて)だって言(い)いづらいな…
(復習:「スイーツ」と「デザート」
(復習:〜って(引用)

⑤手(て)が痛(いた)いので、字が書(か)きづらい


【説明】
「〜づらい」は「〜するのが難(むずか)しい」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は「心理的理由(しんりてきりゆう)があって〜するのが難しい」「肉体的理由(にくたいてきりゆう)で〜するのが難しい」というように【心理的・肉体的なこと】が原因(げんいん)となっているという意味が入(はい)る場合(ばあい)が多(おお)いです。

[例]
なんだか食べづらいな…
【心理的理由】
友達(ともだち)は食べていないから

目が悪くなったので、小さい字が読みづらい
【肉体的理由】
目が悪くなった

新しいスマホは大きすぎて使いづらい
【肉体的理由】
自分(じぶん)の手(て)が小(ちい)さい
スマホが重(おも)いと感(かん)じる

スイーツが苦手だって言いづらいな…
【心理的理由】 
彼女(かのじょ)が一生懸命(いっしょうけんめい)作(つく)ってくれたから

手が痛いので、字が書きづらい
【肉体的理由】
手が痛い


「〜づらい」は「〜するのが難しい」という意味ですから【意志動詞(いしどうし)】にしか使うことができませんので注意(ちゅうい)しましょう😨「簡単(かんたん)に〜の状態(じょうたい)にならない」というように、物(もの)の性質(せいしつ)を表したい時(とき)は「〜にくい」を使いましょう😉
(復習:〜にくい

[例]
⭕️小さい字が読みづらい
→「読む」は意志動詞

❌このメガネは壊(こわ)れづらい
⭕️このメガネは壊れにくい
→「壊れる」は無意志動詞 


「〜づらい」は勉強(べんきょう)する機会(きかい)があまりない文型の1つですが、よく使われます。ほとんどの場合(ばあい)、ひらがなで書かれますが、漢字(かんじ)で書くと「〜辛い」と書くと覚(お)えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogどうも+推量表現
【接続】
どうも+〜そうだ
どうも+〜ようだ
どうも〜らしい


【意味】
はっきりとわからないが〜かもしれない
はっきりとわからないが〜と感(かん)じる
はっきりとわからないが〜と思(おも)う



【例文】
どうもカゼをひいたようだ
はっきりとわからないが、カゼをひいたと感(かん)じる
(復習:〜ようだ(五感推量)

どうも雨(あめ)が降(ふ)ってきそうだ
はっきりとわからないが、雨が降ってきそうだ
(復習:〜てくる(発生・開始)
(復習:〜そうだ(可能性)

どうも山田(やまだ)くんはうそをついてるらしい
はっきりとわからないが、山田くんはうそをついてると思う
(復習:〜てる・〜でる
(復習:〜らしい(推量)

どうもこのケーキは腐(くさ)っているようだ
はっきりとわからないが、このケーキは腐っていると感じる
(復習:〜ている(結果の状態)

どうも今日中(きょうじゅう)に仕事(しごと)が終(お)わりそうだ
はっきりとはわからないが、たぶん今日中に仕事が終わるかもしれない
(復習:〜中に(じゅうに)


【説明】
「どうも+推量表現(すいりょう)」は「はっきりとわからないが、〜と感じる」「はっきりとわからないが、〜かもしれない」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は、話(はな)し手(て)の【不確(ふたし)か】な気持(きも)ちを表す場合(ばあい)に使(つか)われます😊「どうも」の後(うし)ろには、【〜ようだ(五感推量)】【〜そうだ(可能性)】【〜らしい(推量)】などが使(つか)われます。また、「どうも+推量表現」は「どうやら」にチェンジすることもできます😮
(復習:どうやら+推量表現

[例]
どうもカゼをひいたようだ
どうやらカゼをひいたようだ

どうも雨が降ってきそうだ 
どうやら雨が降ってきそうだ


「どうも」にはいくつか意味がありますので、今回(こんかい)の「どうも」は「どうも+推量表現」と覚(おぼ)えておきましょう。「〜ようだ」「〜そうだ」「〜らしい」はとても大切(たいせつ)な文型(ぶんけい)ですのでしっかりと復習(ふくしゅう)をしておくといいと思(おも)います😉
(復習:〜ようだ(五感推量)
(復習:〜らしい(推量)
(復習:〜そうだ(可能性)
(復習:〜そうだ(第三者の行為)
(復習:〜そうだ(伝聞)
(復習:〜そうだ(様態)
(復習:「〜そうだ」の否定形

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogてしまいそうだ
*(復習:〜そうだ(様態)) 
*(復習:〜すぎる
*(復習:〜中(ちゅう)

【接続】
動詞[て形]+しまいそうだ 


【意味】
(〜してはいけないのに)〜してしまうかもしれない 
(〜したくないのに)〜してしまうかもしれない



【例文】
①このクッキーはすごくおいしい。全部(ぜんぶ)食(た)べてしまいそうだ
→全部食べてしまうかもしれない

②禁酒(きんしゅ)しているのに、お酒(さけ)を飲(の)んでしまいそうだ
→お酒を飲んでしまうかもしれない

③彼女(かのじょ)のことを好(す)きになってしまいそうだ
→彼女のことを好きになってしまうかもしれない

④最近(さいきん)英語(えいご)を勉強(べんきょう)し始(はじ)めたので日本語(にほんご)を忘(わす)れてしまいそうだ
→英語を勉強し始めたので日本語を忘れてしまうかもしれない

⑤山田(やまだ)くんは口(くち)が軽(かる)いので、秘密(ひみつ)を言(い)ってしまいそうだ 
→秘密を言ってしまうかもしれない


【説明】 
「〜てしまいそうだ」は「〜してしまうかもしれない」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。本当(ほんとう)は〜してはいけないのに〜してしまうかもしれない」「本当は〜したくないのに〜してしまうかもしれない」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)います😊

[例]
①このクッキーはすごくおいしい。全部食べてしまいそうだ
→ダイエットしているから本当は全部食べてはいけないのに食べてしまうかもしれない

②禁酒しているのに、お酒を飲んでしまいそうだ
→禁酒しているからお酒を飲んではいけないのに、お酒を飲んでしまうかもしれない

③彼女のことを好きになってしまいそうだ
→彼女のことを好きにはなりたくないのに、好きになってしまうかもしれない


「〜てしまいそうだ」は「〜そうだ」の1つとして覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊
(復習:〜そうだ(伝聞)) 
(復習:〜そうだ(可能性)) 
(復習:〜そうだ(様態)) 
(復習:〜そうだ(第三者の行為)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogても〜すぎることはない
*(復習:3時のおやつ

【接続】
〜ても+動詞[ます形]+すぎることはない 
〜ても+い形容詞[ー]+すぎることはない
〜ても+な形容詞[ー]+すぎることはない


【意味】
どんなに〜しても十分(じゅうぶん)ではない 
しっかり〜しなさい
〜ば〜ほどいい



【例文】
①勉強(べんきょう)は、いくらしてもすぎることはない

②車(くるま)の運転(うんてん)は注意(ちゅうい)してもすぎることはない 

③先生(せんせい)にはどんなに感謝(かんしゃ)してもすぎることはないです

④結婚式(けっこんしき)に出席(しゅっせき)するかしないかの返事(へんじ)は、いくら早(はや)くてもすぎることはない


【説明】
「AてもAすぎることはない」は「どんなにAしても十分(じゅうぶん)ではない」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。簡単(かんたん)に言(い)うと「しっかりAしなさい」「しっかりAほうがいい」という意味になります。「〜ば〜ほどいい」という意味でも使(つか)われます😮「どんなに〜ても〜すぎることはない」「いくら〜ても〜すぎることはない」という形(かたち)がよく使われます😊
(復習:〜ば〜ほど

[例]
①勉強は、いくらしてもすぎることはない
→勉強はいくらしても十分ではない
【意味】しっかりと勉強をしなさい

②車の運転は注意してもすぎることはない
→どんなに注意しても十分ではない
【意味】しっかりと注意しなさい 

③先生にはどんなに感謝してもすぎることはないです
→どんなに感謝しても十分ではない
【意味】とても感謝しています

④結婚式に出席するかしないかの返事は、いくら早くてもすぎることはない
【意味】早ければ早いほうがいい


「〜ても〜すぎることはない」は、使われる場面(ばめん)や単語(たんご)はほとんど決(き)まっています。例文(れいぶん)の表現はよく使われるものですので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ