絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 日本語能力試験にない文型

blogても〜すぎることはない
*(復習:3時のおやつ

【接続】
〜ても+動詞[ます形]+すぎることはない 
〜ても+い形容詞[ー]+すぎることはない
〜ても+な形容詞[ー]+すぎることはない


【意味】
どんなに〜しても十分(じゅうぶん)ではない 
しっかり〜しなさい
〜ば〜ほどいい



【例文】
①勉強(べんきょう)は、いくらしてもすぎることはない

②車(くるま)の運転(うんてん)は注意(ちゅうい)してもすぎることはない 

③先生(せんせい)にはどんなに感謝(かんしゃ)してもすぎることはないです

④結婚式(けっこんしき)に出席(しゅっせき)するかしないかの返事(へんじ)は、いくら早(はや)くてもすぎることはない


【説明】
「AてもAすぎることはない」は「どんなにAしても十分(じゅうぶん)ではない」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。簡単(かんたん)に言(い)うと「しっかりAしなさい」「しっかりAほうがいい」という意味になります。「〜ば〜ほどいい」という意味でも使(つか)われます😮「どんなに〜ても〜すぎることはない」「いくら〜ても〜すぎることはない」という形(かたち)がよく使われます😊
(復習:〜ば〜ほど

[例]
①勉強は、いくらしてもすぎることはない
→勉強はいくらしても十分ではない
【意味】しっかりと勉強をしなさい

②車の運転は注意してもすぎることはない
→どんなに注意しても十分ではない
【意味】しっかりと注意しなさい 

③先生にはどんなに感謝してもすぎることはないです
→どんなに感謝しても十分ではない
【意味】とても感謝しています

④結婚式に出席するかしないかの返事は、いくら早くてもすぎることはない
【意味】早ければ早いほうがいい


「〜ても〜すぎることはない」は、使われる場面(ばめん)や単語(たんご)はほとんど決(き)まっています。例文(れいぶん)の表現はよく使われるものですので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogような〜ような

【接続】
動詞[普通形]+ような+動詞[普通形]+ような
形容詞[普通形]+ような+形容詞[普通形]+ような
名詞[普通形]+ような+名詞[普通形]+ような


【意味】
〜か〜か、はっきりわからない感(かん)じだ
〜か〜か、はっきりとは言(い)えない感じだ



【例文】
①文法(ぶんぽう)を説明(せつめい)してもらったけど、わかったようなわからないような… 
→文法を説明してもらったけど、わかったわからなかったか、はっきりと言(い)えない感(かん)じだ

②あの人(ひと)には会(あ)ったことがあるような、ないような…思(おも)い出(だ)せないなぁ…
→あの人には会ったことがある、会ったことがないか、はっきりとわからない感じだ
(復習:「思い出す」と「思いつく」

③もうこんな時間(じかん)だ!お腹(なか)が空(す)いているような空いていないような
→もうこんな時間だ!お腹が空いているの空いていないの、あまりよくわからないな
(復習:もうこんな時間!
(復習:もう+時・年齢

④今日(きょう)から娘(むすめ)が幼稚園(ようちえん)に行(い)く。嬉(うれ)しいような寂(さみ)しいような気持(きも)ちだ
→嬉しいの寂しいのか、よくわからない複雑な気持ちだ

⑤この1年(ねん)は長(なが)かったような短(みじか)かったような… 
→この1年は長いと感じた短いと感じたか、はっきりと言えない感じだ 


【説明】
「AようなBような」は「AかBか、はっきりわからない感(かん)じだ」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。話者(わしゃ)が「複雑(ふくざつ)な感覚(かんかく)や印象(いんしょう)がある」と言いたい時(とき)に使(つか)われます😊「A」と「B」には、反対(はんたい)の言葉(ことば)が入(はい)ります😮 

①文法を説明してもらったけど、わかったようなわからないような… 

②あの人には会ったことがあるような(会ったことが)ないような…思い出せないなぁ…

③もうこんな時間だ!お腹が空いているような空いていないような

④今日から娘が幼稚園に行く。嬉しいような寂しいような気分だ

⑤この1年は長かったような短かったような… 


「〜ような〜ような」は話(はな)し言葉的(てき)で、会話(かいわ)でもとてもよく使われます😊勉強(べんきょう)する機会(きかい)が少(すく)ない文型ですので、今日(きょう)覚(おぼ)えてしまいましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogもう(非難)
*(復習:〜ようっと


【意味】
(相手に)非難(ひなん)する気持(きも)ちを表(あらわ)す


【例文】
もう、お母(かあ)さん!私(わたし)のプリンを食(た)べないでよ!!
→お母さんに対(たい)して非難(ひなん)の気持(きも)ちを表(あらわ)している

②A:また遅刻(ちこく)しちゃった…ごめんね
 B:もう
→Aに対して怒(おこ)っている気持ちを表している

もう、また0点(れいてん)を取(と)ったの?
→相手(あいて)に対して怒っている気持ちを表している

④たまごを買(か)ってきてって言(い)ったじゃない。もう
→相手に対して非難の気持ちを表している
(復習:〜てくる(継起)
(復習:〜じゃない

もう、お父(とう)さんったら、静(しず)かにしてよ!!
→お父さんに対して怒っている気持ちを表している
(復習:〜ったら


【説明】
「もう」は、相手(あいて)に対(たい)する非難(ひなん)の気持(きも)ちを表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「もう」は怒(おこ)っている気持(きも)ちなどを込(こ)めて使(つか)われ、文頭(ぶんとう)にくることがとても多(おお)いです😮また例文⑤のように、この文型は非難などの感情(かんじょう)を表すN2の文型「〜ったら」と一緒(いっしょ)によく使われます😉
(復習:〜を込めて・〜を込めた

[例]
もう、お母さんったら!私のプリンを食べないでよ!!

もう、あなたったら、また0点を取ったの?


非難を表す「もう」は、女性(じょせい)が使う言葉(ことば)です😀また、これは友達(ともだち)や家族(かぞく)と使う言葉ですので、目上(めうえ)の人には使わないように気(き)をつけてください。

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogもう+否定表現

【接続】
もう+否定的表現


【意味】
これ以上(いじょう)〜するのは〜だ


【例文】
①カレーばっかり…もう嫌(いや)だよ!
これ以上(いじょう)カレーばっかり食べるのは、嫌だ
(復習:〜ばっかり・〜ばっか

②文句(もんく)を言うのはもうやめてちょうだい!
これ以上文句を言うのはやめてちょうだい
(復習:〜てちょうだい

③このアルバイトはもうやめたいな…
これ以上このアルバイトをするのは嫌だからやめたいな…

④ラーメンを5杯(はい)も食(た)べた。これ以上食べるのはもう無理(むり)だ
これ以上食べるのは無理だ
(復習:〜も(数量詞+も)

⑤ここのところ休(やす)みがない…もう限界(げんかい)だ
→ここのところ休みがない…これ以上働(はたら)くのは限界だ 
(復習:〜ところ(Nのところ)) 


【説明】
「もう+否定的表現(ひていてきひょうげん)」は「これ以上(いじょう)〜するのは〜だ」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは「これ以上〜の状態(じょうたい)を続(つづ)けることはできない」と言(い)いたい時(とき)に使用(しよう)します。後(うし)ろには「嫌だ」「無理だ」などの否定的表現を使います😊

[よく使われる否定表現]
・嫌だ
・やめて(ください)
・やめたい
・やめなさい(・やめろ)
・無理だ
・限界だ  
・たえられない
・我慢(がまん)できない
 など


【上級レベルの人へ】
「もう+否定表現」の1つとして、「もうたくさんだ」という表現があります。これは「これ以上我慢できない」という意味で使われます😮

[例]
文句ばっかり…もうたくさん
→(あなたは)文句ばっかり言うわね…もう我慢できないわ!

「もうたくさん」は「いいかげんにしろ!」と同(おな)じくらい、相手(あいて)の行動(こうどう)に対(たい)してイライラしたり、怒(おこ)ったりしている時(とき)に使(つか)いますので、使用(しよう)するときは気(き)をつけましょう😀


「もう+否定表現」は会話(かいわ)でもよく使いますので、ドラマやアニメなどでも聞(き)く機会(きかい)が多(おお)いと思(おも)います😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogもう〜

【接続】
もう+時(とき)を表す語(ご)
もう+年齢(ねんれい) 


【意味】
すでに〜


【例文】
もう8時(じ)よ!早(はや)く起(お)きなさい!!
すでに8時よ!早く起きなさい!!

もうこんな時間(じかん)!早く帰(かえ)らなくちゃ
すでにこんな時間!早く帰らなくちゃ
(復習:もうこんな時間!) 
(復習:〜なくちゃ

もう春(はる)なのに、今日(きょう)はとても寒(さむ)い
すでに春なのに、今日はとても寒い

もう20歳(はたち)だから、お酒(さけ)を飲(の)んでもOKだ
すでに20歳だから、お酒を飲んでもOKだ

⑤娘(むすめ)がもう1歳(さい)になった…時間(じかん)が経(た)つのは早(はや)いものだ
→娘がすでに1歳になった…時間が経つのは早いものだ
(復習:〜ものだ(感慨)) 


【説明】
「もう〜」は【時(とき)を表(あらわ)す語(ご)】や【年齢(ねんれい)】と一緒(いっしょ)に使(つか)われ、「すでに〜」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「すでに〜するのに十分(じゅうぶん)な年齢(ねんれい)だ」「すでに〜するのに十分な時期(じき)だ」と言(い)いたい時(とき)や、「思(おも)ったよりも早くその時や年齢になった」と感(かん)じた時に使います😊

[例]
もう9時だ!早く帰らなきゃ
→思ってたよりも早く時間が過(す)ぎてしまって、気付(きづ)いたら9時になっていた

もう20歳だから、お酒を飲んでもOKだ
→すでに20歳だから、お酒を飲むのに十分な年齢だ


「もう〜」にはたくさん意味があります😨また会話(かいわ)でもとてもよく使いますので、しっかりと覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:もう+数量詞

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogことで

【接続】
名詞[辞書形]+のことで


【意味】
〜について


【例文】
①N1の文法(ぶんぽう)のことで質問(しつもん)があります
→N1の文法について質問があります

②留学(りゅうがく)のことで相談(そうだん)したいんだけどいい?
→留学について相談したいんだけどいい?
(復習:相談する・相談にのる) 

③A:春休(はるやす)みに行(い)きたいところはある?
 B:そのことで話(はなし)があるんだけど…
→そのことについて話があるんだけど…

④お金(かね)のことで話(はな)さなきゃいけないことがあるの…
→お金のことについて話さなきゃいけないことがあるの…
(復習:〜なきゃ)  


【説明】
「〜ことで」は「〜について」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「〜について話したいが…」というように、相手(あいて)に質問(しつもん)したり相談(そうだん)したりする会話(かいわ)を始(はじ)める時(とき)に使(つか)います😀後(うし)ろにくる動詞(どうし)はほとんど決(き)まっていますので、いくつか覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊

[「Nのことで」の後ろにくる動詞]
・質問する
・質問がある
・相談する
・相談にのる
・話す
・話がある



「〜ことで」も「こと」シリーズの1つとしてしっかりと覚えておきましょう😉
(復習:〜として
(復習:「こと」シリーズ

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogごと

【接続】
名詞[辞書形]+ごと


【意味】
〜も一緒(いっしょ)に〜
〜も含(ふく)めて〜



【例文】
①A:何(なに)してんの?
 B:りんごの皮(かわ)をむいてるの
 A:私(わたし)はりんごは皮ごと食(た)べるよ〜
→私はりんごは皮も一緒(いっしょ)に食べるよ〜
(復習:〜ん(〜てんの)
(復習:〜てる・〜でる

②魚(さかな)を骨(ほね)ごと食べるとは…
→魚を骨も一緒に食べるとは…
(復習:〜とは(驚き)) 

③ピーマンは種(たね)ごと食べられるって知(し)ってた?
→ピーマンは種も一緒に食べられるってた?
(復習:〜って(引用)

④車(くるま)ごと船(ふね)に乗(の)って移動(いどう)しました
→車も一緒に船に乗せて移動しました


【説明】
「〜ごと」は「〜も一緒(いっしょ)に〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。ほとんどの場合(ばあい)「N+ごと+動詞(どうし)」の形(かたち)で使(つか)われ、「〜も一緒に〜する」という意味になります😊また「丸(まる)ごと」は「そのまま全部(ぜんぶ)」という意味で使われますので、1つの単語(たんご)として覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:〜として

[例]
魚を丸ごと食べる
→魚をそのまま全部食べる
*骨も皮も全て食べるという意味


今回の「〜ごと」は、ほとんど決(き)まった単語(たんご)にしか使われませんので、いくつか覚えておくといいと思います😀
「〜ごと」が使われる文型はいくつかありますので、1つ1つ区別(くべつ)をして覚えておきましょう😉
(復習:〜ごとに(それぞれ)
(復習:〜ごとに(単位)
(復習:〜ごとに(変化)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogごとに(変化)
*(復習:〜てる・〜でる
*(復習:〜ん(〜てんの)


【接続】
動詞[辞書形]+ごとに


【意味】
さらに〜になる
ますます〜になる



【例文】
①彼女(かのじょ)は会(あ)うごとに日本語(にほんご)が上手(じょうず)になっている
→彼女は会うと日本語がますます上手になっていると感じる

②料理(りょうり)は作(つく)るごとにうまくなっていくものだよ
→料理は作ると、ますますうまなるものだよ
(復習:〜ものだ(本来の性質・一般的考え方)) 

③彼(かれ)は試合(しあい)をするごとに強(つよ)くなっていった
→彼は試合をすると、ますますくなっていった
(復習:〜ていく(変化の進行)

④雨(あめ)が降(ふ)るごとに、どんどん寒(さむ)くなってくね
→雨が降ると、ますます寒くなっていく
(*秋から冬になる時によく使われます)
(復習:〜てく


【説明】
「〜ごとに」は【変化(へんか)】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で「ますます〜になる」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)われます。「1回(かい)1回〜すると、〜という状態(じょうたい)に変(か)わっていく」という意味(いみ)で使われます😮

[例]
彼女は会うごとに日本語が上手になっている
【半年前(はんとしまえ)に会った時】初級(しょきゅう)レベルだった
【2か月前に会った時】中級(ちゅうきゅう)レベルだった
【昨日(きのう)会った時】上級(じょうきゅう)レベルに変化していた


「〜ごとに」は、とても複雑(ふくざつ)な文型です😨今回(こんかい)の「〜ごとに(変化)」の一部(いちぶ)は「〜たびに」とチェンジすることができます。
(復習:〜たびに) 
「〜ごとに」には、いろんな意味がありますので復習(ふくしゅう)しておきましょう😉
(復習:〜ごとに(それぞれ)) 
(復習:〜ごとに(単位)) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogのうち

【接続】
名詞[辞書形]+のうち


【意味】
〜の中(なか)


【例文】
①10個(こ)のうち、2つが割(わ)れてしまった
→10個ある中(なか)の、2つが割れてしまった

②3つのうちで好(す)きなのはどれですか?
→3つの中で好きなのはどれですか? 

③買(か)ってきた5冊(さつ)の本(ほん)のうち、3冊は日本語(にほんご)の本で、2冊は英語(えいご)の本だ
→買ってきた5冊の本の中の3冊は日本語の本で、2冊は英語の本だ


【説明】
「Nのうち」は「〜の中」という意味(いみ)で、範囲(はんい)を限定(げんてい)することに使(つか)われます。「〜の中(なか)で」「〜の中から」などの意味で使用(しよう)されます😀「N」には「◯個」「◯つ」のように【◯+数量詞(すうりょうし)】の形(かたち)が使われることが多(おお)いですが、「〇〇と〇〇と〇〇のうち〜」という形もよく使われます😊

[例]
ケーキアイスシュークリームのうちから、食べたいのを選(えら)んでね
→ケーキ、アイス、シュークリームの中から、食べたいのを選んでね
(復習:「氷」と「アイス」) 
(復習:シュークリーム) 
(復習:〜の)  


「〜のうち」は勉強(べんきょう)する機会(きかい)があまりありませんので、今日(きょう)覚(おぼ)えてしまいましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogうちに入らない

【接続】
動詞・形容詞[普通形]+うちに入らない
名詞[辞書形]+のうちに入らない


【意味】
〜だとは言(い)えない
〜だというには十分(じゅうぶん)ではない
〜の範囲(はんい)には入(はい)らない



【例文】
①A:得意(とくい)な料理(りょうり)って何(なに)?
 B:カップラーメンかな
 A:それは料理のうちに入(はい)らないよ…
→それは料理だと言(い)えないよ…
(復習:〜って(主題・定義)
(復習:〜かな・〜かしら(口語形)
(復習:〜かな・〜かしら(文法)

②A:最近(さいきん)、ちゃんと運動(うんどう)してる?
 B:今日(きょう)はエレベーターじゃなくて、階段(かいだん)を使(つか)ったよ!
 A:そんなの運動するうちに入らないよ…
→そんなの運動だとは言えないよ…
(復習:〜てる・〜でる
(復習:〜ちゃ・〜じゃ

③毎日(まいにち)1つ単語(たんご)を覚(おぼ)えるというだけでは、勉強(べんきょう)のうちに入らない
→毎日1つ単語を覚えるというだけでは、勉強というには十分(じゅうぶん)ではない

④娘(むすめ):今日は10分(ぷん)勉強をしたよ!
 母:10分ですって?そんなのやったうちに入らないわ!
→10分ですって?そんなの勉強をやったとは言えないわ!
(復習:〜だって?


【説明】
「〜うちに入(はい)らない」は「〜だとは言(い)えない」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「Aうちに入らない」の形(かたち)で、「Aだというのには十分(じゅうぶん)ではない」と強調(きょうちょう)して言いたい時(とき)に使(つか)います😊

[例]
A:得意な料理は何?
B:カップラーメンかな
A:それは料理のうちに入らないよ
「カップラーメンは料理ではない」と強調


「〜うちに入らない」は日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使われる文型ですので、覚えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ