絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: ちょっとおもしろい話

blog人手
【人手(ひとで)】



[意味]
(〜のために)働く人


[例文]
①店長:明日もバイトに出られる?人手(ひとで)が足(た)りなくて…
 バイト:はい、出られますよ

②ただでさえ人手が足りないんだから、急(きゅう)に休まれたら困(こま)るわ!


③店長:今日は人手が余(あま)ってるわね
 社員:では、休憩(きゅうけい)してきてもいいですか?
 店長:ダメに決(き)まってるでしょ!




④あのレストランは、人手不足で困(こま)ってるらしいよ




[説明]
「人手(ひとで)」とは「働(はたら)く人」「働き手(て)」という意味です。「〜のために働く人」と言いたい時に使用(しよう)されます。「人手が足りない」「人手が余る」「人手不足」などの形(かたち)がよく使われます。


「人手」は、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておきましょう😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


 

blog風物詩
【風物詩(ふうぶつし)】



[意味]
その季節(きせつ)の感(かん)じをよく表(あらわ)しているもの


[説明]
「風物詩(ふうぶつし)」とは「その季節の特徴(とくちょう)をよく表しているもの」という意味(いみ)の言葉(ことば)です。食べ物(たべもの)や花(はな)などをはじめ、天候(てんこう)や行事(ぎょうじ)などにも使(つか)われます。




[風物詩の例]
【春】 
・桜(さくら)
・チューリップ
・お花見(はなみ)
・いちご
・蝶々(ちょうちょう)
・卒業式(そつぎょうしき)/入学式(にゅうがくしき) 
・花粉症(かふんしょう)  など



【夏】
・ひまわり
・海(うみ)
・セミ
・カブトムシ
・スイカ
・かき氷(ごおり)
・花火(はなび)
・夏祭り(なつまつり) 
・扇風機(せんぷうき)
・夕立(ゆうだち) など

【秋】
・紅葉(こうよう)
・ぶどう
・柿(かき)
・栗(くり)
・梨(なし)
・運動会(うんどうかい)
・台風(たいふう) など

【冬】
・雪(ゆき)
・みかん
・鍋料理(なべりょうり)
・ストーブ
・こたつ
・スキー
・クリスマス
・お正月(しょうがつ) など





「風物詩」は、よく使われる言葉ですので覚(おぼ)えておきましょう😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blog茶碗蒸し
【茶碗蒸し(ちゃわんむし)】


[意味]
卵(たまご)を使(つか)った蒸(む)し料理(りょうり)


[説明] 
「茶碗蒸し(ちゃわんむし)」とは「卵を使った蒸し料理」のことです。


溶(と)いた卵の中に出汁(だしじる)を入(い)れ、「しいたけ」「鶏肉(とりにく)」「かまぼこ」「えび」といった具(ぐ)を加(くわ)えて蒸した料理です。



味噌汁(みそしる)などの吸い物(すいもの)の代(か)わりにされることもあります。吸い物というのは、和食(わしょく)におけるスープのことです。






「茶碗蒸し」は和食レストランではもちろん、お寿司屋(すしや)さんなどでも食べることができます。機会(きかい)がある人は食べてみてくださいね😉



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog今年の節分は「2月2日」
今年の節分は「2月2日」


今日(きょう)は「節分(せつぶん)」です。節分というのは、立春(りっしゅん)の前(まえ)の日(ひ)のことです。


ほとんどの年(とし)は「2月4日」が立春で、「2月3日」が節分となるのですが、どうやら今年は「2月3日」が立春で、「2月2日」が節分にあたるようです。



もともと立春は「2月4日」と決(き)まっているわけではなく、「2月3日」になる年もあれば、「2月5日」もあるそうです。




なんでも今年は公転周期(こうてんしゅうき)にズレが発生し、立春が「2月3日」になり、節分が「2月2日」になったとのことです。公転周期とは、地球(ちきゅう)が太陽(たいよう)の周(まわ)りを一周(いっしゅう)回(まわ)る期間(きかん)のことです。




ちなみに、節分が「2月2日」になったのは124年ぶりだということです😮





今日はコンビニやスーパーなどで、豆(まめ)まき用(よう)の恵方巻き(えほうまき)がたくさん売(う)られていると思います😊節分についての記事(きじ)がありますので、興味(きょうみ)がある人(ひと)は読(よ)んでみてください😉

 
【関連記事】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

雪遊び(ゆきあそび)

毎日(まいにち)寒(さむ)い日(ひ)が続(つづ)いていますね…😞今回(こんかい)は雪(ゆき)を使(つか)った遊(あそ)びを紹介(しょうかい)したいと思(おも)います。文法(ぶんぽう)や単語(たんご)を復習(ふくしゅう)しながら読(よ)んでみてください😊




blog雪だるま
【雪だるま(ゆきだるま)】

雪だるまは、大(おお)きな雪玉(ゆきだま)を積(つ)んで作(つく)ります。


雪玉を大きくするために雪の上(うえ)を転(ころ)がします。



雪玉に目(め)や鼻(はな)や口(くち)などをつけると雪だるまのできあがりです。



blog雪合戦
【雪合戦(ゆきがっせん)】

雪合戦とは、雪玉を作(つく)って投(な)げ合(あ)うゲームのことです。2つのチームにわかれて、雪玉を投げて相手(あいて)に当(あ)てます。


雪玉が当たってしまった人(ひと)はアウトとなります。


チームのメンバーが全員(ぜんいん)アウトになると「負(ま)け」ということになります。



blogかまくら
【かまくら】

かまくらは、雪を集(あつ)めて固(かた)めた雪の山(やま)に、穴(あな)を掘(ほ)ってつくります。


かまくらを崩(くず)れにくくするために、周(まわ)りはしっかりと固めたほうがいいそうです。





人が入(はい)れるくらいの大きさの穴が掘れたらできあがりです。




みなさんもいろんな雪遊(ゆきあそ)びをしてみてくださいね😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blog目のクマ
【目のクマ】



[意味]
寝不足(ねぶそく)の時(とき)などに、目(め)の下(した)にできる黒(くろ)ずんだ部分(ぶぶん) 


[説明]
「目(め)のクマ」とは寝不足などによって目の下にできる黒ずんだ部分のことです。ほとんどの場合(ばあい)は「目の下にクマができる」「目にクマができる」の形(かたち)で使(つか)われます。「クマ」は漢字(かんじ)で書(か)くと「隈」ですが、多(おお)くの場合はカタカナやひらがなで書かれます。


[例文] 
①A:寝不足?目の下にクマができているよ… 
 B:昨日(きのう)、寝(ね)ないでレポートを書(か)いていたの


②カラオケでオールしたから、目の下にクマができちゃった



③A:目のクマを消(け)す方法(ほうほう)を知(し)ってる?
 B:う〜ん…メイクで隠(かく)せるんじゃない? 




④彼氏:あれ?今日(きょう)化粧(けしょう)が濃(こ)くない?
 彼女:…目の下のクマを隠すために、いつもより濃くしてみたの



「目の下のクマ」は、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

【お正月遊び(おしょうがつあそび)】

今回(こんかい)は、昔(むかし)ながらのお正月遊びについて紹介(しょうかい)したいと思(おも)います。いつものように文法(ぶんぽう)を復習(ふくしゅう)しながら読(よ)んでみてください😉



羽根つき
[羽根つき(はねつき)]

羽根つきは、羽子板(はごいた)というラケットのようなものを使(つか)って、2人で羽根を打(う)ち合(あ)う遊びです。羽根つきの「はね」には1年の悪(わる)いことを「はねる」という意味(いみ)が込(こ)められています。羽根つきは、子供(こども)の健康(けんこう)と成長(せいちょう)を願(ねが)うものだと言われています。





コマ
[コマ回し(こままわし)]

コマ回しは、ひもをつかってコマを回す遊びです。コマはよく「回る」ことから、「お金(かね)が回るように」「物事(ものごと)がうまく回るように」という願いが込められています。





福笑い
[福笑い(ふくわらい)]

福笑いは「目(め)」「鼻(はな)」「口(くち)」といったパーツを、目隠(めかく)しをした人(ひと)が見(み)えない状態(じょうたい)で輪郭(りんかく)の上(うえ)に並(なら)べていき、顔(かお)を完成(かんせい)させるという遊びです。出来(でき)上(あ)がったおもしろい顔を、みんなで見て楽(たの)しみます。福笑いには、「おかめ」などの縁起(えんぎ)がいいものの顔が使われていています。




凧揚げ
[凧揚げ(たこあげ)] 

凧揚げとは、木(き)や竹(たけ)を組(く)んで、そこに紙(かみ)や布(ぬの)やビニールなどを張(は)り、糸(いと)をつけたものです。糸を引(ひ)っ張(ぱ)り、風(かぜ)の力(ちから)を使って空(そら)に飛(と)ばすという遊びです。凧が高(たか)くあがればあがるほど、子供が元気(げんき)に成長すると言われています。





いつもはゲームやSNSばかりしている人も、たまには昔ながらの遊びを楽しんでみるのもいいかもしれませんね😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)はお正月(しょうがつ)に食べる「お雑煮(ぞうに)」について、紹介(しょうかい)したいと思います。文法(ぶんぽう)を復習(ふくしゅう)しながら読んでみてください😉

blogお雑煮
【お雑煮(おぞうに)】

「お雑煮」とは、お餅(もち)が入っている汁物(しるもの)のことです。汁物というのは、味噌汁(みそしる)などのスープ料理(りょうり)のことです。




現在(げんざい)、お雑煮はお正月におせち料理と一緒(いっしょ)に食べられますが、昔(むかし)はお正月に限(かぎ)らず食べられていたそうです😮



大晦日(おおみそか)には新鮮(しんせん)な野菜(やさい)や魚(さかな)を神様(かみさま)にお供(そな)えし、元旦(がんたん)にはその野菜や魚をお雑煮にして食べたことが、お雑煮の始(はじ)まりだと言われています。



神様にお供えしたものをいただくのはとてもありがたいことで、神様から力(ちから)をもらえると考(かんが)えられていたということです。


お雑煮のメインといえば、何(なん)と言(い)ってもお餅です。



お餅は長(なが)く伸(の)びるということから「長く生(い)きられますように」という気持(きも)ちが込(こ)めて食べられます。





お雑煮は、地域(ちいき)によって入れるものや味付(あじつ)けが変わります。興味(きょうみ)がある人は、いろいろ調(しら)べてみてください😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


 


あけましておめでとうございます🎍🎍
今年(ことし)も「絵でわかる日本語」をよろしくお願(ねが)いします😊



さて、みなさんは「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」ということわざを聞(き)いたことがありますか?

blog一富士二鷹三茄子
【一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)】


「一富士二鷹三茄子」とは、初夢(はつゆめ)に見ると縁起(えんぎ)がいいものを表(あらわ)したことわざです。


「一富士二鷹三茄子」は、夢に出(で)てきたら縁起がいい順番(じゅんばん)を並(なら)べたものです。


初夢というのは「大晦日(おおみそか)の夜(よる)から新年(しんねん)の朝(あさ)にかけて見る夢」「1月1日の夜(よる)に見る夢」のことで、新年(しんねん)になってから初めて見る夢のことを表します。


では、いったいなぜ「一富士二鷹三茄子」が初夢に見るといいと言われるようになったのでしょうか?




理由(りゆう)はいくつかあるようですが、有名(ゆうめい)なものの一つに「富士=無事」「富士=不死」「鷹=高い」「なすび=成す」というように、それぞれが縁起のいい言葉(ことば)と音(おと)が似(にている)ているというものがあります。


富士(ふじ)=無事(ぶじ)
富士(ふじ)=不死(ふし)
鷹(たか)=高い(たかい)
なすび=成す(なす


並べてみると、音が似ているのがわかると思います😊ちなみに「成す」というのは、「何(なに)かを達成(たっせい)する」「何かをやりとげる」という意味です。


もう一つ有名なものとして、徳川家康(とくがわいえやす)が「富士山」「鷹狩(たかが)り」「なす」が大好(だいす)きだったからという説(せつ)もあります。


このようなことから「一富士二鷹三茄子」は縁起がいいものとして、初夢に見るといいと言われてきました。「一富士二鷹三茄子」が縁起がいいと言われるようになった理由は、まだ他(ほか)にもありますので、興味(きょうみ)がある人は調(しら)べてみてくださいね😉




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村





 

今日12月31日は大晦日(おおみそか)です。今回は大晦日に食べる「年越しそば(としこしそば)」を食べる理由(りゆう)について紹介(しょうかい)したいと思います。文法(ぶんぽう)を復習(ふくしゅう)しながら読んでみてください。


blog年越しそば
【年越しそば(としこしそば)】


[年越しそばを食べる理由]

①長生(ながい)きするため
そばは「細長(ほそなが)くのびる」ということから、「そばのように長く過(す)ごせますように」という気持(きも)ちを込(こ)めて食べられます。





②今年(ことし)起(お)きた悪(わる)いことを断(た)ち切(き)るため
そばは「切れやすい」ため、その年(とし)に起きた悪いことや、苦(くる)しかった事を断ち切るという意味(いみ)で食べられるようになりました。悪い事を切り捨(す)てて、新(あたら)しい年を迎(むか)えるためにそばを食べるということですね😊








③健康(けんこう)でいるため
そばは、とても強(つよ)い植物(しょくぶつ)です。なんでも、雨が降(ふ)っても強(つよ)い風(かぜ)が吹(ふ)いても、太陽(たいよう)の光(ひかり)を浴(あ)びれば元気(げんき)になるそうです。このことから、健康でいられることを願(ねが)ってそばを食べるようになりました。




④金運(きんうん)を上(あ)げるため
昔(むかし)、金細工職人(きんざいくしょくにん)は、金(きん)を加工(かこう)する際(さい)に散(ち)らばった金の粉(こな)を集めるために、そば粉(こ)を練(ね)ったものを使(つか)っていたそうです。「そばで金を集める」ということから、そばを食べると金運が上がるとされたとのことです。







多(おお)くの日本人は、大晦日には「年越しそば」を食べます。「年越しそば」を食べる理由は、まだまだ他(ほか)にもあるようですので、興味(きょうみ)がある人は調(しら)べてみてくださいね😉


それではみなさん、よいお年を…


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ