絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 初級文法(N4)

blogまでに
【接続】
動詞[辞書形]+までに
時間・日にち+までに


【意味】
その日(ひ)が来(く)る前(まえ)に〜
その時(とき)が来る前に〜
その時間(じかん)になる前に〜 



【例文】
①母(はは):たまごを買(か)ってきてくれる?
 娘(むすめ):今(いま)マンガを読(よん)んでいるから、あとでね
 母:じゃあ、5時(じ)までに買ってきてね
(復習:〜てくる(継起)

②A:1000円(えん)貸(か)してくれる?土曜日(どようび)までに返(かえ)すから!
 B:いいよ〜
(復習:貸す・借りる(説明)
(復習:貸す・借りる(練習)

③来週(らいしゅう)までに、レポートを出(だ)すようにしてください
(復習:〜ようにする

④彼氏(かれし):日曜日(にちようび)はどこに行(い)きたいか、明日(あした)会(あ)うまでに考(かんが)えといてね
 彼女(かのじょ):うん、わかった
(復習:〜とく・〜どく) 

⑤日本(にほん)に留学(りゅうがく)するまでに、N2に合格(ごうかく)したいと思(おも)っています

⑥30歳(さい)になるまでに結婚(けっこん)したいな〜

⑦お母(かあ)さんが帰(かえ)ってくるまでに、宿題(しゅくだい)をやっちゃおう!
(復習:〜ちゃう・〜じゃう


【説明】
「〜までに」は「その日(ひ)が来(く)る前(まえ)に〜」「その時(とき)が来る前に〜」「その時間(じかん)になる前に〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は、時(とき)や時間(じかん)を表す表現(ひょうげん)と一緒(いっしょ)に使(つか)い【期限(きげん)】や【締(し)め切(き)り】を表します。

[例]
①母:じゃあ、5時までに買ってきてね
【期限】5時
→5時になる前に買ってきてね

②A:1000円貸してくれる?土曜日までに返すから!
【期限】土曜日
→土曜日になる前に返すから!

③来週までに、レポートを出すようにしてください
【期限】来週
→来週になる前に、レポートを出すようにしてください

④彼氏:日曜日はどこに行きたいか、明日会うまでに考えといてね
【期限】明日
→明日会う前に考えといてね

⑤日本に留学するまでに、N2に合格したいと思っています
【期限】留学する時
→留学する前にN2に合格したいと思っています

⑥30歳になるまでに結婚したいな〜
【期限】30歳
→30歳になる時より前に結婚したいな〜

⑦お母さんが帰ってくるまでに、宿題をやっちゃおう!
【期限】お母さんが帰ってくる時
→お母さんが帰ってくる前に、宿題をやっちゃおう! 


動詞(どうし)と使(つか)う場合(ばあい)は[辞書形(じしょけい)]につくと覚(おぼ)えておきましょう😀 

【「まで」がつく文型】
〜たまでだ・〜たまでのことだ
〜たらそれまでだ・〜ばそれまでだ
〜ないまでも
〜に至るまで
〜までして
〜までだ・〜までのことだ(V辞+までだ)
〜までに
〜までになる
〜までもない


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogのに(評価)
(復習:〜でしょ・〜だろ

【接続】
動詞[辞書形]+のに
名詞[辞書形]+に


【意味】
評価(ひょうか)を表(あらわ)す


【例文】
①ピーラーは、皮(かわ)をむくのに便利(べんり)だよ

②A:東京(とうきょう)はお店(みせ)がいっぱいあるね!
 B:うん。買(か)い物(もの)するのにいいよね
(復習:〜よね?

③ドラマは日本語(にほんご)の勉強(べんきょう)をするのに役立(やくだ)ちます

④LINEは、友達(ともだち)と連絡(れんらく)を取(と)るのに便利です
(復習:「Google」や「Twitter」は日本語でどう読むの?

⑤駅(えき)の近(ちか)くに住(す)んでいるので、学校(がっこう)に通(かよ)うのにいい


【説明】 
「〜のに」は【評価(ひょうか)】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「Aのに〜」の形(かたち)で、「Aする時(とき)に、いい・便利(べんり)だ」というように「A」に対(たい)する評価(ひょうか)を表(あらわ)します。この文型は、後(うし)ろにくるものがほとんど決(き)まっていますので暗記(あんき)しておくといいと思(おも)います😀

[「〜のに」とよく一緒に使う単語]
・〜のにいい
・〜のに便利だ
・〜のに不便(ふべん)だ
・〜のに役(やく)に立(た)つ
・〜のに役立つ

また「〜のに」は、名詞(めいし)に使う場合は「名詞+に〜」となります。

[例]
ドラマは日本語の勉強をするのに役立ちます
→ドラマは日本語の勉強役立ちます


「〜のに」にはいくつか意味がありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😉

【「〜のに」がつく用法】
〜のに(必要)
〜のに(評価)
〜のに(用途)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogのに(必要)
【接続】
動詞[辞書形]+のに


【意味】
〜するために〜が必要(ひつよう)

【例文】
①カタカナを覚(おぼ)えるのに1か月(いっかげつ)かかった
→カタカナを覚えるために1か月必要(ひつよう)だった

②パスポートを作(つく)るのに16000円(えん)かかる
→パスポートを作るために16000円必要だ

③新(あたら)しいスマホを買(か)うのに8万円(まんえん)以上(いじょう)かかりそうだ
→スマホを買うために8万円以上必要になりそうだ
(復習:〜そうだ(可能性)

④A:大阪(おおさか)まで新幹線(しんかんせん)でどのくらいかかるの?
 B:大阪まで行(い)くのに2時間半(はん)かかるよ
 A:じゃあ、いくらくらい必要なの?
 B:東京から大阪まで行くのに14000円ぐらい必要だよ〜
→大阪まで行くためには2時間半必要だ
→大阪まで行くためには14000円必要だ

⑤絵(え)を描(か)き上(あ)げるのに時間(じかん)が必要です
→絵を描き上げるために時間が必要です
(復習:〜上げる


【説明】
「〜のに」は「〜するために〜が必要(ひつよう)」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。後(うし)ろには「かかる」「必要(ひつよう)」など、決(き)まった単語(たんご)がきますので暗記(あんき)しておくといいと思(おも)います😀

[「〜のに」と使う単語]
・〜のに+〜かかる
・〜のに +〜必要
・〜のに+〜要(い)る 


初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)する「〜かかる」を復習(ふくしゅう)しておきましょう😉
(復習:〜かかる) 

【「〜のに」がつく用法】
〜のに(必要)
〜のに(評価)
〜のに(用途)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogのに(目的)
【接続】
動詞[辞書形]+のに
名詞[辞書形]+に


【意味】
〜ために使(つか)う
〜ために必要(ひつよう)



【例文】
①A:これは何(なに)をするのに使(つか)うの?
 B:巻(ま)き寿司(ずし)を作(つく)るのに使(つか)うのよ
→巻き寿司を作るために使うのよ

②辞書(じしょ)は日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)するのに使います
→日本語を勉強するために使います

③ナイフはフルーツを切(き)るのに使います
→フルーツを切るために使います

④消(け)しゴムは字(じ)を消(け)すのに使います
→字を消すために使います
(復習:消える・消す

⑤お箸(はし)は、ごはんを食(た)べたり料理(りょうり)をしたりするのに使います
→ごはんを食べたり料理をしたりするために使います


【説明】
「〜のに」は【用途(ようと)】を表(あらわ)す表現(ひょうげん)で、「〜ために使(つか)う」という意味(いみ)で使われます。この文型(ぶんけい)は、後ろに「使う」がきますので「〜のに使う」の形で覚えておきましょう。また、名詞(めいし)に使う場合は「名詞+に〜」になります。

[例]
辞書は日本語を勉強するのに使います
→辞書は日本語の勉強使います


「〜のに」は初級(しょきゅう)で勉強しますが、とてもよく使う大切(たいせつ)な文型です。日常会話(にちじょうかいわ)で上手(じょうず)に使えるように復習(ふくしゅう)をしておきましょう😀

【「〜のに」がつく用法】
〜のに(必要)
〜のに(評価)
〜のに(用途)

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

blogたところだ
【接続】
動詞[た形]+ところだ


【意味】
〜した直後(ちょくご)
〜するのが、今(いま)終(お)わった



【例文】
①母(はは):宿題(しゅくだい)はしたの?
 娘(むすめ):今(いま)終(お)わったところだ

②さっき起(お)きたところだ

③ちょっと前(まえ)にごはんを食(た)べたところだ

④A:今どこ?
 B:ごめん!今家(いえ)を出(で)たところなの…

⑤たった今帰(かえ)ってきたところだ


【説明】
「〜たところだ」は「〜するのが、今(いま)終(お)わった」「〜した直後(ちょくご)」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは、「〜したすぐ後(あと)」というのを強調(きょうちょう)する文型で、動作(どうさ)や変化(へんか)が終わったすぐ後の状態(じょうたい)や場面(ばめん)を表(あらわ)します。

[例]
①母:宿題はしたの?
 娘:今終わったところだ
→宿題が終わったすぐ後の状態

②さっき起きたところだ
→起きた直後の状態

③ちょっと前にごはんを食べたところだ
→ごはんを食べ終わったすぐ後

④A:今どこ?
 B:ごめん!今家を出たところなの…
→家を出た直後

⑤たった今帰ってきたところだ
→帰ってきた直後の場面

「〜たところだ」とよく一緒(いっしょ)に使われる表現(ひょうげん)を覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊

[「〜たところだ」とよく一緒に使う表現]
+〜たところだ
さっき+〜たところだ
ちょっと前に+〜たところだ 
たった今+〜たところだ


「〜たところだ」に似(に)ている文型に「〜たばかりだ」があります。用法(ようほう)に違(ちが)いがありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう😉
〜たばかりだ 
〜たばかりvs〜たところ
〜ところだ(V辞書形+ところだ)
〜ところだ(ている+ところだ)
〜ところだ(Vた+ところだ)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogところだ(V辞ところだ)

【接続】
動詞[辞書形]+ところだ 


【意味】
〜する直前(ちょくぜん)
今(いま)から〜する



【例文】
①A:今(いま)何(なに)をしているの?
 B:お風呂(ふろ)に入(はい)るところだよ〜
(復習:〜ている(進行中)

②A:もうごはん食(た)べた?
 B:今から食べに行(い)くところだ
 A:じゃあ、一緒(いっしょ)に行(い)こう〜 

③A:新(あたら)しいゲームはもう買(か)った?
 B:今から買いに行くところだよ〜

④母(はは):早(はや)く寝(ね)なさい
 娘(むすめ):今から寝るところ

⑤母:今日(きょう)は何時(なんじ)に出(で)かけるの?
 娘:今出かけるところだ


【説明】
「V辞書形+ところだ」は「今(いま)から〜する」という意味(いみ)で、何(なに)かをする直前(ちょくぜん)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「V辞書形+ところだ」は動作(どうさ)の直前を強調(きょうちょう)する文型ですので、「ところ」がなくても意味は同(おな)じです😅「今、ちょうど〜する直前」というのを強調したい場合に使われます。

[例]
A:今何をしているの?
B:お風呂に入るところだよ〜
→お風呂に入る直前

A:もうごはん食べた?
B:今から食べに行くところだ
→ごはんを食べに行く直前

A:新しいゲームはもう買った?
B:今から買いに行くところだよ〜
→新しいゲームを買いに行く直前

母:早く寝なさい
娘:今から寝るところ
→ベッドに入る直前

母:今日は何時に出かけるの?
娘:今出かけるところだ
→出かける直前

直前を表す「〜ところだ」は、【無意志動詞(むいしどうし)】には使うことができませんので注意(ちゅうい)しましょう😨

[例]
❌雨(あめ)が降(ふ)るところだ
⭕️雨が降りそうだ
(復習:〜そうだ(可能性)


「〜ところ」がつく文型はたくさんありますので「ところシリーズ」の1つとして覚(おぼ)えておきましょう😀
〜ところだ(V辞書形+ところだ)
〜ところだ(ている+ところだ)
〜ところだ(Vた+ところだ)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogていく(継起)
【接続】
動詞[形]+ていく 


【意味】
〜てから行(い)く


【例文】
①彼女(かのじょ)に花(はな)を買(か)っていく

②今日(きょう)は、ちょっとビールを飲(の)んでいこう

③A:今日はうちでごはんを食(た)べていってください
 B:ありがとうございます 

④A:疲(つか)れたね…
 B:うん。あそこのカフェで休憩(きゅうけい)していこう
(復習:「カフェ」と「コーヒー」) 


【説明】
「〜ていく」は「〜てから行(い)く」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「どこかに行く前(まえ)に何(なに)かをしてから行く」と言(い)いたい時(とき)に使用(しよう)します。「〜てくる(継起)」と一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう。
(復習:〜てくる(継起)) 

[例]
①彼女に花を買っていく
→彼女に花を買ってからデートに行く

②今日は、ちょっとビールを飲んでいこう
→ちょっとビールを飲んでから家(いえ)に帰(かえ)る

③A:今日はうちでごはんを食べていってくださいね
→うちでごはんを食べてから帰ってくださいね

④あそこのカフェで休憩していこう
→カフェで休憩してから(目的地に)行こう


【上級レベルの人へ】
「〜ていく」の話(はな)し言葉(ことば)は「〜てく」です。日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)に出(で)る口語形(こうごけい)ではありませんが、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉
(復習:〜てく

[例]
彼女に花を買っていく
=彼女に花を買ってく


「〜ていく」を使(つか)う文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう。 
(復習:〜ていく(継続)) 
(復習:〜ていく(消滅)) 
(復習:〜ていく(変化の進行)) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogているところだ
【接続】
動詞[ている形]+ところだ


【意味】
今(いま)〜ている
今〜ている最中(さいちゅう)



【例文】
①日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)しているところだ
日本語を勉強している

②料理(りょうり)をしているところだ
料理をしている

③ごはんを食(た)べているところだ
ごはんを食べている

④マンガを読(よ)んでいるところだ
マンガを読んでいる

⑤A:今何(なに)をしているの?
 B:ゲームをしているところだよ
ゲームをしている


【説明】
「Vている+ところだ」は「今(いま)〜している」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。この文型は、今動作(どうさ)が行(おこ)なわれていることを表(あらわ)します。進行中動作(しんこうちゅうどうさ)を表す「〜ている」と同(おな)じ意味ですので「ところ」がなくても意味が変(か)わりません😅「〜ているところだ」は動作が進行中だというのを強調(きょうちょう)したい時(とき)に使うと覚えておきましょう。
(復習:〜ている(進行中)

[例]
日本語を勉強しているところだ
「日本語を勉強する」という動作が行なわれている

ごはんを食べているところだ
「ごはんを食べる」という動作が行なわれている


「〜ところだ」は動詞の何形(なにけい)に使うかで意味が変わりますので、区別(くべつ)して覚えておきましょう。
〜ところだ(V辞書形+ところだ)
〜ところだ(ている+ところだ)
〜ところだ(Vた+ところだ)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


 

blogあまり〜ない
【接続】
あまり+動詞[ない形]
あまり+い形容詞[ーくない]
あまり+な形容詞[ーではない]


【意味】
程度(ていど)が高(たか)くない
頻度(ひんど)が高(たか)くない
量(りょう)が多(おお)くない



【例文】
①今日(きょう)はあまりお金(かね)を持(も)っていない
(復習:〜ている(結果の状態)

②この本はあまりおもしろくない

③このパンはあまりおいしくない

④牛乳(ぎゅうにゅう)があまり好(す)きではない

⑤最近(さいきん)忙(いそが)しいので、あまりテレビを見(み)なくなった

⑥このカレーはあまり辛(から)くない

⑦お酒(さけ)があまり飲(の)めない


【説明】
「あまり〜ない」は「程度(ていど)や頻度(ひんど)が高(たか)くない」「量(りょう)が多(おお)くない」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。後(うし)ろには否定形(ひていけい)がきます。形容詞(けいようし)に使(つか)う場合(ばあい)は「程度が高くない」という意味で、動詞(どうし)に使うと「程度が高くない・量が多くない」という意味になります😮

[例]
①今日はあまりお金を持っていない
→持っているお金の量が多くない
【「持つ」は動詞】

②この本はあまりおもしろくない
→「おもしろい」の程度が高くない
【「おもしろい」は形容詞】

③このパンはあまりおいしくない
→「おいしい」の程度が高くない
【「おいしい」は形容詞】

④牛乳があまり好きではない
→「好き」の程度が高くない
【「好き」は形容詞】

⑤最近忙しいので、あまりテレビを見なくなった
→テレビを見る頻度が高くない
【「見る」は動詞】

⑥このカレーはあまり辛くない
→「辛い」の程度が高くない
【「辛い」は形容詞】

⑦お酒があまり飲めない
→飲める量が多くない
【「飲む」は動詞】


「あまり〜ない」はN5の文型ですが、日常会話(にちじょうかいわ)でも、とてもよく使われます😊N2の文型「〜あまり」とは区別(くべつ)して覚(おぼ)えておきましょう。
(復習:〜あまり) 
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogことができる(可能)
*(復習:〜そうだ(可能性)

【接続】
動詞[辞書形]+ことができる
動詞[辞書形]+ことができない


【意味】
〜することが可能(かのう)な状態(じょうたい)だ
〜することが不可能(ふかのう)な状態だ



【例文】
①娘(むすめ):今日(きょう)は台風(たいふう)でどこにも行(い)くことができないな…
 母(はは):家(いえ)でしっかり勉強(べんきょう)することはできるわよ

②このお店(みせ)ではインターネットを使(つか)うことができる

③学校(がっこう)ではタバコを吸(す)うことができません

④雨(あめ)が降(ふ)っているので、今日(きょう)はテニスの練習(れんしゅう)をすることができないね… 

⑤図書館(としょかん)では、好(す)きな本(ほん)を借(か)りることができます
(復習:貸す・借りる

⑥東京(とうきょう)へは、電車(でんしゃ)や車(くるま)で行(い)くことができる


【説明】
「〜ことができる」は「〜することが可能(かのう)な状態(じょうたい)だ」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。否定形(ひていけい)は「〜ことができない」で、「〜することが不可能(ふかのう)な状態だ」となります。

[例]
①娘:今日は台風でどこにも行くことができないな…
 母:家でしっかり勉強することはできるわよ
→どこにも行くことが不可能な状態だ

②このお店ではインターネットを使うことができる
→インターネットを使うことが可能だ

③学校ではタバコを吸うことができません
→タバコを吸うことが不可能な状態だ

④雨が降っているので、今日はテニスの練習をすることができないね… 
→テニスをすることが不可能な状態だ

⑤図書館では、好きな本を借りることができます
→好きな本を借りることが可能です

⑥東京へは、電車や車で行くことができる
→東京へは、電車や車で行くことが可能だ


「〜ことができる」には【可能な状態】を表(あらわ)すものと【能力(のうりょく)】を表すものがありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😀

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ