絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 間違えやすい日本語

みなさんがよく知っている「しょうが」。「しょうが」は場面によって呼び方が変わる食べ物です😮では、どのような呼び方があるか見ていきましょう😊

①「しょうが」
しょうが

上の絵のように、スーパーなどで売っているそのままの状態のものは「しょうが」と呼びます😀漢字で「生姜」と書かれている場合もあります😉「豚肉のしょうが焼き」などは人気定番料理の1つですね😉


②「ガリ」
ガリ
お寿司を食べる時についているものは、一般的に「しょうが」とは言わず「ガリ」と言います😀お店によって違いますが、薄(うす)いピンク色のものや黄色のものがありますね😊お寿司屋さんに行った時、またはスーパーのお寿司売り場では「しょうが」ではなく「ガリ」と言いましょう😉


③「紅(べに)しょうが」
紅しょうが
牛丼(ぎゅうどん)の上には「赤色のしょうが」がのっている場合が多いですね。あれは「紅しょうが」と言います😌有名な牛丼屋さん「吉野家」などでも見ることができると思います😀牛丼以外には「焼きそば」の上にのっていたり、「たこ焼き」に入っていたりしますね😄


④「ジンジャークッキー」
ジンジャークッキー
アメリカやヨーロッパなどでよく作られる「しょうが入ったクッキー」は「しょうがクッキー」ではなく、「ジンジャークッキー」と言うのが一般的です😊「クッキー」に合わせて「しょうが」も外来語で「ジンジャー」と言います。クリスマスなどによく作られるクッキーですね😆


このように「しょうが」は場面によって色々な名前で呼ばれます😌みなさんも興味(きょうみ)があるものから覚えていってくださいね😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

みなさんは「ドア」と「」の使い方を間違っていませんか😮?
使い分けは簡単ですので絵で覚えてしまいましょう😊
blogドア
ドア」は「(と)」「(とびら)」とも呼ばれ、建物(家・店・ビルなど)や部屋に入る入り口のことを言います。「戸」「扉」と言ってもいいですが、「ドア」と呼ぶのが一般的です😀

[例]
玄関のドア
部屋のドア
トイレのドア
教室のドア
blogドア②
上の絵のようにコンビニやお店のドアは「自動」のものが多いですね。そのようなドアは「自動ドア」と言います😊また電車は建物ではありませんが「ドア」と言います。みなさんも日本で電車に乗った時に「ドアが閉まります。ご注意ください」というのを聞いたことがあると思います😉鉄道会社によっては「扉が閉まります。ご注意下さい」というアナウンスが流れる場合もありますね😀ですが、やはり日常会話では「ドア」というのが一般的です😄

余裕のある人へ
電車のように、車も「ドア」と言います。車のドアが完全に閉まっていない状態のことを「半ドア」と言います😮最近の車は「半ドア」だと知らせてくれるので便利ですよね😉
blog門①
」とは建物の外側につくられるもので、敷地への出入り口のことを表します😊学校の門は「校門」と呼ばれます😉

みなさんも会話で間違えないように気をつけてくださいね😀
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

 

イヤリング」と「ピアス」の違いを知っていますか😮?

日本語では「イヤリング」と「ピアス」ははっきりと使い分けがされていますので、間違えないように気をつけましょう😊
イヤリング
イヤリング」とは「耳につけるアクセサリー」のことですが、日本語では耳に穴を開けない状態でつけることができるもののことを指します😄
ピアス
ピアス」とは耳に穴を開けてつけるアクセサリーのことです😊また「イヤリング」とのもう1つの違いは、「ピアス」は耳以外にもつけることができます😮鼻につけるものは「鼻ピアス」、へそにつけるものは「へそピアス」「ボティーピアス」(体につけるピアスのこと)などと呼ばれます😀

【まとめ】
イヤリング→穴「なし」  ピアス→穴「あり
イヤリング→耳につける  ピアス→耳以外もOK

女性はもちろん、男性も女性から「プレゼントにピアスが欲しい!」と言われた場合に間違って買ってしまわないように覚えておくといいですね😉日本のデパートに行く機会がある人は一度、アクセサリー売り場をチェックしてみましょう。きっと「ピアス」「イヤリング」と区別して売られていると思いますよ😄
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

みなさんは「ハンバーガー」と「ハンバーグ」の使い方を間違えていませんか?
使い方はとても簡単ですので、絵で覚えてしまいましょう😆
blogハンバーガー
上の絵のように、マクドナルドなどのファストフード店で売られているものを「ハンバーガー」と言います。英語からの外来語ですね😊

[材料]
パン(バンズと呼ばれます)
肉(パティ・パテと呼ばれます)
レタス
トマト
チーズなど

パンに上記のような材料をはさんで作ります。上級レベルの人はハンバーガーのパンは「バンズ」肉は「パティ」または「パテ」と呼ぶと覚えておくといいですね😉また、前回説明しましたが、ハンバーガーには「わさび」や「からし」ではなく「マスタード」をつけましたね😊(「わさび」「からし」「マスタード」使い分け
blogハンバーグ
次に「ハンバーグ」です😄「ハンバーグ」とは「ハンバーグステーキ」の省略です

[材料]
ひき肉
たまねぎ
たまご
パン粉

上のような材料を混ぜて丸く形を整えて作ったものを焼いて食べるものです😀日本では子供にも大人気の料理です😊「ハンバーグステーキ」と言う人は少なく、ほとんどの場合は「ハンバーグ」と省略して呼ばれます。

みなさんも日本旅行した時にオーダーするチャンスがあるかもしれませんのでしっかり使い分けができるようにがんばってくださいね😆
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村

 

新聞」と「ニュース」をきちんと使い分けていますか😮?
blogニュース

新聞」とは「新聞紙」のことで、事件や事故の報道が紙に印刷されたものを指します。日本で有名なものですと「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」などがありますね😄
blogニュース2

ニュース」とは最新の情報や、新しく発生した事故・事件などの報道のことを意味します。

特に中国語話者の学生さんは混乱する傾向にありますのでしっかり区別できるといいですね😊
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
 

意外と間違いが多い「」と「おばけ」。みなさんは違いがわかりますか😮?
blog鬼
上の絵のように、日本の昔話(桃太郎や一寸法師など)に出てくるものを「」と言います。ほとんどの場合、色は赤や青、緑などで頭に角(つの)が生えています😀物語の中ではいつも悪者です😅
blogお化け
 次に「お化け」ですが、これも物語によく出てきます。左の絵のようにちょっとかわいいものから、右の絵のように人間が死んだ後に姿を変えて出てくるような怖いタイプのものまであります😊「幽霊」とも呼ばれることもあります😀

遊園地やテーマパークなどではよく「お化け屋敷(やしき)」がありますね。また、人によっては「お化け」や「幽霊」が見える人もいるようですので、普段の会話でよく使うのは「お化け」の方かもしれませんね😉 
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村 

おにぎり」と「にぎり」の使い分けがきちんとできていますか?

日本語では「おにぎり」と「にぎり」ははっきりと使い分けられていますので、間違えないようにしっかり覚えましょう😊
blogおにぎり
おにぎり」はごはんに何かを入れたり、味をつけたりして三角形などにしたものです。
blogにぎり

それに対して「にぎり」とは「にぎり寿し」のことで、ごはんの上に寿司ネタ(お寿司の食材)をのせたタイプの寿司のことです😀 女性でも「お」をつけずに「にぎり」と言わなければいけません😮
blog寿司種類
上の絵は「にぎり寿司」以外のお寿司の種類です。まとめて覚えられるといいですね😊 

意外に間違いの多い「食パン」と「トースト」…みなさんは使い分けができていますか?
blog食パン:トースト
上の絵のように、パン屋さんやコンビニなどで売っている「焼いていない状態のもの」は「食パン」または、単に「パン」と言います😀
blog食パン:トースト2
それに対して「焼いた状態の食パン」は「トースト」と言います。また焼いた状態のものは「食パン」「パン」と言ってもOKです😆
blog菓子パン
また、甘いパン味がついているパンは一般的に「菓子パン」と呼ばれています。まとめて覚えられるといいですね😊 

blogわさびvsからし
「わさび」を知っている人はたくさんいると思います。では「わさび」によく似ている「からし」を知っていますか😮?日本語の授業で「黄色いわさび」と言っている人がたくさんいましたが、これは「からし」というもので、日本では「わさび」とは材料も違い区別されています😊。

①「わさび」→緑色和食によく合う
わさび

②「からし(和からし)」→黄色和食や中華によく合う
からし
③「マスタード(洋からし)」→黄色洋食によく合う
マスタード
「からし」は英語で「マスタード」ですが、私たち日本人が「マスタード」と外来語を使うのは、ほとんどの場合、洋食に使用されるものを指します

日本食や日本料理が好きな人は見たり聞いたりする機会があるかもしれませんので、覚えておくと便利かもしれませんね😉

みなさんは「よだれ」と「つば」の使い分けができていますか😧?
「よだれ」「つば」はどちらも「唾液」のことですから、きちんと理解し、正しく使い分けるのはとても難しいですね😥
blogよだれvsつば

 一般的に、口の中でつくられる唾液のことを「つば」と言いい、それが無意識の間に垂れたものを「よだれ」と言います。また、意識的に外にだしたものは「つば」と言われます😀

【まとめ】
[つば]口の中でつくられる唾液・唾液を意識的に外にだしたもの
[よだれ]唾液が無意識の間に口の外に垂れてでたもの

【例外】
上の絵にあるようにくしゃみなどをした場合は、意識的にだしたものではありませんが「つばが飛ぶ」と言います。話している時に相手に飛ばしてしまう時も「つば」でOKです😊

中級〜上級レベルの人へ
前回、「落ちるvs落とす②」で説明したように、失敗や不注意を表す場合は自動詞・他動詞のどちらを使っても、ほとんど同じような意味で理解されます。

つばが飛んでしまった(自動詞)
つばを飛ばしてしまった (他動詞)


複雑で使い分けが難しいものは絵で覚えるのが一番ですね😆😆😆

↑このページのトップヘ