絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ: 日本語文法

blogというものだ(説明)
【接続】
動詞[辞書形]+というものだ
名詞[辞書形]+というものだ


【意味】
ものの内容の説明


【例文】
①彼女の夢(ゆめ)は、王子様(おうじさま)と結婚(けっこん)してお城(しろ)に住むというものだ

②困(こま)った時に助(たす)けてくれるのが、本当の友達というものだ


③山田くんの今年の抱負(ほうふ)は、1年間で100万円貯(た)めるというものだそうだ




④あの会社(かいしゃ)に就職(しゅうしょく)するための条件(じょうけん)は、N1に合格しているというものだった



⑤我が社(わがしゃ)の目標(もくひょう)は、コストを下(さ)げず品質(ひんしつ)の良いものを提供(ていきょう)するというものです



【説明】
「〜というものだ」は、ものの[内容(ないよう)]や[機能(きのう)]を説明(せつめい)する文型です。 何(なに)かについての内容を説明したり、ものの機能を言う時に使われます。

[例]
①彼女の夢は、王子様と結婚してお城に住むというものだ
【彼女の夢の内容】王子様と結婚してお城に住む

②困った時に助けてくれるのが、本当の友達というものだ
【本当の友達の説明】困った時に助けてくれる人

③山田くんの今年の抱負は、1年間で100万円貯めるというものだそうだ
【抱負の内容】1年で100万円貯める

④あの会社に就職するための条件は、N1に合格しているというものだった
【条件の内容】N1に合格している

⑤我が社の目標は、コストを下げず品質の良いものを提供するというものです
【目標の内容】コストを下げず品質の良いものを提供する


「〜というものだ」には「本当に〜だと思う」という意味もあります。また「という」や「もの」がつく文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【関連記事】


【「もの」がつく文型・「という」がつく文型リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogものと思われる
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ものと思われる
*な形容詞の現在辞書形は「ーな」+ものと思われる
*名詞の現在辞書形は「ーである」+ものと思われる


【意味】
たぶん〜だろう
おそらく〜だと思う



【例文】
①台風(たいふう)は、あさって日本に上陸(じょうりく)するものと思われます
→台風は、おそらくあさって日本に上陸するでしょう

 
②犯人(はんにん)は、ナイフを持ったまま逃(に)げたものと思われる
→たぶん犯人は、ナイフを持ったまま逃げたのだろう


③お金の貸し借り(かしかり)が、あの二人のケンカの原因(げんいん)になったものと思われる
→たぶん、お金の貸し借りがケンカの原因になったのだろう

④今回の事故(じこ)は、飲酒運転(いんしゅうんてん)によって起こったものと思われます
→おそらく飲酒運転によって起こったのだと思います


⑤近くの山で、2000年前に使われていたものと思われる壺(つぼ)が見つかったらしい
→たぶん2000年前に使われていただろうと推測される壺が見つかったらしい



【説明】
「〜ものと思われる」は[推測(すいそく)]を表(あらわ)す文型で、「たぶん〜だろう」「おそらく〜だと思う」という意味です。少しかたい言い方のため、書き言葉(かきことば)としてよく使用(しよう)され、多くの場合(ばあい)は改(あらた)まった場面(ばめん)で使われます。 




「もの」がつく文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【「もの」がつく文型】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogこともあって
【接続】
動詞・形容詞[普通形]+こともあって
名詞[普通形]+ということもあって


【意味】
他にも理由があるが、〜ので
他にも理由があるが、〜から



【例文】
①お母さんは、寝不足(ねぶそく)ということもあって虫の居所が悪い


②彼はスポーツができることもあって、すごくモテる


③いとことは年(とし)が近いこともあって、とても気が合う
*「年が近い」は「年齢(ねんれい)が同じくらい」という意味


④彼女が試合(しあい)を見に来ていたこともあって、すごく緊張(きんちょう)した

⑤田中さんは英語と中国語ができることもあって、大きな会社に就職(しゅうしょく)した


【説明】
「〜こともあって」は「他(ほか)にも理由(りゆう)があるが、〜ので」「他にも理由があるが、〜から」という意味の文型です。いくつか原因(げんいん)や理由がある中から、1つを選(えら)んで言う場合(ばあい)に使われます。

[例]
①お母さんは、寝不足ということもあって虫の居所が悪い
→寝不足だし疲れているので、虫の居所が悪い

②彼はスポーツができることもあって、すごくモテる
→イケメンだしスポーツもできるので、すごくモテる

③いとことは年が近いこともあって、とても気が合う
→年が近いし趣味も同じなので、とても気が合う

④彼女が試合を見に来ていたこともあって、すごく緊張した
→彼女もお母さんも妹も見に来ていたので、すごく緊張した

⑤田中さんは英語と中国語ができることもあって、大きな会社に就職した
→英語と中国語が話せるし、頭もいいので、大きな会社に就職した


[原因・理由]を表(あらわ)す「こと」がつく文型の復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉

【関連文型】




【「こと」がつく文型】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogと言えなくもない
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+と言えなくもない


【意味】
まあまあ〜だ
まあまあ〜だと言える


【例文】
①80点だったら、がんばったと言えなくもないわね

②A:田中さんの彼氏はイケメンなの?
 B:う〜ん、イケメンと言えなくもないかな



③彼の考え方が間違(まちが)っていると言えなくもない


④ここの料理はおいしいと言えなくもないが、ちょっと高すぎる


⑤あの歌手はとても人気があるが、歌が下手だと言えなくもない


【説明】
「Aと言えなくもない」は二重否定(にじゅうひてい)を使った文型で、「まあまあ、Aだ」「まあまあ、Aだと言える」という意味(いみ)です。「まあまあAだと言えるが、しかし〜」と言いたい時によく使われます。はっきりと「Aだ」「Aだと言える」と断定(だんてい)しない場合(ばあい)に使用(しよう)される文型です。

[例]
①80点だったら、がんばったと言えなくもないわね
→80点だったら、まあまあがんばったと言えるわね

②う〜ん、イケメンと言えなくもないかな
→まあまあイケメンかな

③彼の考え方が間違っていると言えなくもない
→彼の考え方が少し間違っていると思う

④ここの料理はおいしいと言えなくもないが、ちょっと高すぎる
→まあまあおいしいが、ちょっと高すぎる

⑤あの歌手はとても人気があるが、歌が下手だと言えなくもない
→まあまあ下手だと言える…


日本語には、他(ほか)にも二重否定を表(あらわ)す文型がありますので復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉

【二重否定の文型】






語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogでもしたら
【接続】
動詞[ます形]+でもしたら
名詞[辞書形]+でもしたら


【意味】
もし〜したら


【例文】
①母:どうしたの?
 娘:急(きゅう)に雨が降(ふ)ってきちゃって…
 母:早く乾(かわ)かしなさい。かぜをひきでもしたら大変(たいへん)よ




②お兄ちゃんのゲームを壊(こわ)しでもしたら、すごく怒(おこ)られるだろう…



③もっと注意(ちゅうい)して運転(うんてん)しなさい!事故(じこ)を起(お)こしでもしたらどうするの!

④母:早く寝(ね)なさい!明日、寝坊(ねぼう)でもしたら試験(しけん)が受(う)けられなくなっちゃうわよ
 息子:は〜い

⑤歩きスマホはしちゃだめだよ!階段(かいだん)から落(お)ちでもしたら大(おお)ケガするよ





【説明】
「AでもしたらB」は「もしAしたらB」という意味(いみ)の文型です。「B」には、よくないことや、困(こま)った状況(じょうきょう)が入(はい)ります。「もしAしたら、Bのようなよくない状況になるよ」と言いたい時に使われ、相手(あいて)を心配(しんぱい)したり、注意(ちゅうい)をするように言う時に使用(しよう)されます。


[例]
①早く乾かしなさい。かぜをひきでもしたら大変よ
→もしかぜをひいたら大変よ
【よくないこと】かぜをひく

②お兄ちゃんのゲームを壊しでもしたら、すごく怒られるだろう…
→もしお兄ちゃんのゲームを壊したら、すごく怒られるだろう
【よくないこと】すごく怒られる

③もっと注意して運転しなさい!事故を起こしでもしたらどうするの!
→もし事故を起こしたらどうするの!
【よくないこと】事故を起こす

④明日、寝坊でもしたら試験が受けられなくなっちゃうわよ
→もし寝坊したら、試験が受けられなくなっちゃうわよ
【よくないこと】試験が受けられない

⑤歩きスマホはしちゃだめだよ!階段から落ちでもしたら大ケガするよ
→もし階段から落ちたら、大ケガするよ
【よくないこと】大ケガ


「〜でも」には、例(れい)をあげて言う用法(ようほう)もありますので復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【関連記事】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogても知らない
【接続】
動詞[形]+ても知らない


【意味】
〜していたら、〜という悪い結果になるよ
〜という状況になっても、助けてあげないよ



【例文】
①母:早く起(お)きなさい!学校に遅(おく)れても知(し)らないわよ!
 娘:は〜い

②A:毎日(まいにち)遊んでばかりいるね…試験(しけん)に落(お)ちても知らない
 B:今日からちゃんと勉強するよ…


③そんなに甘い物ばっかり食べて…太っても知らない


④A:山田くんには、お金(かね)を貸(か)さないほうがいいよ!
 B:大丈夫だよ。明日返(かえ)してくれるって言ってるし
 A:…どうなっても知らない




⑤A:暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)はよくないよ…
 B:若(わか)いから平気(へいき)だよ〜
 A:…病気(びょうき)になっても知らない



【説明】
「〜ても知らない」は、相手(あいて)に対(たい)する[忠告(ちゅうこく)]や[警告(けいこく)]を表(あらわ)す文型です。「〜していたら、〜という悪(わる)い結果(けっか)になるよ」「〜しなかったら、〜できないよ」と言いたい時に使われます。「〜していたら、〜という悪い結果になるから、〜しないほうがいいよ」「〜になっても、私は助(たす)けてあげないよ!」と言いたい場合(ばあい)にも使用(しよう)されます。



[例]
①早く起きなさい!学校に遅れても知らないわよ!
→早く起きないと、学校に遅れるわよ!
 学校に遅れるから、早く起きなさい!

②毎日遊んでばかりいるね…試験に落ちても知らない
→遊んでばかりいると、試験に落ちるよ!
 試験に落ちるかもしれないから、ちゃんと勉強したほうがいいよ!

③そんなに甘い物ばっかり食べて…太っても知らない
→甘いものばっかり食べてたら、太るよ!
 太るから、甘い物ばかり食べないほうがいいよ!

④A:山田くんには、お金を貸さないほうがいいよ!
 B:大丈夫だよ。明日返してくれるって言ってるし
 A:…どうなっても知らない
→山田くんにお金を貸さないほうがいいよ
 もし返してもらえなくても、私は助けてあげないよ

⑤A:暴飲暴食はよくないよ…
 B:若いから平気だよ〜
 A:…病気になっても知らない
→暴飲暴食していたら、病気になってしまうよ
 病気になるから、暴飲暴食はしないほうがいいよ
 

「〜ても知らない」は、日常会話(にちじょうかいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておきましょう😉

【日本語文法リスト】


【会話で使う表現リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogならいらしらず
【接続】
動詞[普通形]+ならいざしらず
名詞[辞書形]+ならいざしらず


【意味】
〜ならしかたないが、〜は
〜ならまだいいが、〜は



【例文】
①英語を始(はじ)めて1年くらいならいざしらず、5年も勉強しているのに話せるようにならない
→1年くらいならしかたないが、5年も勉強しているのに話せるようにならない




②20年前ならいざしらず、現在(げんざい)はネットなしでは生活(せいかつ)できないと思う
→20年前ならなくてもしかたないが、現在ではネットなしでは生活できないと思う


③彼は病気(びょうき)だったならいざしらず、元気だったのに学校を休んだらしい
→病気だったらしかたないが、元気だったのに学校を休んだらしい


④小学生ならいざしらず、大学生なのにお母さんに部屋(へや)の掃除(そうじ)をしてもらっているなんて…
→小学生ならしかたないが、大学生なのに掃除をしてもらっているなんて…


⑤A:彼氏(かれし)にドタキャンされたって本当(ほんとう)?
 B:うん。仕事(しごと)ならいざしらず、友達と飲みに行くからって言われたの…
 A:ひどい!そんな人とは別(わか)れたほうがいいよ!!
→仕事ならしかたないけど、友達と飲みに行くからって言われたの





【説明】
「AならいざしらずB」は「Aならしかたないが、Bは〜」「Aならまだいいが、Bは〜」という意味の文型です。「〜ならいざしらず」は「〜はいざしらず」を使って表(あらわ)すこともできます。「B」には「びっくりした」「大変(たいへん)だ」「ひどい」といった気持(きも)ちを表す表現(ひょうげん)がよく使われます。ほとんどの場合(ばあい)、書き言葉(かきことば)として使用(しよう)されます。




「〜ならいざしらず」と「〜はいざしらず」は、セットで覚(おぼ)えておきましょう😉

【日本語文法リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogいざ〜となると

【接続】
いざ+動詞[辞書形]+となると
いざ+名詞[辞書形]+となると


【意味】
実際に〜する時になると


【例文】
いざ告白(こくはく)するとなると何も言えなくなった
→実際(じっさい)に告白する時になると、何も言えなくなった

いざ英語を話すとなると、うまく話せない…
→実際に英語を話す場面(ばめん)になると、うまく話せない…

③留学するのが夢(ゆめ)だったが、いざ行くとなると少し不安(ふあん)になってきた
→実際に行くと決まると、少し不安になってきた


④試合(しあい)に向(む)けて毎日練習をしてきたが、いざ試合となると練習通(どお)りにはいかなかった
→実際に試合をしている時は、練習通りにはいかなかった



⑤言うのは簡単だが、いざやるとなると、なかなかできないものだ
→実際やるとなると、なかなかできないものだ




【説明】
「いざ〜となると」は「実際に〜する時になると」という意味の文型です。「実際に〜する状況(じょうきょう)になると、〜できない」「実際に〜する時になると、〜するのは難(むずか)しいと感(かん)じる」と言いたい時に使われます。いつもは「簡単にできる」と思っていることでも、実際にそれをすることになった時に、「〜するのは意外(いがい)に大変だ」「〜するのは、思っていたよりも難しい」と感じる気持ちを表(あらわ)します。「いざとなると」「いざとなったら」という言い方もありますので、一緒(いっしょ)に覚えておきましょう。

[例]
告白しようとしたが、いざとなると何も言えなくなった
告白しようとしたが、いざとなったら何も言えなくなった



「いざ〜となると」は、よく使われる文型ですので覚えておきましょう😉

【日本語文法リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村



 

blogた拍子に
【接続】
動詞[た形]+拍子に
動詞[た形]+拍子で


【意味】
〜たことで〜した
〜たことで〜が起こった



【例文】
①くしゃみをした拍子(ひょうし)に鼻水(はなみず)が出た
→くしゃみをした瞬間(しゅんかん)に、鼻水が出た

②転(ころ)んだ拍子に頭(あたま)を打(う)ってしまった
→転んだことで、頭を打ってしまった


③つまずいた拍子に、お皿(さら)を落(お)として割(わ)ってしまった
→つまずいたことで、お皿を落として割ってしまった



④ぶつかった拍子に転(ころ)んでしまった
→ぶつかって転んでしまった

⑤言いたいことを忘(わす)れてしまっても、何かの拍子に思い出すこともある
→何か別のことをした瞬間に思い出すこともある




【説明】
「A拍子(ひょうし)にB」は「AしたことでBした」「AしたことでBが起(お)こった」という意味の文型です。「B」には偶然(ぐうぜん)起こってしまったことが入り、「Aした瞬間(しゅんかん)に、Bしてしまった」「Aした瞬間に、Bが起こった」と言いたい時に使われます。 不注意(ふちゅうい)だったことが原因(げんいん)で何かが起こってしまった時や、うっかりしていたために何かよくないことが発生(はっせい)した時によく使われます。



似(に)ている文型に「〜た弾(はず)みに・〜た弾みで」がありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【関連記事】


【日本語文法リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogときているから
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ときているから


【意味】
〜だから、当然
〜という状態なので



【例文】
①ここのパンは安くておいしいときているから、いつもお客さんがたくさん来ている
→ここのパンは安くておいしいので、お客さんがたくさん来るのは当然(とうぜん)だ

②彼はイケメンでスポーツができるときているから、すごくモテる
→彼はイケメンでスポーツができるから、すごくモテるのは当然のことだ



③このスマホは操作(そうさ)がすごく簡単ときているから、お年寄(としよ)りに人気がある
→このスマホは操作がすごく簡単なので、お年寄りに人気があるのは当然だ

④彼女は頭(あたま)がよくて3ヶ国語が話せるときているから、就職(しゅうしょく)には困らないだろう
→彼女は頭がよくて3カ国語が話せるから、就職には困らないだろう

⑤今日は熱(ねつ)があるだけでなく頭痛(ずつう)がひどいときているから、会社(かいしゃ)を休むことにした 
→熱があるだけでなく頭痛がひどいので、会社を休むことにした




【説明】
「AときているからB」は「Aだから、当然(とうぜん)B」という意味の文型です。「Aという状態(じょうたい)なので、Bなのは当然のことだ」と言いたい時に使われ、当然の結果(けっか)を表(あらわ)します。


「〜ときているから」は勉強する機会(きかい)が少ない文型の1つです。上級(じょうきゅう)レベルの人は覚えておきましょう😉

【日本語能力試験文法リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ