絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 上級文法(N1〜N2)

blogはおろか


【接続】
動詞[辞書形]+の+はおろか
名詞[辞書形]+はおろか


【意味】
〜はもちろん、〜も
〜は当然(とうぜん)として、〜も



【例文】
①お父(とう)さんは料理(りょうり)のし方(かた)はおろか、野菜(やさい)の洗(あら)い方も知(し)らない
→お父さんは料理のし方はもちろん、野菜の洗い方も知らない

②この村(むら)にはスーパーはおろか、コンビニすらない 
→この村にはスーパーはもちろん、コンビニすらない

③マイクは日本人(にほんじん)と結婚(けっこん)したのに、漢字(かんじ)はおろかひらがなさえ読(よ)めない
→漢字はもちろん、ひらがなさえ読めない

④のどが痛(いた)くて、ジュースはおろか水(みず)を飲(の)むこともできない
→ジュースはもちろん、水も飲むこともできない


⑤このアパートにはお風呂(ふろ)はおろか、トイレもない
→お風呂はもちろん、トイレもない

⑥足(あし)の骨(ほね)が折(お)れてしまったので、歩(ある)くのはおろか立(た)つことさえできない 
→歩くのはもちろん、立つことさえできない



【説明】
「AはおろかB」は「Aはもちろん、Bも〜」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。後(うし)ろにはよくないことがきますので、ほとんどの場合(ばあい)は否定形(ひていけい)が使(つか)われます。「B」には「A」よりも【程度(ていど)がすごいもの】や【程度がひどいもの】が入(はい)ると覚(おぼ)えておきましょう。

[例]
①お父さんは料理のし方はもちろん、野菜の洗い方も知らない
【A】料理のし方
【B】野菜の洗い方
→野菜の洗い方を知らないことは料理のし方を知らないよりもひどい

②この村にはスーパーはおろか、コンビニすらない 
【A】スーパー
【B】コンビニ
→スーパーよりもコンビニがないことの方がひどい

③マイクは日本人と結婚したのに、漢字はおろかひらがなさえ読めない
【A】漢字
【B】ひらがな
→漢字が読めないよりひらがなが読めない方がひどい

④のどが痛くて、ジュースはおろか水を飲むこともできない
【A】ジュース
【B】水
→ジュースが飲めない状態より水が飲めない状態の方がひどい

⑤このアパートにはお風呂はおろか、トイレもない
【A】お風呂
【B】トイレ
→お風呂がないことより、トイレがないことの方がひどい

⑥足の骨が折れてしまったので、歩くのはおろか立つことさえできない 
【A】歩く
【B】立つ
→歩くことができないことより、立つこともできない方が骨折の状態がひどい


「〜はおろか」とよく一緒(いっしょ)に使われる文型を復習(ふくしゅう)しておきましょう。

[「〜はおろか」とよく使われる文型]
・〜はおろか+〜も
・〜はおろか+〜さえ
・〜はおろか+〜すら 
・〜はおろか+〜まで





「〜はおろか」はかたい言(い)い方です。N1を受(う)ける人はしっかりと覚(おぼ)えておきましょう。


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogにもまして
【接続】
名詞[辞書形]+にもまして
疑問詞+にもまして


【意味】
〜もそうだが、〜はそれ以上(いじょう)に
〜以上に



【例文】 
①今回(こんかい)のN1は、前(まえ)にもまして難(むずか)しかったの…
→前のN1も難しかったが、今回は前よりももっと難しかったの…

②がんばって勉強(べんきょう)したことが、何(なに)にもまして大切(たいせつ)なんだよ
→がんばって勉強したことが、何よりも一番大切なんだよ

③今日(きょう)の山田(やまだ)くんは、いつにもましてケチだ… 
→今日の山田くんは、いつも以上(いじょう)にケチだ…

④去年(きょねん)にもまして、今年(ことし)は寒(さむ)いね
→去年も寒かったが、今年はそれ以上に寒いね

⑤夏(なつ)の暑(あつ)さにもまして嫌(いや)なのは、湿気(しっけ)だ
→夏の暑さも嫌だが、湿気はそれ以上に嫌だ

⑥以前(いぜん)にもまして、日本語(にほんご)が上手(じょうず)になったね!
→以前よりもっと日本語が上手になったね!

⑦彼女(かのじょ)は、誰(だれ)にもまして親切(しんせつ)だ
→彼女は、誰よりも親切だ


【説明】
「AにもましてB」は「Aもそうだが、Bはそれ以上(いじょう)に〜」「A以上にB」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「疑問詞(ぎもんし)+にもまして」「Aにもまして〜のはBだ」という形(かたち)がよく使(つか)われます。「前(まえ)にもまして・以前(いぜん)にもまして」は「前よりもっと」という慣用的表現(かんようてきひょうげん)です。

「疑問詞+にもまして」
いつにもまして→いつも以上に
にもまして→誰よりも
にもまして→何よりも一番・最(もっと)も
どこにもまして→どこよりも

「前にもまして・以前にもまして」
→前よりもっと

「Aにもまして〜のはBだ」
→Aはもちろん〜だが、Bはもっと〜だ

また、「A。それにもましてB」という形もあります。

[例]
去年は寒かった。それにもまして今年は寒い


「〜にもまして」は漢字(かんじ)で書くと「〜にも増して」と書きます。使われる形が決(き)まっていますので、覚えておくといいと思います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogなり(Vた+なり)
【接続】
動詞[た形]+なり


【意味】
〜たまま
〜た状態(じょうたい)で



【例文】
①父(ちち):ただいま…お母(かあ)さんはどこだ?
 娘(むすめ):ケンカして、部屋(へや)に入(はい)ったなり出(で)てこないの…
→部屋に入ったままで、まだ出てこないの…


②母(はは):お父(とう)さんは朝(あさ)出(で)かけたなり、まだ帰(かえ)ってこないの 
 娘:残業(ざんぎょう)なんじゃない? 
→朝出かけたままで、まだ帰ってこないの


③彼女(かのじょ)は下(した)を向(む)いたなり、泣(な)き続(つづ)けた
→下を向いたまま、泣き続けた

④彼(かれ)は座(すわ)ったなり何(なに)も言(い)わなくなってしまった 
→座ったまま、何も言わなくなってしまった


【説明】
「〜なり」は動詞(どうし)の[た形]と一緒(いっしょ)に使(つか)うと、「〜たまま」「〜た状態(じょうたい)で」という意味(いみ)になります。ある状態が続(つづ)いていると言(い)いたい時(とき)に使(つか)われます。 「Aなり」の形(かたち)で、「Aした後(あと)、起(お)こると思(おも)ったことが起こらないで、Aの状態が続いている」という意味で使用(しよう)することもあります。

[例] 
お父さんは、朝出かけたなりまだ帰ってこない
【起こると思ったこと】帰ってくる
→帰ってくると思ったのに、まだ帰ってこない状態が続いている


「Vた+なり」はかたくて、少(すこ)し古(ふる)い言い方ですので、聞(き)く機会(きかい)は少ないかもしれません…😯N1を受(う)ける人(ひと)はテストのために「V辞+なり」 と区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😊

[例]
彼女は下を向いたなり、泣き続けた
→下を向いたまま泣き続けた

彼女は下を向くなり、泣き出した
→下を向くとすぐに泣き出した




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogなり①(V辞+なり)
【接続】
動詞[辞書形]+なり


【意味】
〜すると、すぐに〜


【例文】
①娘(むすめ)は帰(かえ)ってくるなりゲームをし始(はじ)めた
→娘は、帰ってくるとすぐにゲームをし始めた

②彼女(かのじょ)は手紙(てがみ)を読(よ)むなり笑(わら)い出(だ)した
→彼女は手紙を読むとすぐに笑い出した

③山田(やまだ)くんは授業(じゅぎょう)が始まるなり寝(ね)てしまった 
→山田くんは授業が始まるとすぐに寝てしまった

④お母(かあ)さんは部屋(へや)に入ってくるなり怒(おこ)り始めた 
→お母さんは部屋に入ってくると、すぐに怒り始めた

⑤彼女は下(した)を向(む)くなり泣(な)き出した 
→彼女は下を向くとすぐに泣き出した


【説明】
「〜なり」は、動詞(どうし)の[辞書形]と一緒(いっしょ)に使(つか)うと「〜すると、すぐに〜」という意味(いみ)になります。「〜は、〜すると、すぐに意外(いがい)なことをした」と言いたい時に使います。この文型は三人称(さんにんしょう)に使うもので、一人称(私)・二人称(あなた)に使うことができません😬 

[例]
⭕️は家に帰るなりゲームをした(「娘」は三人称)
は家に帰るなりゲームをした(「私」は一人称)
あなたは家に帰るなりゲームをした(「あなた」は二人称)

また、前(まえ)と後(うしろ)ろの主語(しゅご)は同(おな)じでなければいけません😨

[例]
⭕️は家に帰るなり、(は)夕食を作り始めた
は家に帰るなりお母さんは夕食を作り始めた


「〜なり」には「Vた+なり」の形もありますので、一緒に覚えておきましょう。また、類似(るいじ)文型もいくつかありますので、N1を受(う)ける人は復習(ふくしゅう)をしておきましょう。


【「〜なり(V辞+なり)」類似文型】







語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogに先立って
【接続】
動詞[辞書形]+に先立って
名詞[辞書形]+に先立って


【意味】
〜する前(まえ)に〜をしておく
〜の準備(じゅんび)として〜しておく



【例文】 
①引越(ひっこ)しに先立って、いらないものを捨(す)てた
→引越しする前に、いらないものを捨てた

②年末(ねんまつ)に先立(さきだ)って、大掃除(おおそうじ)をしなければいけない
→年末になる前(まえ)に、大掃除をしなければいけない


③留学(りゅうがく)に先立って、必要(ひつよう)なものを買(か)いに行(い)った
→留学する前に、必要なものを買っておいた

④海外旅行(かいがいりょこう)に先立って、パスポートをつくっておいた 
→海外旅行の準備(じゅんび)として、パスポートをつくっておいた

⑤オリンピック開催(かいさい)に先立って、競技場(きょうぎじょう)が建(た)てられた
→オリンピックを開催する前に、競技場が建てられた

⑥忘年会(ぼうねんかい)を始(はじ)めるに先立って、社長(しゃちょう)より一言(ひとこと)いただきたいと思(おも)います
→忘年会を始める前に、社長より一言いただきたいと思います


【説明】
「Aに先立(さきだ)ってB」は「Aする前(まえ)にBをしておく」「Aの準備(じゅんび)としてBしておく」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型です。これは「事前(じぜん)に準備する」と言(い)いたい時に使(つか)われる文型ですので、「Aに先立って、Bておく」 という形(かたち)がよく使われます。「A」には、特別(とくべつ)なこと規模(きぼ)が大(おお)きいことが入(はい)ります。後(うし)ろに名詞(めいし)がくる場合(ばあい)は「〜に先立つ+名詞」になります。

[例]
年末に先立つ準備をしなければいけない 


「〜に先立って」とよく一緒(いっしょ)に使われる「〜ておく」の復習(ふくしゅう)もしておきましょう😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogともなく(無意識)
【接続】
動詞[辞書形]+ともなく


【意味】
〜しようというつもりなく、〜する


【例文】
①読(よ)むともなく雑誌(ざっし)を読(よ)んでいたら、山田(やまだ)くんが載(の)っていた
→なんとなく雑誌を読んでいたら、山田くんが載っていた

②毎日(まいにち)韓(かん)ドラを見ていたら、韓国語(かんこくご)を覚(おぼ)えるともなく覚えてしまった
→韓国語を覚えようというつもりはなかったが覚えてしまった
*「韓ドラ」とは「韓国ドラマ」のことです😊


③ラジオを聞(き)くともなく聞いているうちに寝(ね)てしまった
→なんとなくラジオを聞いていたら、寝てしまった


④何(なに)を考(かんが)えるともなく、一日中(いちにちじゅう)ぼうっとしていた
→特(とく)に何も考えずに、一日中ぼうっとしていた

⑤子供(こども)は、誰(だれ)から習(なら)うともなく言葉(ことば)を覚(おぼ)えてしまう
→習おうという意志がなくても、自然(しぜん)に覚えてしまう


【説明】
「〜ともなく」は「〜しようというつもりなく、なんとなく〜する」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。この文型は、「はっきりとした目的(もくてき)がなく〜する」という意味を表(あらわ)すもので、無意識(むいしき)に何(なに)かをするという時に使われます。多くの場合「AともなくA」というように、同じ動詞(どうし)を繰(く)り返(かえ)して使います。よく一緒(いっしょ)に使われる動詞をいくつか覚えておきましょう😊

[「〜ともなく」とよく一緒に使われる動詞]
見るともなく
話(はな)すともなく
聞くともなく
言(い)うともなく
考えるともなく 


「〜ともなく」には【不確(ふたし)か】を表すものもありますので、一緒に覚えておきましょう😀
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogともなく(不確か)
【接続】
疑問詞+ともなく


【意味】
〜か、よくわからないが〜
〜か、はっきりわからないが〜 



【例文】
①山田(やまだ)くんは会計(かいけい)をする時(とき)になると、どこへともなく行(い)ってしまう


②どこからともなく、パンのいいにおいがする


③どこからともなくきれいな歌声(うたごえ)が聞(き)こえてくる


④日本(にほん)では、いつからともなくクリスマスにフライドチキンを食(た)べるようになった



⑤コンサートが終(お)わると、誰(だれ)からともなく拍手(はくしゅ)が起(お)こった

⑥卒業(そつぎょう)してから友達(ともだち)とは、どちらからともなく連絡(れんらく)をしなくなった


【説明】 
「〜ともなく」は疑問詞(ぎもんし)と一緒(いっしょ)に使(つか)われ、「〜か、よくわからないが〜」「〜か、はっきりわからないが〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。多(おお)くの場合(ばあい)は「疑問詞+助詞(じょし)+ともなく」という形(かたち)で使われます。 

[例]
①山田(やまだ)くんは会計(かいけい)をする時(とき)になると、どこへともなく行(い)ってしまう
→どこへか、はっきりわからないが行ってしまう

どこからともなく、パンのいいにおいがする
→どこからかよくわからないが、パンのいいにおいがする

どこからともなくきれいな歌声(うたごえ)が聞(き)こえてくる
→どこからかよくわからないが、きれいな歌声が聞こえてくる

④日本(にほん)では、いつからともなくクリスマスにフライドチキンを食(た)べるようになった
→いつからかはっきりわからないが、フライドチキンを食べるようになった

⑤コンサートが終(お)わると、誰(だれ)からともなく拍手(はくしゅ)が起(お)こった
→誰からかわからないが、拍手が起こった

⑥卒業(そつぎょう)してから友達(ともだち)とは、どちらからともなく連絡(れんらく)をしなくなった
→どちらからかわからないが、連絡をしなくなった 

また[不確か]を表す「〜ともなく」は、「〜ともなしに」にチェンジすることができます。

[例]
どこからともなく、パンのいいにおいがしてきた
=どこからともなしに、パンのいいにおいがしてきた


「〜ともなく」には【無意識(むいしき)に〜する】という意味もありますので、一緒に覚(おぼ)えておきましょう😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogたら最後

【接続】
動詞[形]+たら最後 
動詞[た形]+が最後


【意味】
〜したら、〜のような悪(わる)い結果(けっか)になる


【例文】
①あのクッキーは食(た)べ始(はじ)めたら最後(さいご)、食べ続(つづ)けてしまうよ…
→あのクッキーは食べ始めたら食べ続けてしまうよ
[悪い結果]クッキーがなくなるまで食べ続けてしまう

②カンニングなんてしたら最後、退学(たいがく)になる
→カンニングなんてしたら、退学になる
[悪い結果]退学



③山田(やまだ)くんがマイクを持(も)ったら最後、歌(うた)い続けるよ…
→山田くんがマイクを持ったら、歌い続けるよ
[悪い結果]一人(ひとり)で歌い続ける

④失敗(しっぱい)したら最後、首(くび)にされてしまう
→失敗したら、首にされてしまう
[悪い結果]首になる


⑤彼(かれ)にお金(かね)を貸(か)したら最後、絶対(ぜったい)に返(かえ)してもらえないよ
→彼にお金を貸したら、絶対に返してもらえないよ
[悪い結果]お金が返ってこない


⑥このドラマは見(み)だしたら最後、続きが気(き)になって寝(ね)られなくなるそうだ
→ドラマを見だしたら、続きが気になってなられなくなる
[悪い結果]寝られなくなる


【説明】
「〜たら最後・〜が最後」は「〜したら、〜のような悪(わる)い結果(けっか)になる」という意味の文型です。これは「一度〜したら〜のような悪い結果になって、元(もと)に戻(もど)ることができない」と言いたい時に使われます。後(うし)ろには悪い結果】【よくないこと】が入(はい)ると覚えておきましょう。また「〜たら最後」は「〜が最後」にチェンジすることができます😊

[例]
①あのクッキーは食べ始めたら最後、食べ続けてしまうよ…
=あのクッキーは食べ始めたが最後、食べ続けてしまうよ…

②カンニングなんてしたら最後、退学になる
=カンニングなんてしたが最後、退学になる


【余裕がある人へ】
「〜たら最後・〜たが最後」には「〜たら最後だ。・〜が最後だ。」という形(かたち)もあります。悪い結果を表す部分(ぶぶん)が省略(しょうりゃく)される形です。

[例]
カンニングなんてしたら最後だ

彼にお金を貸したら最後だよ…


「〜たら最後」は「〜が最後」に比(くら)べて口語的(こうごてき)です。N1を受(う)ける人はどちらも覚えておきましょう😀


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogを経て
【接続】
名詞[辞書形]+を経て


【意味】
〜の時間(じかん)が経(た)ったあとで[時間]
〜を経験(けいけん)して[経験]
〜を通(とお)って[場所]
〜の状態(じょうたい)を通(とお)して[過程]



【例文】
①留学(りゅうがく)を経て日本語(にほんご)はもちろん、いろんなことを学んだ

②うちのお父(とう)さんとお母(かあ)さんは、10年間(ねんかん)の交際(こうさい)を経(へ)て結婚(けっこん)したらしい


③日本(にほん)から、韓国(かんこく)を経てフランスに行(い)きました

④3か月(げつ)の研修期間(けんしゅうきかん)を経て、正社員(せいしゃいん)になりました

⑤いろんな経験(けいけん)を経て、人(ひと)は成長(せいちょう)していくものだ



【説明】 
「Aを経(へ)てB」は「Aを通(とお)ってB」という意味を表す文型です。「A」には[時間(じかん)][経験(けいけん)][場所(ばしょ)]を表す言葉が入(はい)ります。

「時間」〜の時間が経ったあとで
「経験」〜を経験して
「場所」〜を通って

[例]
①留学を経て日本語はもちろん、いろんなことを学んだ
→留学を経験して日本語はもちろん、いろんなことを学んだ

②うちのお父さんとお母さんは、10年間の交際を経て結婚したらしい
→10年の期間が経ったあとで、結婚したらしい

③日本から、韓国を経てフランスに行きました
→韓国を通ってフランスに行きました

④3か月の研修期間を経て、正社員になりました
→3か月の期間が経ったあとで、正社員になりました

⑤いろんな経験を経て、人は成長していくものだ
→いろんな経験をして、人は成長していくものだ 


「〜を経て」は、[時間]や[場所]によく使われると覚(おぼ)えておきましょう😀

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogV辞+ままに
【接続】
動詞[辞書形]+ままに


【意味】
好(す)きなように〜する
〜にまかせて



【例文】
①旅行(りょこう)に持(も)っていくものを、思(おも)いつくままに書(か)き出(だ)す
→思いつくものを紙(かみ)に書き出す

②思(おも)うままに絵(え)を描(か)いた
→好(す)きなように、自由(じゆう)に絵を描いた

③足(あし)の向(む)くままに歩(ある)き続(つづ)けた
→目的地(もくてきち)を決(き)めずに、その時(とき)の気分(きぶん)にまかせて歩き続けた

④気(き)の向くままに旅(たび)に出(で)た
→目的地を決めずに旅に出た

⑤風(かぜ)の吹(ふ)くままに洗濯物(せんたくもの)が揺(ゆ)れている
→風にまかせて洗濯物が揺れている


【説明】
「〜ままに〜する」は「〜にまかせて〜する」「自分(じぶん)の好(す)きなように〜する」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。この文型はほとんど決(き)まった動詞(どうし)に使われ、慣用句(かんようく)のように使われます。使用(しよう)される動詞は多(おお)くありませんので、いくつか覚(おぼ)えておくといいと思います😀

[例]
思うままに〜
→好きなように

足の向くままに〜
→目的地を決めずに、その時の気分(きぶん)にまかせて

気の向くままに〜
→目的地を決めずに〜
→あまり深(ふか)く考(かんが)えずに、〜たいという気持(きもち)ちにまかせて

風の吹くまま気の向くまま【慣用表現(かんようひょうげん)】
何(なに)も決(き)めずに、その時(とき)の状況(じょうきょう)や気分(きぶん)で〜する


「V辞+ままに〜する」は「Vられるままに〜する」と一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😀 



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ