絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 中級文法(N2〜N3)

blogこととなると
【接続】
名詞[辞書形]+こととなると
名詞[辞書形]+ことになると


【意味】
〜の話(はなし)になると


【例文】
①山田(やまだ)くんはお金(かね)のこととなると、すぐ向(む)きになる
→お金の話になると、すぐ向きになる


②家(いえ)では優(やさ)しい父(ちち)だが、仕事(しごと)のこととなるととても厳(きび)しくなるらしい
→仕事の話になると、とても厳しくなるらしい


③いつもおとなしい田中(たなか)さんだが、好(す)きなアイドルのこととなると話(はなし)がとまらない
→好きなアイドルの話になると、話がとまらない


④部長(ぶちょう)はいつもこわい顔(かお)をしているが、娘(むすめ)のこととなると優しい顔になる
→娘の話になると、優しい顔になる


【説明】
「〜こととなると」は「〜の話(はなし)になると」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。これは「〇〇さんは、〜の話になると、いつもと違(ちが)う感(かん)じになる」というように、「〜の話になったら、すごく人(ひと)が変(か)わる」「〜の話になると、すごく態度(たいど)が変わる」と言いたい時(とき)によく使(つか)われます。また、「〜こととなると」は「〜ことになると」にチェンジすることができます。

[例]
山田くんはお金のこととなると、すぐ向きになる
=山田くんはお金のことになると、すぐ向きになる 


「こと」がつく文型は、たくさんありますので復習(ふくしゅう)をしておきましょう😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogらしい(典型)
【接続】
名詞[辞書形]+らしい


【意味】
〜が持(も)っている性質(せいしつ)・性格(せいかく)を十分(じゅうぶん)に表(あらわ)している
〜の性質が十分に表れている
〜と呼(よ)ぶのにふさわしい



【例文】 
①A:今年(ことし)の抱負(ほうふ)は?
 山田:100万円(まんえん)貯金(ちょきん)する!
 A:山田(やまだ)くんらしい抱負だね…


②今日(きょう)は暖(あたた)かくて、春(はる)らしい天気(てんき)だね

③私(わたし)の彼氏(かれし)は男(おとこ)らしくて、すごくステキなのよ

④バイトしてばかりいないで、学生(がくせい)らしくしっかり勉強(べんきょう)をしなさい 


⑤A:また不合格(ふごうかく)だった…もうあきらめようかな…
 B:あきらめるなんて、君(きみ)らしくないよ




【説明】
「Aらしい」は「A」の典型的(てんけいてき)な性質(せいしつ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で、「Aの性質(せいしつ)が十分(じゅうぶん)に表(あらわ)れている」「Aと呼(よ)ぶのにふさわしい」という意味(いみ)を表(あらわ)します。

[例]
①A:山田くんらしい抱負だね…
→山田くんの性格がよく表れている抱負だね

②今日は暖かくて、春らしい天気だね
→春と呼ぶのにふさわしい天気だね

③私の彼氏は男らしくて、すごくステキなのよ
→私の彼氏は男と呼ぶのにふさわしい、すごくステキな人なのよ

④バイトばっかりしていないで、学生らしくしっかり勉強をしなさい 
→学生と呼ぶのにふさわしく、しっかり勉強をしなさい

⑤B:あきらめるなんて、君らしくないよ
→あきらめるなんて、いつもの君とはすごく違(ちが)うね


「〜らしい」には【推量(すいりょう)】を表(あらわ)す用法(ようほう)もありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう。



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog気味
【接続】
動詞[ます形]+気味だ
名詞+気味


【意味】
(心や体に)少し〜と感じる状態様子


【例文】
①かぜをひき気味(ぎみ)
→少(すこ)しかぜをひいていると感(かん)じる状態(じょうたい)

②太(ふと)り気味なので、運動(うんどう)を始(はじ)めた
→少し太ったと感じている状態

③A:元気(げんき)がないみたいだけど、どうしたの?
 B:ここのところ疲(つか)れ気味なんだ…
→少し疲れていると感じている状態



④最近(さいきん)、成績(せいせき)が下(さ)がり気味だ…
→成績が少し下がっていると感じている


⑤台風(たいふう)のせいで、野菜(やさい)の値段(ねだん)が上(あ)がり気味
→野菜の値段が少し上がったと感じている




【説明】
「〜気味(ぎみ)」は「少(すこ)し〜と感(かん)じる状態」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。ほとんどの場合(ばあい)、マイナスのことに使用(しよう)され、心(こころ)や体(からだ)で「少し〜だなぁ」と感じている時に使います。

[例]
①カゼをひき気味
→「頭(あたま)が痛(いた)い」「寒気(さむけ)がする」と【体】で感じて「少しかぜをひいているな…」と思(おも)った

②最近太り気味
→「スカートが入らなくなった」「服(ふく)がきつい」など【体】で感じて「少し太った」と思った


「〜気味」と混乱(こんらん)しやすい文型がいくつかありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう。

【混乱しやすい文型】




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogに限る②(一番)
【接続】
動詞[辞書形]+に限る
動詞[ない形]+に限る
い形容詞[ーい]+に限る
な形容詞[ーな]+のに限る
名詞[辞書形]+に限る


【意味】
〜(の)が一番いい


【例文】
①たい焼(や)きの中身(なかみ)は、やっぱりあんこに限(かぎ)るよ!
→たい焼きの中身は、やっぱりあんこが一番いいよ!

②かぜをひいた時(とき)は、薬(くすり)を飲(の)んで寝(ね)るに限る
→かぜをひいた時は、薬を飲んで寝るのが一番いい

③暑(あつ)い日(ひ)は、アイスを食(た)べるに限る
→暑い日は、アイスを食べるのが一番いい

④飛行機(ひこうき)のチケットは安(やす)いに限る
→飛行機のチケットは安いのが一番いい

⑤スマホを買(か)うなら、やっぱりiphoneに限るわ
→スマホを買うなら、やっぱりiphoneが一番いい

⑥休(やす)みの日(ひ)は、家(いえ)でごろごろするに限る
→休みの日は、家でごろごろするのが一番いい



【説明】
「〜に限(かぎ)る」は「〜が一番(いちばん)いい」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です😊これは、【話者(わしゃ)の考(かんが)えや判断(はんだん)】を表(あらわ)す文型で「私(わたし)は〜が一番いいと思(おも)う」と言いたい時に使います。「〜なら」や「〜たら」「やっぱり」とよく一緒(いっしょ)に使用(しよう)されます。


「〜に限る」には【限定】を表す用法もありますので、一緒に覚えておきましょう。 



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogかける②
【接続】
動詞[ます形]+かける
動詞[ます形]+かけの+名詞 


【意味】
〜しそうになる


【例文】
①事故(じこ)に遭(あ)いかけた
→もう少(すこ)しで事故に遭いそうになった

②高(たか)いワイングラスを落(お)としかけた
→もう少しで高いワイングラスを落としそうになった


③階段(かいだん)から落ちかけた
→もう少しでかいだんから落ちそうになった

④完成(かんせい)したドミノを倒(たお)しかけた…危(あぶ)なかった〜
→完成したドミノを、もう少しで倒しそうになった


⑤川(かわ)で溺(おぼ)れかけたところをたすけてもらった
→川で溺れそうになったところをたすけてもらった



⑥A:かぜは治(なお)った?
 B:たぶんもう大丈夫(だいじょうぶ)。まだちょっと喉(のど)が痛(いた)いけどね…
 A:治りかけの時(とき)が大事(だいじ)だから、気(き)をつけてね
→もう少しで治りそうな時が大事だから、気をつけてね


【説明】
「〜かける」は「〜しそうになる」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「〜が起(お)こる直前(ちょくぜん)だった」というように【直前状態(ちょくぜん)】を表(あらわ)すものです😀直前状態ですので、実際(じっさい)には起(お)きていないことに使(つか)います。「もうすこしで〜しそうだったが、〜しなかった」というように覚(おぼ)えましょう😉


「〜かける・〜かけのN」には【途中(とちゅう)】を表す用法(ようほう)もありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう。
 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogっけ②(過去の回想)
【接続】
動詞・い形容詞[た形]+っけ
な形容詞・名詞[ーだ]+っけ
な形容詞・名詞[ーだった]+っけ


【意味】
よく〜したなぁ


【例文】
①小(ちい)さい頃(ころ)は、よく虫(むし)を集(あつ)めに行(い)ったっけ
→小さい頃は、よく虫を集めに行ったな…


②小学生(しょうがくせい)の時(とき)は、いつも妹(いもうと)とケンカしていたっけ
→小学生の時は、よく妹とケンカしたな…

③東京(とうきょう)に住(す)んでいた時は、よくディズニーランドに行ったっけ
→東京に住んでいた時は、よくディズニーランどに行ったな…

④若(わか)い頃は、よくカラオケでオールしたっけ
→若い頃は、よくカラオケでオールしたな〜


⑤子供(こども)が生(う)まれる前(まえ)は、よく海外旅行(かいがいりょこう)をしたっけ
→子供が生まれる前は、よく海外旅行をしたな…


【説明】
「〜っけ」は【過去(かこ)の回想(かいそう)】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で、「よく〜したな…」という意味(いみ)で使(つか)われます。過去によくしたことを「なつかしいな…」と思(おも)い出(だ)している時に使います。【過去の回想】を表す「〜たものだ」とほとんど同じ意味ですので一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😉


[例]
小学生の時は、いつも妹とケンカしていたっけ
=小学生の時は、いつも妹をケンカしていたものだ


「〜っけ」には【確認・質問】を表す用法(ようほう)もありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😊



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogということだ②(説明)
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ということだ
*形容詞・名詞の現在肯定形は「ーだということだ」となる
(例:きれいだということだ・学生だということだ)


【意味】
つまり〜という意味(いみ)だ


【例文】
①母:宿題(しゅくだい)はやったの?
 娘:友達(ともだち)に電話(でんわ)したり、ハチにエサをあげたりしてたの
 母:つまり、まだやってないということ
 娘:…はい
→つまり、まだやっていないのね


②A:このワインは2本(ほん)で3000円(えん)だったの
 B:つまり1本1500円(だ)ということ
 →つまり1本1500円という意味(いみ)だね

③A:「立入禁止(たちいりきんし)」って書(か)いてあるね…
 B:つまり、入(はい)ってはいけないということ
→つまり、入っていはいけないという意味ね



④店長:明日から、もう来なくていいわ!
 社員:私は首になったということですね…
→つまり、私は首になったという意味ですね


⑤最近オールできなくなった…私ももう若くないということだな…
→私ももう若くないんだな…



【説明】
「〜ということだ」は「つまり〜という意味(いみ)だ」という意味を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。語句(ごく)の意味を説明(せつめい)したり、状況(じょうきょう)について理解(りかい)した内容(ないよう)を言(い)い換(か)えて言(い)う時(とき)に使(つか)われます。「〜ということだ」の口語形(こうごけい)は「〜ってことだ」です。

[例]
まだ宿題をやってないということ
=まだ宿題をやってないってこと

私も、もう若くないということだな…
=私も、もう若くないってことだな…


「〜ということだ」には【伝聞(でんぶん)】を表す用法(ようほう)もありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう。


【関連記事】


 

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogなど・なんか・なんて(謙遜)
【接続】
名詞[辞書形]+など・なんか・なんて


【意味】
謙遜(けんそん)の気持(きも)ちを表(あらわ)す


【例文】
①A:日本語がとても上手(じょうず)になりましたね
 B:私なんてまだまだです

②彼氏:君(きみ)は本当(ほんとう)に美人(びじん)だね
 彼女:私なんて…田中(たなか)さんの方(ほう)が美人だと思(おも)うわ

③A:おいしい〜!料理(りょうり)がうまいね!
 B:私なんか全然(ぜんぜん)上手じゃないよ

④上司(じょうし):今月(こんげつ)からリーダーとしてがんばってくれ
 部下(ぶか):私などにきちんとできるかわかりませんが、がんばります


⑤うちの息子(むすこ)なんて、全然イケメンじゃないわよ〜



【説明】
「〜など・〜なんか・〜なんて」を自分(じぶん)や自分に近(ちか)い人(ひと)に使(つか)うと謙遜(けんそん)していることを表(あらわ)します😊「〜なんか・〜なんて」は「〜など」の口語形(こうごけい)です😀

[例]
①A:日本語がとても上手(じょうず)になりましたね
 B:私なんてまだまだです
→「私はまだまだ上手ではない」と謙遜している

②彼氏:君は本当に美人だね
 彼女:私なんて…田中さんの方が美人だと思うわ
→「私は美人ではない」と謙遜している

③A:料理が本当にうまいね!
 B:私なんか全然上手じゃないよ
→「私は上手ではない」と謙遜している

④上司:今月からリーダーとしてがんばってくれ
 部下:私などにきちんとできるかわかりませんが、がんばります
→「私にできるかわからない」と謙遜の気持ちを表している

⑤うちの息子なんて、全然イケメンじゃないわよ〜
→「うちの息子はイケメンじゃない」と、謙遜している


「〜など・〜なんか・〜なんて」には【例(れい)をあげる】【軽視(けいし)・軽蔑(けいべつ)を表す】用法(ようほう)もありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう。また【感情(かんじょう)を表す】「〜なんて」は全然(ぜんぜん)違(ちが)う文型ですので区別(くべつ)しておきましょう😀

【関連文型】





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogなど・なんか・なんて(軽視)
【接続】
名詞[辞書形]+など・なんか・なんて


【意味】
軽視(けいし)・軽蔑(けいべつ)を表(あらわ)す


【例文】
①山田(やまだ)くんなんかに負(ま)けてしまった…
[軽視する相手]山田くん


②A:日本語は難(むずか)しいな…
 B:日本語なんて簡単(かんたん)だよ〜
[軽視する対象]日本語

③あなたなどに私(わたし)の気持(きも)ちはわからないわ!
[軽視する相手]あなた

④A:山田くんはオバケと話(はな)したことがあるそうよ!
 B:そんなバカな話(はなし)なんか信(しん)じたらだめだよ〜
[軽視する対象](オバケと話したという)バカな話


⑤母(はは):明日(あした)テストがあるんでしょ?遊(あそ)んでいる時間(じかん)なんてないはずよ!
 娘:は〜い
[軽視する対象]遊んでいる時間


⑥こんなケガなんて全然(ぜんぜん)痛(いた)くないよ
[軽視する対象]少しのケガ


【説明】
「〜など・〜なんか・〜なんて」を相手(人)や対象(もの・こと・動物)に使うと【軽視・軽蔑】の気持ちを表します。 

[比較]
・山田くんなんかに負けた
→「自分よりバカな山田くんに負けた」「嫌(きら)いな山田くんに負けた」という気持ちを表す。相手の「山田くん」にはいい感情(かんじょう)はない

・山田くんに負けた
→ただ「山田くんに負けた」と言っているだけ 


軽視・軽蔑を表す「〜など・〜なんか・〜なんて」は相手・対象に使うと、とても失礼(しつれい)になりますので使い方(つかいかた)に気(き)をつけなければいけません😣 また「〜など・〜なんか・〜なんて」には【例をあげる】【謙遜(けんそん)】を表す用法(ようほう)もありますので復習(ふくしゅう)しておきましょう。

【関連文型】 




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogなど・なんか・なんて(例)
【接続】
名詞[辞書形]+など・なんか・なんて


【意味】
例(れい)をあげる


【例文】
①A:今日(きょう)のお昼(ひる)ごはんは何(なに)が食(た)べたい?
 B:う〜ん…ハンバーガーなんかが食べたいな〜
→(いろいろ食べたいものがあるが)例(たと)えばハンバーガーが食べたい


②小(ちい)さい頃(ころ)は、ピアノや水泳(すいえい)などを習(なら)っていました
→(いろいろ習っていたが)例(れい)をあげるとピアノや水泳を習っていた

③A:彼女(かのじょ)の誕生日(たんじょうび)プレゼントは何(なに)をあげようかな…
 B:きれいな花(はな)なんかがいいと思(おも)うよ
→例えば花がいいと思うよ


④彼女はケーキやクッキーなどのスイーツが大好き(だいすき)だ
→ケーキやクッキーのようなスイーツが大好きだ


⑤店員:いらっしゃいませ。何かお探(さが)しですか?
 客:彼女のプレゼントを…
 店員:こちらのネックレスなどいかがですか?
→例えば、こちらのネックレスはいかがですか?


【説明】
「〜など・〜なんか・〜なんて」は、いろいろある中(なか)から【例をあげて言う】場合(ばあい)に使(つか)われる文型(ぶんけい)です。「〜なんか・〜なんて」は「〜など」の口語形(こうごけい)です。 


「〜など・〜なんか・〜なんて」には【軽視(けいし)・軽蔑(けいべつ)】【謙遜(けんそん)】を表す用法(ようほう)もありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう。また【感情(かんじょう)を表す】「〜なんて」は別(べつ)の文型ですので区別(くべつ)をしておきましょう。

【関連文型】 





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ