絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 中級文法(N2〜N3)

blogべきだった
*(復習:〜だい・〜かい
*(復習:〜ちゃ・〜じゃ

【接続】
動詞[辞書形]+べきだった
動詞[辞書形]+べきではなかった


【意味】
〜しておけばよかった
〜しなければよかった



【例文】
①ちゃんと「好きじゃない」と言(い)うべきだった
→ちゃんと「好きじゃない」と言えばよかった

②昨日(きのう)買(か)っておくべきだった
→昨日買っておけばよかった

③学生(がくせい)の時(とき)に、ちゃんと勉強(べんきょう)するべきだった
→学生の時に、ちゃんと勉強しておけばよかった

④寝(ね)る前(まえ)にコーヒーを飲(の)むべきではなかった
→寝る前にコーヒーを飲まなければよかった

⑤彼女(かのじょ)にお金(かね)を貸(か)すべきではなかった
→彼女にお金を貸さなければよかった
(復習:貸す・借りる

⑥お母(かあ)さんに、「大嫌(だいきら)い!」なんて言(い)うべきではなかった
→お母さんに、「大嫌い」なんて言わなければよかった
(復習:〜など・〜なんか・〜なんて


【説明】
「〜べきだった」「〜べきではなかった」は「〜しておけばよかった」「〜しなければよかった」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は【後悔(こうかい)】【反省(はんせい)】の気持(きも)ちが入(はい)ります。「〜しなければいけなかったのにしなかった・〜したほうがよかったのにしなかった」「〜してはいけないことをしてしまった・〜しないほうがよかったことをしてしまった」と言いたい時(とき)に使(つか)います。
(復習:〜ておく
(復習:〜ばよかった・〜たらよかった
(復習:〜ほうがいい) 

[例]
①ちゃんと「好きじゃない」というべきだった
→ちゃんと「好きじゃない」と言えばよかったが、言わなかった

②昨日買っておくべきだった
→昨日買っておけばよかったが、買わなかった

③学生の時に、ちゃんと勉強するべきだった
→ちゃんと勉強したほうがよかったが、しなかった
*「〜する」の場合(ばあい)は「〜するべきだった」「〜すべきだった」の両方(りょうほう)が使えます

④寝る前にコーヒーを飲むべきではなかった
→コーヒーを飲まないほうがよかったが、飲んだ

⑤彼女にお金を貸すべきではなかった
→お金を貸さないほうがよかったが、貸した
(復習:貸す・借りる

⑥お母さんに、「大嫌い!」なんて言うべきではなかった
→「大嫌い!」と言ってはいけないのに、言ってしまった 
(復習:〜てしまう(残念・後悔)) 


「〜べきだった」「〜べきではなかった」は会話(かいわ)でもとてもよく使われる文型です。また「〜べき」がつく文型はいくつかありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:〜べからず・〜べからざる) 
(復習:〜べきだ) 
(復習:〜べく) 
(復習:〜べし

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogことになる
*(復習:〜ようかな

【接続】
動詞[辞書形]+ことになる
動詞[ない形]+ことになる


【意味】
〜に決(き)まる
〜という結果(けっか)になる



【例文】
①明日(あす)アルバイトに行(い)くことになった
→明日アルバイトに行くという結果(けっか)になった

②大阪(おおさか)に出張(しゅっちょう)することになった
→大阪に出張すると決(き)まった

③試験(しけん)で辞書(じしょ)を使(つか)ってもいいことになった
→試験で辞書を使ってもいいと決まった

④アメリカに引(ひ)っ越(こ)すことになった
→アメリカに引っ越すことに決まった

⑤グループのリーダーになることになった
→グループのリーダーになることに決まった


【説明】
「〜ことになる」は「〜に決(き)まる」「自然(しぜん)に〜という結果(けっか)になる」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「〜こととなる」は「〜ことになる」よりも、少(すこ)しかたい言(い)い方(かた)だと覚(おぼ)えておきましょう😀この文型は【学校(がっこう)や会社(かいしゃ)、グループなど周囲(しゅうい)の決定(けってい)】【前(まえ)の状態(じょうたい)・決定からの変化(へんか)】を表したい時(とき)に使(つか)います😮

[例]
①明日アルバイトに行くことになった
【「店長(てんちょう)」の決定】
【前の状態からの変化】
以前(いぜん):休(やす)み
現在(げんざい):休みではない

②大阪に出張することになった
【「会社」の決定】

③試験で辞書を使ってもいいことになった
【前の状態からの変化】
以前:辞書を使ってはダメ
現在:辞書を使ってもいい

④アメリカに引っ越すことになった
【「会社」「両親(りょうしん)」の決定】
*自分(じぶん)で決めた場合(ばあい)は「〜ことにする」を使用(しよう)
[例]アメリカに引っ越すことにした
(復習:〜ことにする

⑤グループのリーダーになることになった
【「グループ」の決定】

⑥車(くるま)で会社に行(い)ってはいけないことになった
【「会社」の決定】
【前の状態からの変化】

以前:車で行ってもいい
現在:車で行ってはいけない


「〜こと」がつく文型はとてもたくさんありますので、しっかりと区別(くべつ)をして覚えておきましょう😉
(復習:「〇〇シリーズ」リスト
(復習:〜ておく

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


blogうちは
*(復習:〜うちに(状態継続時)

【接続】
動詞[辞書形]+うちは
動詞[ない形]+うちは
動詞[ている形]+うちは
形容詞[辞書形]+うちは
名詞[辞書形]+のうちは


【意味】
〜の状態(じょうたい)が続(つづ)く期間(きかん)は、ずっと〜する


【例文】
①子供(こども)が小(ちい)さいうちは、家(いえ)でできる仕事(しごと)をすることにした
→子供が小さい時は、家でできる仕事をすることにした
(復習:〜ことにする

②学生(がくせい)のうちは、アルバイトを続(つづ)けるつもりだ
→学生でいる時(とき)は、ずっとアルバイトを続けるつもりだ

③留学(りゅうがく)しているうちは、しっかりと勉強(べんきょう)するべきだ
→留学している時は、しっかりと勉強するべきだ
(復習:〜べきだ

④お母(かあ)さんが「OK」と言(い)わないうちは、留学(りゅうがく)することはできないだろう
→お母さんが「OK」と言わない間は、留学することはできないだろう

⑤反対(はんたい)する人(ひと)がいるうちは、イベントを開催(かいさい)するわけにはいかない
→反対する人がいる期間(きかん)は、イベントを開催するわけにはいかない
(復習:〜わけにはいかない

⑥体(からだ)が健康(けんこう)なうちは、健康のありがたさには、なかなか気(き)づかないものだ
→体が健康な状態(じょうたい)の時(とき)は、ずっと健康のありがたさには気づかないものだ
 (復習:なかなか〜ない) 
(復習:〜ものだ(本来の性質・一般的考え方・変わらない事実)) 


【説明】
「〜うちは」は「〜の状態(じょうたい)が続(つづ)く期間(きかん)は、ずっと〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は、「〜の状態が続く期間はずっと〜するが、〜の状態が終(お)わったら、状況(じょうきょう)が変(か)わるかもしれない」ということを強調(きょうちょう)したい場合(ばあい)に使(つか)われます😮

[例]
①子供が小さいうちは、家でできる仕事をすることにした
→子供が小さい時は家で仕事をするが、大きくなったら外(そと)で働(はたら)くつもりだ

②学生のうちは、アルバイトを続けるつもりだ
→学生の時はアルバイトを続けるが、卒業(そつぎょう)したらやめるかもしれない

③留学しているうちは、しっかりと勉強するべきだ
留学が終(お)わるまではしっかりと勉強しなければいけない

④お母さんが「OK」と言わないうちは、留学することはできないだろう
→お母さんが「OK」と言わない間(あいだ)は、留学はできないが、「OK」と言ったら留学できる

⑤反対する人がいるうちは、イベントを開催するわけにはいかない
→反対する人がいる期間はイベントを開催できないが、反対する人がいなくなったら開催できる

⑥体が健康なうちは、健康のありがたさには気づかないものだ
→健康な時は健康のありがたさには気づかないが、病気(びょうき)になったら健康はありがたいと気づくだろう


「〜うちは」は勉強(べんきょう)する機会(きかい)が少(すく)ない文型です😨また「〜うち」とつく文型はたくさんありますので、N3以上(いじょう)を受(う)ける人は復習(ふくしゅう)をしておくといいと思います😉
(復習:〜ておく
復習:〜か〜ないかのうちに
復習:〜うち(Nのうち)
復習:〜うちに(状態継続時)
復習:〜うちに(変化)
復習:〜うちに入らない

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ

にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogないうちに
*(復習:もう〜
*(復習:〜てくる(発生・開始)

【接続】
動詞[ない形]+ないうちに 


【意味】
〜する前(まえ)に
〜ない状態(じょうたい)が続(つづ)いている時(とき)に



【例文】
①雨(あめ)が降(ふ)らないうちに買(か)い物(もの)に行(い)ってこよう
→雨が降る前に買い物に行ってこよう
(復習:〜てくる(継起)

②子供(こども)が起(お)きないうちに夕食(ゆうしょく)を作(つく)る
→子供が起きる前に夕食を作る

③忘(わす)れないうちに書(か)いておこう
→忘れる前に書いておこう
(復習:〜ておく

④冷(さ)めないうちに食(た)べてね
→冷める前に食べてね 

⑤暗(くら)くならないうちに家(いえ)に帰(かえ)る
→暗くなる前に家に帰る


【説明】
「〜ないうちに」は「〜する前(まえ)に」「〜ない状態(じょうたい)が続(つづ)いている時(とき)に」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は【状態継続時(じょうたいけいぞくじ)】を表す「〜うちに①」と同(おな)じものです。動詞(どうし)の【ない形】につく場合(ばあい)は「〜しない状態が続いている時(とき)に」よりも「〜する前に」と覚(おぼ)えたほうが簡単(かんたん)ですので、「〜ないうちに」として覚えておくといいと思(おも)います😉
(復習:)

[例]
雨が降らないうちに買い物に行く
→雨が降る前に買い物に行く
→雨が降らない状態が続いている時に買い物に行く
*「雨が降る前に」と覚えたほうが簡単😀


「〜うち」がつく文型はたくさんありますので、しっかりと区別(くべつ)をして覚えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogないうちに

【接続】
動詞[ている形]+うちに
動詞[ない形]+うちに


【意味】
〜していると、自然(しぜん)に〜した
〜していると、自然に〜になった
〜していると、〜に変(か)わった
〜ない期間(きかん)に〜になった
何回(なんかい)も〜していると〜になった


【例文】
①先生(せんせい)の話(はなし)をきいているうちに寝(ね)てしまった
→先生の話をきいていると、寝てしまった
(復習:〜てしまう(残念・後悔)

②日本(にほん)のアニメを見(み)ているうちに、日本語(にほんご)が話(はな)せるようになった
→何回(なんかい)も日本のアニメを見ていると、自然に日本語が話せるようになった
(復習:〜ようになる
(復習:なん+助数詞+も

③A:久(ひさ)しぶり!
 B:久しぶり!ちょっと会(あ)わないうちに、きれいになったね
→ちょっと会わなかった期間(きかん)に、きれいになったね

④納豆(なっとう)が嫌(きら)いだったが、毎日(まいにち)食(た)べるうちにおいしいと思(おも)うようになった
→納豆が嫌いだったが、毎日食べていると、おいしいと思うようになった

⑤朝(あさ)は晴(は)れていたが、知(し)らないうちに雨(あめ)が降(ふ)っていた
→知らない間(あいだ)に雨が降っていた

⑥気(き)づかないうちに、体重(たいじゅう)が5kgも増(ふ)えていた
→気づかない間に、体重が5kgも増えていた
(復習:〜も(数量詞+も)


【説明】
「AうちにB」は「Aしていると、自然(しぜん)にBした」「Aしていると、自然にBになった」「Aない期間(きかん)にBに変わった」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「B」には意志(いし)を表す文(ぶん)は使えません😨この文型は自然に何(なに)かが起(お)こったり、変化があった時に使われます😊 

[例]
①先生の話を聞いているうちに寝てしまった
【変化】起(お)きていた→寝た

②日本のアニメを見ているうちに、日本語が話せるようになった
【変化】日本語が話せなかった→日本語が話せる

③久しぶり!ちょっと会わないうちに、きれいになったね
【変化】前(まえ)よりきれいになった

④納豆が嫌いだったが、毎日食べるうちにおいしいと思うようになった
【変化】納豆が嫌い→今(いま)はおいしいと思う

⑤知らないうちに、雨が降っていた
【変化】晴(は)れ→雨

⑥気づかないうちに、体重が5kgも増えていた
【変化】体重45kg→体重50kg 


「〜うちに」は意外(いがい)な変化があった時などによく使われます。会話(かいわ)でもよく使われます。【状態継続時(じょうたいけいぞくじ)】を表す「〜うちに」と区別(くべつ)して覚えておきましょう😉
(復習:〜うちに(状態継続時)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

 

blogうちに(状態継続時)

【接続】
動詞[辞書形]+うちに 
動詞[ない形]+うちに
動詞[ている形]+うちに
形容詞[辞書形]+うちに
名詞[辞書形]+のうちに


【意味】
〜の状態(じょうたい)が続(つづ)く時(とき)に
〜の状態の時(とき)に
〜の時間(じかん)の時に
〜の時間以内(いない)に



【例文】
①温(あたた)かいうちに食(た)べてね
→温かい状態(じょうたい)の時(とき)に食べてね

②学生(がくせい)のうちに留学(りゅうがく)したいものだ
→学生の状態でいる時に留学したいものだ
(復習:〜たいものだ

③桜(さくら)が咲(さ)いているうちにお花見(はなみ)に行(い)きたかった
→桜が咲いている状態の時にお花見に行きたかった

④お母(かあ)さんがいないうちに、ゲームをしよっと
→今、お母さんがいないから、ゲームをしよっと
(復習:〜ようっと

⑤スーパーが開(あ)いているうちに、買(か)い物(もの)に行(い)かなくちゃ
→スーパーが開いている時間(じかん)に、買い物に行かなくちゃ
(復習:〜なくちゃ

⑥朝(あさ)のうちに宿題(しゅくだい)をしてしまったほうがいいよ
→朝の時間に宿題をしてしまったほうがいいよ
(復習:〜てしまう(完了)
(復習:〜ほうがいい

⑦ここ3日(みっか)のうちに、レポートを書(か)き上(あ)げなければいけない
→ここ3日以内(いない)に、レポートを書き上げなければいけない
(復習:ここ〜
(復習:〜上げる


【説明】
「AうちにB」は「Aの状態(じょうたい)が続(つづ)く時(とき)にBをする」「Aの時間(じかん)以内(いない)にBする」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「B」には意志をあらわすことがきます。この文型は「Aの状態が続く時にB」という意味ですので、「A」に動詞(どうし)を使(つか)う場合(ばあい)は【状態動詞の辞書形・ない形】や状態を表す【ている形】にしか使いません😀

[例]
桜が咲いているうちにお花見に行きたかった
→咲いている【〜ている(状態)】

日本(にほん)にいるうちにスカイツリーを見(み)に行(い)きたい
→いる【状態動詞の辞書形】

お母さんがいないうちに、ゲームをしよっと
→いない【状態動詞のない形】

スーパーが開いているうちに、買い物に行かなくちゃ
→開いている【〜ている(状態)】


【中級レベル以上の人へ】
「今(いま)のうちに」「今のうち」は「今の機会(きかい)に」「今の機会」という意味で、「後(あと)でするのではなく、今(いま)」と言(い)いたい時に使います😮文法(ぶんぽう)としてではなく、1つの単語(たんご)として覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉
(復習:〜として

[例]
娘(むすめ)がやっと寝た!今のうちにブログを書(か)いちゃおう
今の機会に、ブログを書いちゃおう
(復習:〜ちゃう・〜じゃう) 

謝(あやま)るなら、今のうちだよ!
→謝るなら、今の機会に謝ったほうがいいよ
*「後(あと)で謝ったら、もう許(ゆる)してもらえないよ」という意味


「〜うちに」は意味がたくさんあり、とても複雑(ふくざつ)な文型です。今回(こんかい)は、少(すこ)し例文(れいぶん)を多(おお)めに作(つく)りました。N3以上(いじょう)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😊
(復習:〜め

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogようにしている

【接続】
動詞[辞書形]+ようにしている
動詞[ない形]+ようにしている 


【意味】
〜することを習慣(しゅうかん)にしている


【例文】
①毎日(まいにち)、新(あたら)しい単語(たんご)を3個(こ)覚(おぼ)えるようにしている
→毎日、新しい単語を3個覚えることを習慣(しゅうかん)にしている

②ゲームは1日(いちにち)2時間(じかん)以上(いじょう)しないようにしている
→ゲームは1日2時間以上しないということを習慣にしている

③毎朝(まいあさ)、8時(じ)に起(お)きるようにしている
→毎朝、8時に起きることを習慣にしている

④家(いえ)ではお酒(さけ)を飲(の)まないようにしている
→家ではお酒を飲まないということを習慣にしている

⑤日本語(にほんご)の授業(じゅぎょう)の後(あと)は、必(かなら)ず復習(ふくしゅう)をするようにしています
→日本語の授業の後は、必ず復習するということを習慣にしている 

⑥ちゃんと貯金(ちょきん)するようにしている
→ちゃんと貯金するということを習慣にしている 


【説明】
「〜ようにしている」は【習慣(しゅうかん)】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で「〜することを習慣にしている」という意味(いみ)で使(つか)われます。これは「がんばって〜することを習慣にしている」「努力(どりょく)して〜しないことを習慣にしている」というように、がんばってしていることや、努力していることに使(つか)われます😮また、この文型は「いつも」などとよく使われます。

[「〜ようにしている」とよく使うもの]

いつも+〜ようにしている
毎日+〜ようにしている
毎朝+〜ようにしている
毎晩(まいばん)+〜ようにしている
毎月(まいつき)+〜ようにしている
必ず+〜ようにしている
絶対(ぜったい)に+〜ようにしている
できるだけ+〜ようにしている
できる限(かぎ)り+〜ようにしている など 


「〜よう」がつく文型はたくさんありますので、しっかりと復習をしておきましょう😉
(復習:「〇〇シリーズ」リスト) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogようなら
*(復習:〜とく・〜どく

【接続】
動詞・形容詞[普通形]+ようなら
動詞・形容詞[普通形]+ようだったら


【意味】
〜のような場合(ばあい)は


【例文】
①薬(くすり)を飲(の)んでもよくならないようなら、病院(びょういん)へ行(い)ってきなさい
→薬を飲んでもよくならない場合は、病院へ行ってきなさい
(復習:〜てくる(継起)) 

②忙(いそが)しいようなら、手伝(てつだ)うよ
→忙しい場合は、手伝うよ

③今日中(きょうじゅう)にレポートを書(か)き上(あ)げられないようなら、明日(あす)でもいいですよ
→今日中にレポートを書き上げられないような場合は、明日でもいいですよ
(復習:〜中に(じゅうに)
(復習:〜上げる

④明日(あした)天気(てんき)がいいようなら、お花見(はなみ)にでも行こうかな…
→明日天気がいい場合は、お花見にでも行こうかな…
(復習:〜ようか・〜ようかな・〜ようかしら
(復習:〜でも

⑤お金(かね)がないようなら、貸(か)したげるよ〜
→お金がないという場合は、貸したげるよ〜
(復習:貸す・借りる) 
(復習:〜たげる) 


【説明】
「〜ようなら」は「〜のような場合(ばあい)は」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。相手(あいて)に判断(はんだん)を任(まか)せる時(とき)に使(つか)う言(い)い方(かた)です😊また、「〜ようだったら」を使って表すこともできます😉

[例]
薬を飲んでもよくならないようなら、病院へ行ってきなさい
=薬を飲んでもよくならないようだったら、病院へ行ってきなさい


「〜ようなら」はいろんな場面(ばめん)で使うことができます。みなさんもぜひ使ってみてくださいね😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogたとたん

【接続】
動詞[形]+たとたん(に)


【意味】
〜した瞬間(しゅんかん)〜した
〜するとすぐに〜
〜したと同時(どうじ)に〜した



【例文】
①冷蔵庫(れいぞうこ)を開(あ)けたとたん、変(へん)なにおいがした
→冷蔵庫を開けるとすぐに、変なにおいがした
(復習:「味」と「におい」) 
(復習:〜がする) 

②座(すわ)ったとたん、イスが壊(こわ)れた
→座ったと同時(どうじ)に、イスが壊れた

③赤(あか)ちゃんは、お母(かあ)さんの顔(かお)を見(み)たとたん泣(な)きやんだ
→赤ちゃんは、お母さんの顔を見るとすぐに泣きやんだ
(復習:〜やむ) 

④家(いえ)から出(で)たとたん、雨(あめ)が降(ふ)ってきた
→家から出るとすぐに、雨が降ってきた
(復習:〜てくる(発生・開始)) 


【説明】
「〜たとたん(に)」は「〜するとすぐに」「〜したのと同時(どうじ)に〜」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。 「Aたとたん(に)B」の形で、「Aが起(お)こった後(あと)、すぐにBが起こった」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)います😊「B」には「意外(いがい)なことが起こった」「〜が起こって驚(おどろ)いた」と言いたい場合(ばあい)に使(つか)いますので、【意志的(いしてき)な動作(どうさ)】や【予定(よてい)していた動作】などは使うことができません😨

[例]
❌帰(かえ)ってきたとたん、ゲームをした
⭕️帰ってくるとすぐに、ゲームをした

❌彼(かれ)は学校(がっこう)に着(つ)いたとたん、友達(ともだち)とサッカーをした
⭕️彼は学校に着くとすぐに、友達とサッカーをした


「〜たとたん」は、「〜た途端」というように漢字(かんじ)で書(か)かれている場合もありますので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogによって(動作主)

【接続】
名詞[辞書形]+によって〜される


【意味】
〜に〜される 


【例文】
①この絵(え)は有名(ゆうめい)な画家(がか)によって描(か)かれたのよ
→この絵は有名な画家描いたのよ

②このバッグは人気歌手(にんきかしゅ)によってデザインされた
→このバッグは人気歌手デザインした

③アメリカ大陸(たいりく)は、コロンブスによって発見(はっけん)された
→アメリカ大陸は、コロンブス発見した

④あの商品(しょうひん)は日本人(にほんじん)によって開発(かいはつ)されたということだ
→あの商品は日本人開発したということだ
(復習:〜ということだ) 


【説明】
「〜によって」は受身文(うけみぶん)の動作主(どうさぬし)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「Aによって」の「A」が動作をする人(ひと)です。後(うし)ろは「〜される」というように受身文になりますが【被害(ひがい)】【迷惑(めいわく)】の気持(きも)ちは入(はい)りません😮「〜によって〜される」という形(かたち)で覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊「〜によって〜される」は歴史上(れきしじょう)で起(お)きたことや、すでにあるものを説明(せつめい)したりする時(とき)に使(つか)う文型ですので、会話(かいわ)で使用(しよう)すると少(すこ)しかたい感(かん)じになります。
(復習:〜上(じょう)


【余裕のある人へ】
初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)した「〜に〜される」の「〜に」も動作主を表しますが、「何(なに)かを作(つく)り出(だ)す」と言いたい時には「〜によって」を使うようにしましょう。「〜によって」に使われる動詞をいくつか覚えておくといいと思います😉

[「〜によって〜される」によく使われる動詞]

・書(か)く
・描く
・作(つく)る
・作成(さくせい)する
・デザインする
・設計(せっけい)する
・生(う)み出(だ)す
 など


「〜によって」という文型にはたくさん意味(いみ)がありますので、しっかりと区別(くべつ)をして覚えておきましょう😀
(復習:〜によって(区別)) 
(復習:〜によって(原因)) 
(復習:〜によって(手段)) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ