絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

カテゴリ:日本語文法 > 中級文法(N2〜N3)

blogでもしたら
【接続】
動詞[ます形]+でもしたら
名詞[辞書形]+でもしたら


【意味】
もし〜したら


【例文】
①母:どうしたの?
 娘:急(きゅう)に雨が降(ふ)ってきちゃって…
 母:早く乾(かわ)かしなさい。かぜをひきでもしたら大変(たいへん)よ




②お兄ちゃんのゲームを壊(こわ)しでもしたら、すごく怒(おこ)られるだろう…



③もっと注意(ちゅうい)して運転(うんてん)しなさい!事故(じこ)を起(お)こしでもしたらどうするの!

④母:早く寝(ね)なさい!明日、寝坊(ねぼう)でもしたら試験(しけん)が受(う)けられなくなっちゃうわよ
 息子:は〜い

⑤歩きスマホはしちゃだめだよ!階段(かいだん)から落(お)ちでもしたら大(おお)ケガするよ





【説明】
「AでもしたらB」は「もしAしたらB」という意味(いみ)の文型です。「B」には、よくないことや、困(こま)った状況(じょうきょう)が入(はい)ります。「もしAしたら、Bのようなよくない状況になるよ」と言いたい時に使われ、相手(あいて)を心配(しんぱい)したり、注意(ちゅうい)をするように言う時に使用(しよう)されます。


[例]
①早く乾かしなさい。かぜをひきでもしたら大変よ
→もしかぜをひいたら大変よ
【よくないこと】かぜをひく

②お兄ちゃんのゲームを壊しでもしたら、すごく怒られるだろう…
→もしお兄ちゃんのゲームを壊したら、すごく怒られるだろう
【よくないこと】すごく怒られる

③もっと注意して運転しなさい!事故を起こしでもしたらどうするの!
→もし事故を起こしたらどうするの!
【よくないこと】事故を起こす

④明日、寝坊でもしたら試験が受けられなくなっちゃうわよ
→もし寝坊したら、試験が受けられなくなっちゃうわよ
【よくないこと】試験が受けられない

⑤歩きスマホはしちゃだめだよ!階段から落ちでもしたら大ケガするよ
→もし階段から落ちたら、大ケガするよ
【よくないこと】大ケガ


「〜でも」には、例(れい)をあげて言う用法(ようほう)もありますので復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【関連記事】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogようで・ようでいて

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ようで・ようでいて


【意味】
見た感じでは〜そうだが、実際は〜


【例文】
①巻き寿司(まきずし)を作るのは、簡単(かんたん)なようで難(むずか)しかった
→見た感(かん)じでは簡単そうだが、実際(じっさい)は難しかった


②初級(しょきゅう)の文法(ぶんぽう)は、やさしいようで複雑(ふくざつ)ものが多い
→やさしいものが多そうだが、複雑なものがたくさんある

③彼は見た目はこわいようで、とてもやさしい
→見た感じはこわそうだが、実際はとてもやさしい

④あの二人は、似(に)ているようでまったく似ていない
→見た感じは似ているが、実際はまったく似ていない



⑤困(こま)っている人を助(たす)けることは、当たり前(あたりまえ)のことのようでなかなかできないことだ
→当たり前だと感じるが、なかなかできないことだ


【説明】
「AようでB」は「見た感じではAそうだが、実際はB」という意味の文型です。見た目と実際の様子(ようす)が違(ちが)うと言いたい時に使われる文型で、「見た目はAようでB」「一見AようでB」の形がよく使われます。五感推量(ごかんすいりょう)を表(あらわ)す「〜ような・〜ように・〜ようだ」の復習(ふくしゅう)をしておきましょう。



「よう」がつく文型はたくさんありますので、覚えておきましょう😉

【「よう」がつく文型リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogとしか〜ない
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+としか〜ない


【意味】
絶対に〜だ
〜だけだ



【例文】
①A:山田くん、彼女ができたって言ってたよ〜
 B:彼に彼女ができるわけないよ!うそをついているとしか思えない
→絶対(ぜったい)にうそをついていると思うわ



②A:こんな時間になっても彼女から連絡(れんらく)がこないなんておかしいね
 B:うん。事故(じこ)にでもあったとしか思えないね…
→きっと事故にでもあったんだわ



③A:明日のイベントは行(おこな)われますか?
 B:今のところ、わからないとしか言えません
→わからないと答(こた)えられるだけです


④A:彼、今回のテスト100点(てん)だったんだって!
 B:え!?カンニングしたとしか考(かんが)えられない!!
→絶対にカンニングしたんだと思う!!



⑤床(ゆか)に足跡(あしあと)がついている…泥棒(どろぼう)が入(はい)ったとしか考えられない
→絶対に泥棒が入ったんだと思う



【説明】
「AとしかBない」は[強調(きょうちょう)]を表(あらわ)す文型で、「絶対にAだ」「ただAだけだ」という意味です。他(ほか)の可能性(かのうせい)はなく、「絶対にAだ」と強(つよ)く主張(しゅちょう)する場合(ばあい)に使われます。「B」には「言う」「思う」「考える」などの[可能形(かのうけい)]の否定形(ひていけい)が入り、「言えない」「思えない」「考えられない」となります。


「〜としか〜ない」は、会話(かいわ)でもよく使われますので覚(おぼ)えておきましょう😉

【日本語文法リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogという(伝聞)
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+という


【意味】
〜そうだ


【例文】
①彼は卒業後(そつぎょうご)、アメリカに帰(かえ)って日本語の先生をしているという
→アメリカに帰って日本語の先生をしているそうだ


②この家(いえ)にはおばけがいるという
→この家にはおばけがいるそうだ…


③あの事件(じけん)の犯人(はんにん)は捕(つか)まったという
→あの事件の犯人は捕まったそうだ


④あのお寺(てら)は、1000年前(ねんまえ)に建(た)てられたという
→あのお寺は、1000年前に建てられたそうだ

⑤この辺(あた)りは、昔(むかし)は海(うみ)だったという
→この辺りは、昔は海だったそうだ


【説明】
「〜という」は[伝聞(でんぶん)]を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で「〜そうだ」という意味です。とてもかたい書き言葉(かきことば)として使われます。日常会話(にちじょうかいわ)で伝聞を表す場合(ばあい)は「〜そうだ(伝聞)」や「〜らしい(推量)」がよく使用(しよう)されます。伝聞の「〜という」には「〜といった」「〜といわない」「〜といわなかった」などの形(かたち)がありませんので気をつけましょう。

[例]
⭕️あのお寺は、1000年前に建てられたという
❌あのお寺は、1000年前に建てられたといった
❌あのお寺は、1000年前に建てられたといわない
❌あのお寺は、1000年前に建てられたといわなかった


伝聞を表す文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【関連記事】



 


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogからいいようなものの
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+からいいようなものの


【意味】
〜だから、大きな問題にならなかったが


【例文】
①火事(かじ)にならなかったからいいようのものの、天ぷらを作っている時は気(き)をつけなきゃだめよ!



②事故(じこ)にならなかったからいいようなものの、もっと注意(ちゅうい)して運転(うんてん)しなさい! 

③部下:部長(ぶちょう)、大事(だいじ)な資料(しりょう)が見つかりました!!
 上司:見つかったからいいようなものの、もし見つからなかったらどうしたんだ!
 部下:…すみません

④ケガですんだからいいようなものの、もう少しで死(し)ぬところだったのよ!


⑤間に合ったからいいようなものの、もし遅刻していたら大変なことになっていたよ



【説明】
「〜からいいようなものの」は「〜だから、大きな問題(もんだい)にならなかったが」という意味の文型です。「今回は大きな問題にならなかったが、〜するのはよくない」「今回は大問題(だいもんだい)にはならなかったが、もう少しで大変(たいへん)なことになっていた」と言いたい時に使われ、非難(ひなん)する気持(きも)ちを表(あらわ)します。

[例]
①火事にならなかったからいいようのものの、天ぷらを作っている時はそこから離れてはいけないわよ 
→今回は火事にならなかったが、天ぷらを作っている時はそこから離れるのはよくない

②事故にならなかったからいいようなものの、もっと注意して運転しなさい! 
→今回は事故にならなかったが、もっと注意して運転しなさい

③見つかったからいいようなものの、もし見つからなかったらどうしたんだ!
→今回は見つかったが、見つからなかったら大変なことになっていた

④ケガですんだからいいようなものの、もう少しで死ぬところだったのよ!
→今回はケガですんだが、もう少しで死んでいたんだよ!

⑤間に合ったからいいようなものの、もし遅刻していたら大変なことになっていたよ
→今回は間に合ったが、もし遅刻していたら大変なことになっていたよ 


「から」がつく文型はたくさんありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉

【「から」がつく文型リスト】



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blog切る(切断)

【接続】
動詞[ます形]+きる


【意味】
切断を表す


【例文】
①この肉(にく)はかたすぎて、噛(か)み切(き)ることができない…
→噛んで切断することができない



②太(ふと)いロープを焼(や)き切る
→焼いて切断する

③太いロープを石(いし)で叩(たた)き切る
→叩いて切断する

④布(ぬの)を半分(はんぶん)に断(た)ち切る

⑤野球選手(やきゅうせんしゅ)になる夢(ゆめ)を思(おも)い切った

⑥A:田中さん、結婚(けっこん)したらしいね
B:…うん。早く彼女への思いを断ち切らなければならないな



【説明】 
「〜きる」は[切断(せつだん)]を表(あらわ)す文型です。「Aきる」の形で「Aして、切り離(はな)す」と言いたい時に使われます。[切断]を表す「〜きる」は、「〜切る」というように、ほとんどの場合(ばあい)は漢字(かんじ)が使われます。この文型は「A」に入(はい)る動詞(どうし)がほとんど決(き)まっていて、「捨(す)てる」「あきらめる」という意味で使われることもあります。

[「捨てる・あきらめる」の意味で使われる「〜切る」]

思い切る→あきらめる
断ち切る→①はさみやナイフなどで切り離す
      ②関係(かんけい)をなくす・やめる
打(う)ち切る→やめる・中止(ちゅうし)する


「〜きる」には[完了(かんりょう)]や[極限状態(きょくげんじょうたい)]を表す用法(ようほう)もありますので、一緒(いっしょ)に覚えておきましょう😉

【「〜きる」の用法】




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogきる②(極限状態)
【接続】
動詞[ます形]+きる


【意味】
すごく〜の状態



【例文】
①A:疲(つか)れきった顔(かお)をしてどうしたの?
 B:朝(あさ)までゲームをしてて、寝(ね)てないの
 A:…あっそ
→すごく疲れた顔をしてどうしたの?

②彼女はどうしたらいいのかわからず、困(こま)りきっているようだ
→すごく困っているようだ


③お母さんは、疲れきって寝てしまった
→お母さんは、すごく疲れて寝てしまった


④彼は、私のことを信(しん)じきっている
→彼は、完全に私のことを信じている


⑤そんなわかりきったことを聞かないでくれ
→そんな言わなくてもわかるようなことを聞かないでくれ


【説明】
「Aきる」は「すごくAの状態(じょうたい)になる」という意味の文型です。「A」には状態性(じょうたいせい)の動詞(どうし)が入り、極限状態(きょくげじょうたい)を表(あらわ)します😮


「〜きる」には[完了(かんりょう)]を表す用法(ようほう)もありますので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

blogようとしない

【接続】
動詞[意向形]+としない
動詞[意向形]+ともしない


【意味】
全然(ぜんぜん)〜する様子(ようす)がない


【例文】
①うちの娘(むすめ)は、何度(なんど)言っても勉強しようとしない
→まったく勉強する様子がない

②A:彼女にちゃんと説明(せつめい)した?
 B:うん。でも、ぼくの話(はなし)を聞こうとしないんだ…
→全然ぼくの話を聞かないんだ…

③母:お父さんを起(お)こしてきてくれる?
 娘:嫌(いや)だよ…だって、起こしても起きようとしないんだもん
→起こしても全然起きないんだもん




④彼は、昨日(きのう)何があったのか話そうとしない
→昨日何があったのか、まったく話さない

⑤山田くんったら、みんなに迷惑(めいわく)をかけたのに謝(あやま)ろうとしないのよ
→まったく謝る様子がない




【説明】
「〜ようとしない」は「まったく〜する様子がない」という意味の文型です。「しなければいけないことや、するつもりだったことを全然しない」と言いたい時に使われます。「〜ようともしない」は、「〜ようとしない」を強調(きょうちょう)した言い方です。


[例]
娘は、何度言っても勉強しようとしない
→娘は、何度言っても勉強しようとしない


「〜ようとする」の復習(ふくしゅう)をしておきましょう😊

【関連記事】





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogよりほかない

【接続】
動詞[辞書形]+よりほかない


【意味】
〜しなければならない
〜以外の方法がない



【例文】
①汚(よご)れて着(き)られなくなったので、捨(す)てるよりほかない
→汚れて着られなくなったので、捨てる以外(いがい)に方法(ほうほう)がない


②終電(しゅうでん)がなくなったので、歩(ある)いて帰(かえ)るよりほかない
→終電がなくなったので、歩いて帰らなければならい

③A:昨日、スマホをトイレに落として壊(こわ)しちゃたの…
 B:そっか…新しいのを買うよりほかない
→新しいのを買わなければいけないね




④誰(だれ)もリーダーをやりたがらないので、私がやるよりほかなかった
→誰もやりたがらないので、私がやらなければいけなかった


⑤大型台風(おおがたたいふう)が近づいてきている。旅行はキャンセルするよりほかないな…
→旅行はキャンセルしなければならないな…



【説明】
「〜よりほかない」は「〜しなければならない」「〜以外の方法がない」という意味の文型です。「〜以外の方法がないから、〜しなければならない」と言いたい時に使われ、話し手(はなして)のあきらめの気持(きも)ちを表(あらわ)します。


「〜よりほかない」に似(に)ている文型を一緒に覚えておきましょう😉




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogほうがよかった
【接続】
動詞[辞書形・ない形・た形]+ほうがよかった
い形容詞[ーい]+ほうがよかった
な形容詞[ーな]+ほうがよかった
名詞[辞書形]+のほうがよかった


【意味】
〜するよりも、〜するべきだった
〜よりも、〜のほうが適切だった



【例文】
①A:髪(かみ)を切(き)ったの?
 B:うん
 C:切らないほうがよかったのに〜
→切るよりも切らないほうが似合(にあ)っていたのに〜



②こんなに混(こ)んでいるんだったら、来ないほうがよかった
→実際(じっさい)は来たが、来ないほうが適切(てきせつ)だった


③父:シュークリームを買ってきたぞ〜
 娘:…ケーキのほうがよかった
→シュークリームよりケーキのほうが食べたかった


④A:オーダーストップだからって、こんなに注文(ちゅうもん)しないほうがよかったね…
 B:うん。多すぎて食べきれないね…
→実際はたくさん注文してしまったが、こんなに注文するべきではなかった




⑤学生の時に、もっとちゃんと勉強したほうがよかったな…
→実際はちゃんと勉強しなかったが、学生の時にもっと勉強するべきだった


【説明】
「〜ほうがよかった」は「〜するべきだった」「〜のほうが適切(てきせつ)だった」という意味の文型です。「実際(じっさい)に起(お)こったことよりも、〜したほうが適切だった」「実際は〜したが、〜するべきだった」と言いたい時に使われます。自分(じぶん)の行動(こうどう)に対して使う場合は[後悔(こうかい)している気持ち]を表します。また、他(ほか)の人の行動に対して使用する場合は[残念(ざんねん)だと思う気持ち][がっかりした気持ち]などを表します。



[例]
やっぱり、髪を切らないほうがよかったな…
【後悔】自分の行動

A:髪を切ったの?
B:うん
C:切らないほうがよかったのに〜
【残念だと思う気持ち】相手の行動


「〜ほうがよかった」に似ている文型を復習(ふくしゅう)しておきましょう😉

【類似文型】



【関連記事】




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ