blogにとって

【接続】
名詞[辞書形]+にとって
名詞[辞書形]+にとっての+名詞

【意味】
〜の立場(たちば)に立って言えば
〜の視点(してん)から言えば
〜の立場から見れば

【例文】
①私にとってうちの犬は家族です
→私の視点から言えば、うちの犬は家族です

②彼にとって、この文法は簡単(かんたん)すぎます
→彼の立場に立って言えば、この文法は簡単すぎます

③日本社会(しゃかい)にとって、少子化(しょうしか)は大きな問題だ
→日本社会という視点から見れば、少子化は大きな問題だ

【説明】
「〜にとって」は「〜の立場に立って言えば」という意味を表す文型です。主語(しゅご)には「人」や「団体(だんたい)・組織(そしき)」「グループ」がきて、「その立場で考えると〜だ」と言いたい時に使われます😊「〜にとっては」と「は」が入(はい)ると【強調(きょうちょう)】や【対比(たいひ)】の意味を表します😮

[例]
うちの犬は、私にとっては家族です(他の人にとってはどうかわからない)【強調】

うちの犬は、私にとっては家族ですが、父にとってはペットです【対比】

にとっては、この文法は簡単ですが、私にとっては難しいです 【対比】

【注意しましょう】
後ろに「賛成(さんせい)」「反対(はんたい)」などは使えませんので気をつけて下さい😨

❌旅行に行くのは、私にとって賛成です
⭕️私は、旅行に行くのに賛成です

【余裕のある人へ】
「〜にとって」の丁寧(ていねい)な言い方は「〜にとりまして」です。また、口語形は「〜にとっちゃ」です😊


「〜にとって」は似(に)ている文型がたくさんありますので、1つずつしっかりと区別して覚えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村