blog〜に越したことはない

【接続】
動詞・形容詞・名詞[辞書形]+に越(こ)したことはない
動詞・形容詞・名詞[ない形]+に越(こ)したことはない
*な形容詞は「ー+にこしたことがない」になる
*な形容詞・名詞は「ーである+に越したことはない」という言い方もある

【意味】
〜するのが一番いい・〜しないのが一番いい
〜が一番いい ・〜ないのが一番いい
(当然)〜のほうがいい


【例文】
①貯金はするに越したことはない
→貯金は当然しておいたほうがいい

②健康のためには、タバコは吸わないに越したことはない
→健康のためには、タバコは吸わないのが一番いい 

③給料(きゅうりょう)はいいに越したことはない
→給料はいいのが一番いい

【説明】
「〜に越したことはない」は「〜するのが一番いい」 という意味で使用される文型です。これは色々(方法などが)ある中で、それが一番いいと言いたい時に使われます😊「〜たほうがいい」に似ていますが、「〜たほうがいい」は比較(ひかく)をしていい方を表す表現で、「〜に越したことはない」はいくつかある中で「〜が当然一番いい」ということを表します😮ほとんどの場合、書き換えることはできます😌

[例]
ビールは冷たいほうがいい→「冷たい」か「冷たくない」かだと「冷たい」ほうが好き
ビールは冷たいに越したことはない→「冷たい」のがベストだ

「〜のに越したことはない」という言い方もありますので、一緒に覚えておきましょう😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村