blogとして〜ない
【接続】
1+助数詞+として〜ない

【意味】
1〜も〜ない 
全然〜ない


【例文】
①お金がなくて、おにぎり1つとして買えない
→お金がなくて、おにぎり1つも買えない

②1日中(じゅう)釣りをしているが、魚は1匹として釣れない
→1日中釣りをしているが、魚は1匹も釣れない

③明日は日本語能力試験だ。1分として無駄(むだ)にはできない
→明日は日本語能力試験だ。1分も無駄にはできない

④4人も子供がいると、1日としてゆっくりできる日はない
→4人も子供がいると、1日もゆっくりできる日はない 

【説明】
「1〜として…ない」は「1〜も…ない」というように「全然〜ない」というのを強調する文型です。「〜として」の部分は強調の「〜も」にチェンジができます。ですから、「1〜も…ない=1〜も…ない」と覚えてしまってOKです😉

1匹として釣れない→1匹釣れない
1つとして買えない→1つ買えない
1人としていない→1人いない 

【補足説明】
この文型はほとんどの場合「1」と一緒に使用されますが、「誰一人として」「何一つとして」「どれ一つとして」という慣用表現もあります😮また、これらの場合は「として」を省略することもできます😀

彼に賛成する人は誰一人としていなかった
彼に賛成する人は誰一人いなかった
彼に賛成する人は誰もいなかった
彼に賛成する人は一人もいなかった

上の例文は全て同じ意味です😄「〜として…ない」は書き言葉的ですので、会話では「1人も…ない」を使うのが一般的です😊

【余裕のある人へ】
「〜として…ない」は「1」と使う場合・慣用表現を使う以外に「2」が使われる場合もあります😮「1〜しかない」「他には〜ない」という意味を表す表現です。

こんなすばらしい作品はこの世に2つとしてない
→こんなすばらしい作品はこの世に1つしかない

彼ほどケチな人は2人としていないよ…
→あんなにケチな人は彼1人しかいないよ…

あまり聞きなれない文型かもしれませんが、N1の「〜たりとも…ない」の類似文型ですのでしっかりと覚えておきましょう😌「〜たりとも…ない」との違いはまた次回説明します😅
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村