みなさんがよく知っている「しょうが」。「しょうが」は場面によって呼び方が変わる食べ物です😮では、どのような呼び方があるか見ていきましょう😊

①「しょうが」
しょうが

上の絵のように、スーパーなどで売っているそのままの状態のものは「しょうが」と呼びます😀漢字で「生姜」と書かれている場合もあります😉「豚肉のしょうが焼き」などは人気定番料理の1つですね😉


②「ガリ」
ガリ
お寿司を食べる時についているものは、一般的に「しょうが」とは言わず「ガリ」と言います😀お店によって違いますが、薄(うす)いピンク色のものや黄色のものがありますね😊お寿司屋さんに行った時、またはスーパーのお寿司売り場では「しょうが」ではなく「ガリ」と言いましょう😉


③「紅(べに)しょうが」
紅しょうが
牛丼(ぎゅうどん)の上には「赤色のしょうが」がのっている場合が多いですね。あれは「紅しょうが」と言います😌有名な牛丼屋さん「吉野家」などでも見ることができると思います😀牛丼以外には「焼きそば」の上にのっていたり、「たこ焼き」に入っていたりしますね😄


④「ジンジャークッキー」
ジンジャークッキー
アメリカやヨーロッパなどでよく作られる「しょうが入ったクッキー」は「しょうがクッキー」ではなく、「ジンジャークッキー」と言うのが一般的です😊「クッキー」に合わせて「しょうが」も外来語で「ジンジャー」と言います。クリスマスなどによく作られるクッキーですね😆


このように「しょうが」は場面によって色々な名前で呼ばれます😌みなさんも興味(きょうみ)があるものから覚えていってくださいね😉
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村