今回は前回の「AことはAが(形容詞・名詞)」に続いて、「AことはAが(動詞)」について説明します😀動詞版は形容詞・名詞版に比べて勉強する機会が少ないと思いますので、能力試験を受ける人はしっかりと覚えておきましょう😊
blog〜ことは〜が②


【接続】
動詞[普通形]+ことは〜が

【意味】
一応Aするが、しかし

【例文】
①あの本を読んだことは読んだが、全然わからなかった
→あの本を一応読んだ、全然わからなかった

②この料理、食べられることは食べられるけど、あまりおいしくないね…
→この料理、一応食べられるけれど、あまりおいしくないね

③N1を受けることは受けるが、合格する自信はない
→N1を一応受ける、 合格する自信はない

④山田くんの家に行ってみることは行ってみるけれど、留守(るす)だと思うよ
→山田くんの家に一応行ってみるけれど、留守だと思うよ

【説明】 
「AことはAが」の「A」に動詞が入る場合は「一応Aするが、いい結果が起こらないだろう」「一応Aしたが、いい結果が起こらなかった」というように、後ろにマイナスのことがくるのがポイントです😀

補足説明
例文①のように[た形]を使う場合は、

あの本を読んだことは読んだが、全然わからなかった【「た形」ことは「た形」

あの本を読むことは読んだが、全然わからなかった【「辞書形」ことは「た形」】

というように、両方とも[た形]を使う場合後ろの動詞だけ[た形]にする場合があります😮


「AことはAが」は【動詞】に使用する場合と【形容詞・名詞】の場合を区別して覚えられるといいですね😉 

【「こと」シリーズ】
〜こと(命令)
〜ことか
〜ことから
〜ことがある
〜ことができる(可能)
〜ことができる(能力)
〜ことこの上ない
〜ことだ・〜ないことだ
〜ことだから
〜ことだし
〜ことで(Nのことで)
〜こととて
〜ことなしに
〜ことなく
〜ことに(は)
〜ことにしている
〜ことにする
〜ことになっている
〜ことになる・〜こととなる
〜ことには
〜ことは〜が①(形容詞・名詞)
〜ことは〜が②(動詞)
〜ことはない
〜ことはならない
〜たことがある(経験)
〜だこと!
(〜は)〜てのこと
〜ても〜すぎることはない
〜ということだ
〜とのことだ
〜ないこともない
〜ないことには
〜なかったことがある

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村