今回は、口語形「なんで」「だって」についてです😊家族や友達と話す時にとてもよく使いますので、しっかり覚えて会話で使ってみましょう😀
blogなんで・だって
【なんで=どうして・なぜ】
【だって=なぜかというと・どうしてかというと】

前回の口語形「たって・だって」とは違う「だって」ですので、区別して覚えてください😊

【例文】
①A:なんで日本語を勉強しているの?→なぜ日本語を勉強しているの?
 B:だって日本が大好きだからだよ! →なぜかというと、日本が大好きだからだよ

②A:なんでパーティーに行かなかったの?→なぜパーティーに行かなかったの?
 B:だって昨日は寒かったから…→なぜかというと、昨日は寒かったから

③A:なんで食べないの?→どうして食べないの?
 B:だって辛いんだもの〜もの・〜んだもの) →どうしてかというと辛いからだよ

④A:昨日はなんで学校を休んだの?→なぜ昨日は学校を休んだの?
 B:だって頭が痛かったんだもん〜もん・〜んだもん) →なぜかというと、頭が痛かったからだよ


この口語形「なんで」は「なぜ・どうして」の意味で、相手に原因や理由を聞く表現です「だって」は理由を聞かれた時の答えとして「なぜかというと・どうしてかというと」の意味で使われます😀

A:なんで〜? 
B:だって〜から・ので・もの・んだもの

どちらも家族や友達の間で使われるもので、ほとんどの場合上のようにセットで使用されます😄 「だって」の後ろには「〜から・〜ので・〜もの・〜んだもの」など、原因理由を表すものがくるというのも覚えておくといいですね😉前回説明しましたが、「〜もの・〜んだもの」は女性が使うもので男性は使用できませんので気をつけてくださいね😌忘れた人は「〜もの・〜んだもの」の復習をしておいてくださいね😄
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村