今回も「わけない[実質名詞]」「わけがわからない[実質名詞]」に続いて、実質名詞の「わけ」についてです😊今回の「わけ」が一番シンプルで簡単です😄
blog(〜という)わけ
【意味】
(〜という)理由

【例文】
①遅刻したのには、わけがあるんです→遅刻したのには、理由があるんです

②会社を休んだわけを聞く→会社を休んだ理由を聞く

③A:どうしてパーティーに来なかったの?
 B:妹が病気になって、病院に連れて行っていたというわけ
 →妹が病気になって、病院に連れて行っていたから

④A:どうしたの?元気がないね
 B:色々なことがあってね…わけは聞かないで…
 →色々なことがあってね…理由は聞かないで…

⑤なぜミスをしたのか、わけを話してもらおう→なぜミスをしたのか、理由を話してもらおう

【説明】
この「(〜という)わけ」は【理由】という意味で使用されます😊なぜそうなったかという理由などを言う時によく使われる表現ですね。他の「わけ」に比べて簡単ですので、覚えやすいと思います😉「わけ」は漢字で書くと「訳」と書くということも覚えておいてください。

「わけ」シリーズ
はたくさんありますので、今回のは「実質名詞のわけ」だと、しっかり区別して覚えておきましょう😀

【「わけ」シリーズ】
〜ないわけにはいかない
〜わけがない
〜わけがわからない(実質名詞)
〜わけだ(納得)
〜わけではない
〜わけない(実質名詞)
〜わけにはいかない

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村