〜ということだ」には2つの意味があります😮難しい文法ではありませんのでしっかりと覚えてしまいましょう😉
blog〜ということだ1
 ①伝聞・伝言

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ということだ
*形容詞・名詞の現在肯定形は「ーだということだ」となる
(例:きれいだということだ・学生だということだ)


【意味】
(伝聞・伝言)〜だそうだ

【例文】
①明日は雪が降るということだ
→明日は雪が降るそうだ

②新しい先生はやさしいということだ
→新しい先生はやさしいそうだ

③黄さんは日本語能力試験に合格したということだ
→黄さんは日本語能力試験に合格したそうだ

【説明】
「〜ということだ」はどこかから得た情報を他の人にそのまま伝える時に使われる伝聞表現です。テレビのニュースや新聞などでよく使われる表現ですね😊N3を受ける人は「〜とのことだ」(手紙などでよく使われます)と一緒に覚えてしまいましょう😉

[例]
明日は雪が降るということだ=明日は雪が降るとのことだ
blog〜ということだ2
②説明文

【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+ということだ

【意味】
(つまり)〜という意味だ

【例文】
①A:このワインは2本で3000円だったの
 B:つまり1本1500円(だ)ということね状況の解釈
 →つまり1本1500円という意味だね

②「立入禁止」というのは「入ってはいけない」ということだ
 →「立入禁止」というのは「入ってはいけない」という意味だ語句の意味を説明

③社長:明日から会社に来なくていい!
 社員:つまり私は首ということですね…【状況の解釈】
 →つまり私は首という意味ですね

【説明】
「〜ということだ」にはもう1つ意味は語句の意味を説明したり、状況について解釈した内容を言い換えて言う時に使われます

【補足説明】
「〜ということだ」の口語形は「〜ってことだ」ですので、一緒に覚えてしまいましょう😀 

【「という」シリーズ】
〜ということだ
〜というところだ
〜というのは
〜というのも〜からだ
〜というもの(Nというもの)
〜というより

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村