みなさんは「〜のではないでしょうか」と「〜ではないですか」の違いをしっかりと区別できていますか😮?

[〜のではないでしょうか/〜のではないだろうか]:たぶん〜だろうたぶん〜と思う
[〜ではないですか/〜ではありませんか]:①感情を表す表現 ②相手に同意を求めて質問

丁寧形の場合は違いがはっきりしていますが、しっかりと区別して覚えなければいけないのは口語形です😨 

 【〜んじゃない(か)】(〜のではないでしょうか/〜のではないだろうかの口語形)
blog〜んじゃない(か)
 「〜んじゃない(か)」は「〜のではないでしょうか/だろうか」の口語形で「たぶん〜だろう」「たぶん〜と思う」という意味です。

上の例文は

「やればできるんじゃない?」→「たぶんやればできると思うよ」

 という意味になります😀

【〜じゃない(か)】(〜ではないですか/〜ではありませんかの口語形)
blog〜じゃない(か)
〜じゃない(か)」は「〜ではないですか」の口語形で、①驚きや非難、怒りなど感情を強調する表現です文末を下げて発音します)。もう一つは②相手が同意してくれるというのを期待して質問する表現です文末を上げて発音します)。 

上の例文は 

①「やればできるじゃない!(⤵︎)」→「やればできるね!すごい!!」(驚き
②「やればできるじゃない(⤴︎)」→「ね?やればできるでしょ?」(「うん」という答えを期待して質問

という意味になります。 

「〜んじゃない(か)」「〜じゃない(か)」 は「ん」があるかないかで意味が違ってきます。会話でもよく使う表現ですからしっかりと覚えましょう😊

【注意】
〜んじゃないか」「〜じゃないか」と最後に「か」がつくと、男言葉になります。女性は使用できませんので気をつけてください😉