blog〜もの:〜んだもの
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+もの
*な形容詞・名詞の現在肯定形は「ーだもの」(例:きれいだもの・学生だもの
動詞・形容詞・名詞[普通形]+んだもの
*な形容詞・名詞の現在肯定形は「ーなんだもの」(例:きれいなんだもの・学生なんだもの)

【意味】
(原因・理由)〜ので / 〜から

【例文】
A:どうして食べないの?
B:辛いんだもの。(男性❌・女性⭕️)

A:どうしてパーティーに行かないの?
B:熱があるんだもの。(男性❌・女性⭕️)

A:どうして、そんなにたくさん買ったの?
B:すごく安かったんだもの。(男性❌・女性⭕️)

【説明】
「〜もの」「〜んだもの」は文章の最後に使われ、原因・理由を表します。これは女言葉です。「〜もん」「〜んだもん」は話し言葉で男性も女性も使用することができます😀 

例:
A:どうして食べないの?
B:辛いもん / 辛いんだもん(男性⭕️・女性⭕️)

A:どうしてパーティーに行かないの?
B:熱があるもん / 熱があるんだもん (男性⭕️・女性⭕️)

【まとめ】
[〜もの・〜んだもの]女性が使用
[〜もん・〜んだもん]男性・女性が使用
*友達や家族などとの会話で使われる

【補足説明】
この文型は会話で使われるもので「〜もん」「〜んだもん」の形の方がよく使用されます。理由を言う時に使われる「だって」とセットで覚えてしまうといいですね😉また、「どうして・なぜ」の話し言葉「なんで」も一緒によく使われます。「だって」「なんで」は男性・女性どちらも使用可能です😊

例:
A:なんで食べないの?(どうして食べないんですか?)
B:だって辛いんだもん。 (なぜなら辛いからです。)


友達との会話でぜひ使ってみましょう😀

【「もの」シリーズ】
〜たいものだ・〜てほしいものだ
〜たものだ
〜たものではない
〜というもの(Nというもの)
〜ないものだろうか
〜ないものは〜ない
〜もの・〜んだもの
〜ものか
〜ものがある
〜ものだ(感慨)
〜ものだ(本来の性質・一般的な考え方)
〜ものだ・〜ものではない

〜もので・〜ものだから
〜ものと思っていた
〜ものなら
〜ものの
〜ものを
〜ようものなら