blogほかならぬ
【接続】
ほかならない+人を表す名詞
ほかならぬ+人を表す名詞


【意味】
特別(とくべつ)に大切(たいせつ)な人である〜


【例文】
①父:欲(ほ)しがっていたバッグを買ってきたぞ〜
 娘:お父さん、ありがとう〜
 父:ほかならないお前(まえ)の頼(たの)みなら、何でも聞くぞ!
→大切なお前の頼みなら、何でも聞くぞ!



②彼女:今日は手伝(てつだ)ってくれて、助(たす)かったわ!
 彼氏:ほかならない君(きみ)の頼みだからね
→大切な君の頼みだからね


ほかならない彼の頼みを断(ことわ)ることなんてできない
→大切な彼の頼みを断ることなんてできない


ほかならない先輩(せんぱい)のお願(ねが)いなので、やらないわけにはいかない
→大切な先輩のお願いなので、やらないわけにはいかない


ほかならないあなたが言ったことだから信(しん)じたのに、うそだったなんて…
→大切に思っているあなたが言ったことだから信じたのに…



【説明】
「ほかならないA」「ほかならぬA」は「特別(とくべつ)に大切(たいせつ)な人であるA」という意味の文型です。「A」には人を表(あらわ)す名詞(めいし)が入ります。「ほかならない〜」と「ほかならぬ〜」は同(おな)じ意味でチェンジできますが、「ほかならぬ〜」の方(ほう)がよく使われます😮多(おお)くの場合(ばあい)は「ほかならぬ〇〇の頼み」という形(かたち)が使われます。

[例]
ほかならない彼の頼みを断ることなんてできない
ほかならぬ彼の頼みを断ることなんてできない


「〜にほかならない」「〜からにほかならない」と一緒(いっしょ)に覚えておきましょう😊




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村