blogてくる(移動時の状態)
【接続】
動詞[形]+てくる


【意味】
〜しながら近(ちか)づいてくる
〜という手段で近づいてくる


【例文】
①A:どうしたの?
 B:遅刻(ちこく)しそうだったから、走(はし)ってきた


②友達(ともだち)が、ケーキを持(も)ってきてくれた

③先生(せんせい):学校(がっこう)までバスに乗(の)ってきましたか?
 学生(がくせい):いいえ、自転車(じてんしゃ)に乗ってきました

④彼女(かのじょ)は、毎日(まいにち)学校まで歩(ある)いてくるらしいよ


⑤ボールが飛(と)んできてびっくりした


【説明】
「〜てくる」は人(ひと)・物(もの)・動物(どうぶつ)が、[ある状態(じょうたい)を続(つづ)けた状態]や[ある動作(どうさ)を続(つづ)けた状態(じょうたい)]で近(ちか)づくと言(い)いたい時(とき)に使(つか)います。「どんな動作をした状態で近づいてくるか」や「どんな手段(しゅだん)で近づいてくるか」を表(あらわ)します。 

[例]
①A:どうしたの?
 B:遅刻しそうだったから、走ってきた
→「走る」という手段を使って学校に来(き)た

②友達が、ケーキを持ってきてくれた
→「ケーキを持つ」という状態を続けて来た

③先生:学校までバスに乗ってきましたか?
 学生:いいえ、自転車に乗ってきました
→「自転車に乗る」という手段を使って学校に来た

④彼女は、毎日学校まで歩いてくるらしいよ
→学校まで「歩く」という手段を使ってくる

⑤ボールが飛んできてびっくりした
→ボールが「飛ぶ」という状態で近づいた


「〜てくる」にはたくさん意味(いみ)があるので、復習(ふくしゅう)をしておきましょう😀

【「〜てくる」を使う文型】






語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村