blogてでも
【接続】
動詞[て形]+でも


【意味】
〜のためなら、〜という手段(しゅだん)を使(つか)う


【例文】
①A:彼女(かのじょ)かわいいよね〜
 B:うん。100万円(まんえん)払(はら)ってでもデートしたいよ
→デートするためなら、100万円払う


②仕事(しごと)を休(やす)んででも、新(あたら)しいゲームを買(か)いに行(い)きたい
→新しいゲームを買いに行くためなら、仕事を休む

③あそこのラーメンは、また並(なら)んででも食(た)べたいわ
→ラーメンを食べるためなら、並ぶ


④かぜをひいたが、無理(むり)してでも試験(しけん)を受(う)けに行きたい
→試験を受けるためなら、無理する

⑤友達(ともだち)との約束(やくそく)をドタキャンしてでも、パーティーに行くつもりだ
→パーティーに行くためなら、ドタキャンする



【説明】
「AてでもB」は「Aのためなら、どんな手段(しゅだん)でもとる」「Bを実現(じつげん)するためなら、Aという大変(たいへん)な手段(しゅだん)を使(つか)う」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「A」には、普通(ふつう)ではしないような極端(きょくたん)なことが入(はい)ります。「Bのためなら、どんなすごいことでもする」「どんな手段を使っても、Bしたい」と言いたい時(とき)に使われ、「絶対(ぜったい)にBしたい」という気持(きもち)ちを強調(きょうちょう)します😮また、「何(なん)としてでも」はよく使われる形(かたち)ですので覚(おぼ)えておきましょう。

「何としてでも」
[意味]
どんなことをしてでも
どんな手段を使ってでも、必(かなら)ず〜


[例]
何としてでも、パーティーに行きたい 
→どんなことをしてでも、パーティーに行きたい


「〜てでも」はよく使われる文型ですので、しっかりと覚えておきましょう😀


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村