blog除夜の鐘
【除夜の鐘(じょやのかね)】

今日(きょう)は大晦日(おおみそか)。今回(こんかい)は「除夜の鐘(じょやのかね)」について、少(すこ)し紹介(しょうかい)したいと思(おも)います。文法(ぶんぽう)を復習(ふくしゅう)しながら読(よ)んでみてください😊



【「除夜の鐘」って何(なに)?】


「除夜の鐘」とは大晦日から元旦(がんたん)にかけて、お寺(てら)でつく鐘(かね)のことです。12/31(大晦日)から1/1(新年)になる時につかれますので、だいたい0時に近(ちか)くなった頃(ころ)に始(はじ)まります。鐘は、「108回(かい)」つかれます。ちなみに、お寺の鐘を鳴(な)らすことを「鐘をつく」と言います。「つく」は漢字(かんじ)で書くと「撞く」です。






【「除夜の鐘」をつく意味(いみ)は?】

「除夜(じょや)」には、「古(ふる)いものを捨(す)てて、新(あたら)しいものを入(い)れる」という意味があります。そのことから、除夜の鐘の音(おと)を聞(き)くと、新年(しんねん)はいい年(とし)になると言われています。今年(ことし)あった悪(わる)いことなどに対(たい)する気持(きも)ちは捨てて新しい気持ちでいることで、新年はいい年になりますようにという願(ねが)いが込(こ)められているとのことです。






【「除夜の鐘」を108回つくのはどうして?】

調(しら)べたところによると、「除夜の鐘」を108回つく理由(りゆう)はいくつかあるようで、はっきりとわからないそうです😅その中(なか)で私(わたし)がおもしろいと思ったのは、仏教(ぶっきょう)の言葉(ことば)「四苦八苦(しくはっく)」に関するものです。「四苦八苦」の「苦」は「く」と読(よ)みます。「く」は数字(すうじ)にすると「9」になります。

四苦八苦
4989
4×9+8×9=108


このことから、除夜の鐘は108回になったという人もいるということです😮







日本に住(す)んでいる人は、年越(としこ)しそばを食(た)べながら「除夜の鐘」を聞いてみてくださいね。

それではみなさん、よいお年(とし)を…



語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村