blogなかったことがある
(復習:何のこと?

【接続】
動詞[なかった形]+ことがある


【意味】
〜しなかった経験(けいけん)がある


【例文】 
①お母(かあ)さんにテストを見(み)せなかったことがある
→お母さんにテストを見せなかった経験(けいけん)がある
(復習:見る・見せる

②知(し)っているのに、教(おし)えてあげなかったことがある
→知っているのに、教えてあげなかった経験がある
(復習:〜ている(結果の状態)

③友達(ともだち)に、本当(ほんとう)のことを言(い)わなかったことがある
→友達に、本当のことを言わなかった経験がある

④授業(じゅぎょう)に間(ま)に合(あ)わなかったことがある
→授業に間に合わなかった経験がある

⑤「手伝(てつだ)って」と言われたのに、狸寝入(たぬきねい)りをして手伝わなかったことがある
→手伝わなかった経験がある
(復習:狸寝入り


【説明】
「〜なかったことがある」は「〜しなかった経験(けいけん)がある」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。この文型は、ただ「〜しなかった」という意味ではなく、【「〜しなかった」という経験がある】と強調(きょうちょう)して言いたい場合(ばあい)に使(つか)われます😮多(おお)くの場合(ばあい)、「〜しなければいけないのに〜しなかった経験が何回(なんかい)かある」「いつもは〜するのに、〜しなかったという経験が何回かある」と言いたい時に使われます。

[例]
お母さんにテストを見せなかったことがある
→いつもはテストを見せているが、「見せなかった」経験が何回(なんかい)かある

知っているのに、教えてあげなかったことがある
「教えてあげなかった」という経験があることを強調

友達に、本当のことを言わなかったことがある
→いつもは本当のことを言うが、「言わなかった」経験が何回かある 

授業に間に合わなかったことがある
→いつもは授業に間に合うが、「間に合わなかった」経験が何回かある

「手伝って」と言われたのに、狸寝入りをして手伝わなかったことがある
→いつもは手伝うが、「手伝わなかった」経験が何回かある


「〜たことがある」の否定形(ひていけい)「〜たことがない」とは区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:〜ことがある・〜ことがない) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村