blogゲリラ豪雨だけ
【ゲリラ豪雨(げりらごうう)】


ここ数年(すうねん)、よく聞(き)くようになった「ゲリラ豪雨(ごうう)」。「ゲリラ豪雨」とはいったいどのような意味(いみ)なのでしょうか?
(復習:ここ〜
(復習:〜ようになる
(復習:〜とは・〜というのは(定義・説明)
(復習:いったい


【「ゲリラ豪雨」ってどんな意味?】
(復習:〜って(主題・定義)


「ゲリラ豪雨」は「予測(よそく)するのが難(むずか)しい集中豪雨(しゅうちゅうごうう)」という意味です。「集中豪雨」というのは「集中的(しゅうちゅうてき)にとても強(つよ)い雨(あめ)が降(ふ)る」ことです。


【なんで「ゲリラ豪雨」っていうの?】
(復習:なんで?

「ゲリラ豪雨」の「ゲリラ」というのは「ゲリラ戦(せん)」からきています。「ゲリラ戦」とは、突然(とつぜん)攻撃(こうげき)したり、敵(てき)の後(うし)ろから攻撃したりする、予測できない戦(たたか)い方(かた)のことです。このことから、「予測できない大雨(おおあめ)」を「ゲリラ豪雨」と言(い)うようになりました。
(復習:〜ことから


「ゲリラ豪雨」は「予測できない集中豪雨」のため、天気予報(てんきよほう)などでも注意(ちゅうい)を呼(よ)びかけることができません。
(復習:〜ために(原因)

blogゲリラ豪雨災害

時(とき)には洪水(こうずい)や土砂崩(どしゃくず)れといった、大(おお)きな被害(ひがい)がでることもあります😨
(復習:時には
(復習:〜といった
(復習:〜ことがある

また「ゲリラ豪雨」は俗語(ぞくご)であり、正式(せいしき)な気象用語(きしょうようご)ではありませんので、ニュースや新聞(しんぶん)などでは「局地的大雨(きょくちてきおおあめ)」という表現(ひょうげん)が使(つか)われます😮
(復習:「新聞」と「ニュース」
(復習:〜など・〜なんか・〜なんて

「ゲリラ豪雨」というのを聞(き)く機会(きかい)があるかもしれませんので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います。

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村