blogものがある
【接続】
動詞[辞書形]+ものがある
動詞[ない形]+ものがある
い形容詞[ーい]+ものがある
な形容詞[ーな]+ものがある


【意味】
〜という感(かん)じがする
〜と感じる
〜という特徴(とくちょう)を持(も)っている



【例文】
①この絵(え)にはすばらしいものがある
→この絵はとてもすばらしいと感じる

②家(いえ)に帰(かえ)っても誰(だれ)もいないのは、寂(さみ)しいものがある
→家に帰っても誰もいないのは、少し寂しいと感じる 

③今日中(きょうじゅう)にレポートを書(か)き上(あ)げなければいけないのは、つらいものがある
→今日中にレポートを書き上げなければいけないのは、つらいと感じる
(復習:〜中に(じゅうに)

③彼(かれ)のスピーチには、人(ひと)を感動(かんどう)させるものがある
→彼のスピーチは、すごく人を感動させると感じる

⑤彼女(かのじょ)の日本語(にほんご)の上達(じょうたつ)ぶりには目(め)を見張(みは)るものがある 
→彼女の日本語の上達ぶりは、すごく驚(おどろ)く
(復習:〜ぶり・〜っぷり


【説明】
「〜ものがある」は「〜という感(かん)じがする」 「〜と感じる」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。これは気持(きも)ちや感情(かんじょう)を表(あらわ)したい時(とき)に使(つか)われる文型で、「すごく〜と感じる」「少(すこ)し〜と感じる」と、どちらの場合(ばあい)も使うことができます😮例文⑤の「目(め)を見張(みは)る」は慣用句(かんようく)で、「目を見張るものがある」は慣用的表現(かんようてきひょうげん)ですので、そのまま覚(おぼ)えておきましょう😉

「目を見張るものがある」

[意味]
すごく驚く
すごく感心(かんしん)する



「〜ものがある」はよく、「〜には〜ものがある」「〜のは〜ものがある」の形(かたち)で使われます。「もの」がつく文型はたくさんありますので、しっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😀
(復習:「〇〇シリーズリスト」) 

【「もの」シリーズ】
〜たいものだ・〜てほしいものだ
〜たものだ
〜たものではない
〜というもの(Nというもの)
〜ないものだろうか
〜ないものは〜ない
〜もの・〜んだもの
〜ものか
〜ものがある
〜ものだ(感慨)
〜ものだ(本来の性質・一般的な考え方)
〜ものだ・〜ものではない

〜もので・〜ものだから
〜ものと思っていた
〜ものなら
〜ものの
〜ものを
〜ようものなら 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村