blogごとき
【接続】
名詞[辞書形]+ごとき


【意味】
〜など


【例文】
①子供(こども)ごときに負(ま)けたくないな… 
→子供などに負けたくないな…

②彼(かれ)ごときにわかるわけがない
→彼などにわかるわけがない 
(復習:〜わけがない) 

③山田(やまだ)ごときに教(おし)えるものか!
→山田などに教えるものか!
(復習:〜ものか) 

④あいつごときが優勝(ゆうしょう)するとは思(おも)えないな
→あいつなどが優勝するとは思えないな

⑤A:つまらないものですが、どうぞ
 B:私(わたし)ごときにこんなステキなものを…ありがとうございます
→私などにこんなステキなものを…ありがとうございます
(復習:つまらないものですが…


【説明】
「〜ごとき」が人(ひと)を表(あらわ)す名詞(めいし)と使(つか)われると「〜など」という意味(いみ)になり、相手(あいて)に使うと【軽視(けいし)】、自分(じぶん)に使うと【謙遜(けんそん)】を表(あらわ)します。これは「〜ごとき」にしかない用法(ようほう)ですので、「〜ごとし」や「〜ごとく」を使って表すことはできません😮この「人を表す名詞+ごとき」は、ひらがなで書(か)くことがほとんどだと覚(おぼ)えておきましょう。
(復習:〜など・〜なんか・〜なんて

[例]
①子供(こども)ごときに負けたくないな… 
【「子供」を軽視】

②彼ごときにわかるわけがない
【「彼」を軽視】

③山田ごときに教えるものか!
【「山田」を軽視】

④あいつごときが優勝するとは思えないな
【「あいつ」を軽視】

⑤A:つまらないものですが、どうぞ
 B:私ごときにこんなステキなものを…ありがとうございます
【謙遜】 


「人を表す名詞+ごとき」は「〜など・〜なんか・〜なんて」の【軽視】【謙遜】の使い方と似ていますので、「〜など・〜なんか・〜なんて」をしっかりと復習(ふくしゅう)しておきましょう😀 「まるで〜よう」を表す「〜ごとし・〜ごとく・〜ごとき」とは区別(くべつ)をして覚えておきましょう。
(復習:〜など・〜なんか・〜なんて) 
(復習:〜ごとし・〜ごとく・〜ごとき) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村