blogすぎる
【接続】
動詞[ます形]+すぎる
い形容詞[ー]+すぎる
な形容詞[ー]+すぎる 


【意味】
とても〜
すごく〜



【例文】
①お酒(さけ)を飲(の)みすぎた
→お酒をすごくたくさん飲んでしまった

②お金(かね)を使(つか)いすぎた
→お金をすごくたくさん使ってしまった

③このカレーは辛(から)すぎる
→このカレーはとても辛い

④このバッグは高(たか)すぎる
→このバッグはとても高い

⑤私(わたし)の給料(りょうり)は少(すく)なすぎる
→私の給料は普通よりもすごく少ない


【説明】
「〜すぎる」は「程度(ていど)が普通(ふつう)よりも、とても〜」「程度が普通よりも、すごく〜」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「程度が普通よりも、すごく〜だ」と言(い)いたい時(とき)に使用(しよう)されます。「〜すぎて〜」という形(かたち)もよく使(つか)われますので、覚(おぼ)えておきましょう😀

[例]
①昨日はお酒を飲みすぎて、気持(きも)ちが悪(わる)くなった
→昨日はお酒をとてもたくさん飲んだので、気持ちが悪くなった

②このカレーは辛すぎで、食べられない
→このカレーはとても辛いので、食べられない


「〜すぎる」を使うと、ほとんどの場合(ばあい)【マイナスの意味】が入(はい)ります😮

[例]
①この問題(もんだい)は簡単(かんたん)すぎる
→とても簡単なのでつまらない

②彼(かれ)は元気(げんき)すぎる
→すごく元気なので、ちょっとうるさい


【上級レベルの人へ】
「〜すぎる」は上(うえ)の例(れい)のように「簡単」「元気」など、プラスの意味の単語(たんご)に使っても 、マイナスの意味が入ってしまうことがほとんどです。しかし、現代(げんだい)においてはマイナスの意味を含(ふく)まない「〜すぎる」という表現もあります。日常会話(にちじょうかいわ)やテレビ番組(ばんぐみ)などで聞(き)くことがあると思(おも)いますので、覚(おぼ)えておきましょう😊
(復習:〜てしまう(残念・後悔)
(復習:〜において・〜におけるN
(復習:〜ておく


[例]
①あの人、かっこよすぎる!!

②このケーキ、おいしすぎる

③あの歌手(かしゅ)はかわいすぎるでしょ!
(復習:〜でしょ・〜だろ

④あの映画(えいが)、おもしろすぎる


初級(しょきゅう)の文型(ぶんけい)は、会話(かいわ)でもよく使いとても重要(じゅうよう)です。しっかりと覚えて、上手(じょうず)に使えるようにがんばってくださいね😊

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村