blogがてら
*(復習:〜てくる(継起)
*(復習:貸す・借りる

【接続】
動詞[ます形]+がてら
名詞[辞書形]+がてら 


【意味】
〜する時間(じかん)を使(つか)って〜する
〜しながら〜する



【例文】
①買(か)い物(もの)がてら友達(ともだち)に本(ほん)を返(かえ)しに行った
→買い物する時間(じかん)を利用(りよう)して、友達に本を返しに行った

②また、ご旅行(りょこう)がてら遊(あそ)びに来(き)てくださいね
→また、旅行する機会(きかい)がある時(とき)は遊びに来てくださいね

③勉強(べんきょう)がてら音楽(おんがく)をきく
→音楽をききながら勉強をする

④散歩(さんぽ)がてら話(はなし)をする
→話をしながら散歩をする


【説明】
「AがてらB」は「Aする時間(じかん)を使(つか)ってBする」「AしながらBする」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。名詞(めいし)を使(つか)う場合(ばあい)は、動作(どうさ)を表す名詞が使われます😮「Aをすることで、Bもできる」と言(い)いたい時(とき)に使いますので、主(しゅ)となる動作は「A」だと覚(おぼ)えておきましょう😀「AついでにB」は「Aする機会(きかい)を使ってBする」という意味の文型ですので、一緒(いっしょ)に覚えておきましょう。
(復習:〜ついでに

[例]
買い物がてら、友達に本を返しに行った
=買い物のついでに、友達に本を返しに行った


また「〜がてら」は【同時並行動作(どうじへいこうどうさ)】を表すこともできると覚えておきましょう。この場合は「〜ついでに」にはチェンジできませんので注意(ちゅうい)してください😨

[例]
勉強がてら音楽をきく
→音楽をききながら勉強をする
(復習:〜ながら(同時進行動作)
→❌勉強のついでに音楽をきく


「〜がてら」はかたい言い方(かた)です。会話(かいわ)では「〜ながら」「〜ついでに」の方(ほう)がよく使われます😊N1を受(う)ける人(ひと)はテストのためにしっかりと覚えておきましょう。
(復習:〜ために(目的)) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村