blogうちに(状態継続時)

【接続】
動詞[辞書形]+うちに 
動詞[ない形]+うちに
動詞[ている形]+うちに
形容詞[辞書形]+うちに
名詞[辞書形]+のうちに


【意味】
〜の状態(じょうたい)が続(つづ)く時(とき)に
〜の状態の時(とき)に
〜の時間(じかん)の時に
〜の時間以内(いない)に



【例文】
①温(あたた)かいうちに食(た)べてね
→温かい状態(じょうたい)の時(とき)に食べてね

②学生(がくせい)のうちに留学(りゅうがく)したいものだ
→学生の状態でいる時に留学したいものだ
(復習:〜たいものだ

③桜(さくら)が咲(さ)いているうちにお花見(はなみ)に行(い)きたかった
→桜が咲いている状態の時にお花見に行きたかった

④お母(かあ)さんがいないうちに、ゲームをしよっと
→今、お母さんがいないから、ゲームをしよっと
(復習:〜ようっと

⑤スーパーが開(あ)いているうちに、買(か)い物(もの)に行(い)かなくちゃ
→スーパーが開いている時間(じかん)に、買い物に行かなくちゃ
(復習:〜なくちゃ

⑥朝(あさ)のうちに宿題(しゅくだい)をしてしまったほうがいいよ
→朝の時間に宿題をしてしまったほうがいいよ
(復習:〜てしまう(完了)
(復習:〜ほうがいい

⑦ここ3日(みっか)のうちに、レポートを書(か)き上(あ)げなければいけない
→ここ3日以内(いない)に、レポートを書き上げなければいけない
(復習:ここ〜
(復習:〜上げる


【説明】
「AうちにB」は「Aの状態(じょうたい)が続(つづ)く時(とき)にBをする」「Aの時間(じかん)以内(いない)にBする」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「B」には意志をあらわすことがきます。この文型は「Aの状態が続く時にB」という意味ですので、「A」に動詞(どうし)を使(つか)う場合(ばあい)は【状態動詞の辞書形・ない形】や状態を表す【ている形】にしか使いません😀

[例]
桜が咲いているうちにお花見に行きたかった
→咲いている【〜ている(状態)】

日本(にほん)にいるうちにスカイツリーを見(み)に行(い)きたい
→いる【状態動詞の辞書形】

お母さんがいないうちに、ゲームをしよっと
→いない【状態動詞のない形】

スーパーが開いているうちに、買い物に行かなくちゃ
→開いている【〜ている(状態)】


【中級レベル以上の人へ】
「今(いま)のうちに」「今のうち」は「今の機会(きかい)に」「今の機会」という意味で、「後(あと)でするのではなく、今(いま)」と言(い)いたい時に使います😮文法(ぶんぽう)としてではなく、1つの単語(たんご)として覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😉
(復習:〜として

[例]
娘(むすめ)がやっと寝た!今のうちにブログを書(か)いちゃおう
今の機会に、ブログを書いちゃおう
(復習:〜ちゃう・〜じゃう) 

謝(あやま)るなら、今のうちだよ!
→謝るなら、今の機会に謝ったほうがいいよ
*「後(あと)で謝ったら、もう許(ゆる)してもらえないよ」という意味


「〜うちに」は意味がたくさんあり、とても複雑(ふくざつ)な文型です。今回(こんかい)は、少(すこ)し例文(れいぶん)を多(おお)めに作(つく)りました。N3以上(いじょう)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😊
(復習:〜め

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村