今回(こんかい)は口語形(こうごけい)「〜かな」「〜かしら」についてです。「〜かな」「〜かしら」の文法(ぶんぽう)も説明(せつめい)していますので、忘(わす)れた人(ひと)は復習(ふくしゅう)をしておいてください😉(復習:〜かな・〜かしら(文法)
blogかな・かしら(口語形)
【〜かな=〜だろうか・〜でしょうか】【〜かしら=〜だろうか・〜でしょうか】


[例文]
①今日(きょう)は雨(あめ)が降(ふ)るかな
→今日は雨が降るだろうか

②娘(むすめ):お母さん、今日は雨が降るかな
 →お母さん、今日は雨が降るだろうか
 母:たぶんね…お父(とう)さんは傘(かさ)を持(も)っているかしら
 →たぶんね…お父さんは傘を持っているだろうか

③A:なんだか頭(あたま)が痛(いた)い。なんでかな
 →なんだか頭が痛い。なんでだろうか
 B:カゼをひいたんじゃない?
(復習:なんだか
(復習:〜んじゃない

④お母さん、あれを食(た)べてもいいかな
→お母さん、あれを食べてもいいだろうか

⑤A:ちょっと手伝(てつだ)ってくれるかしら
 →ちょっと手伝ってくれるでしょうか
 B:いいですよ

⑥もうこんな時間(じかん)!お母さんに怒(おこ)られるかな
→もうこんな時間!お母さんに怒られるだろうか
(復習:もうこんな時間!) 


【注意しましょう😨】
「〜かな」は男性(だんせい)でも女性(じょせい)でも使(つか)うことができますが、「〜かしら」は女性が使う言葉(ことば)です。男性は使えませんので注意(ちゅうい)してください!!また「〜かな」「〜かしら」は目上(めうえ)の人には使えませんので、家族(かぞく)や友達(ともだち)と使うようにしましょう😉


「〜かな」「〜かしら」は独り言(ひとりごと)で自分(じぶん)に問(と)いかける場合(ばあい)も、相手(あいて)に質問(しつもん)する場合にも使うことができます😊日本人がとてもよく使う口語形で、みなさんも聞(き)く機会(きかい)がたくさんあると思(おも)いますので、使い方も復習(ふくしゅう)しておいてくださいね😀(復習:〜かな・〜かしら(文法)

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村