絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

blogなんとなく
【なんとなく〜】


[意味]
A はっきりした理由や目的がなく〜する 
B 原因・理由がはっきりわからないが〜と感じる


[例文]
なんとなく宝くじ(たからくじ)を買ったら当(あ)たった
はっきりした目的(もくてき)がなく宝くじを買ったら当たった

なんとなくデパートに行ったら、友達(ともだち)に会(あ)った
はっきりした目的がなくデパートに行ったら、友達に会った

なんとなくテレビを見ていて、そのニュースを知った(復習:「新聞」と「ニュース」
はっきりした目的がなくテレビを見ていて、そのニュースを知った

なんとなく頭(あたま)が痛(いた)い
原因がはっきりわからないが、頭が痛いと感(かん)じる

なんとなくこわくなってきた(復習:〜てくる
原因がはっきりわからないが、こわくなってきた

[説明]
「なんとなく〜」は「はっきりした目的がなく〜する」「原因・理由(げんいん・りゆう)がはっきりわからないが〜と感じる」と言いたい時に使います。後ろに意志動詞(いしどうし)がきた場合は「はっきりした目的がなく〜する」という意味になります😮

[例]
なんとなく宝くじを買ったら当たった【「買う」は意志動詞】
なんとなくデパートに行ったら友達に会った【「行く」は意志動詞】
なんとなくテレビを見ていて、そのニュースを知った【「見る」は意志動詞】

後ろに無意志動詞(むいしどうし)や形容詞、「〜たい」などがきた場合は「原因・理由がはっきりわからないが〜と感じる」という意味になります😀

[例]
なんとなく頭が痛い【「痛い」は形容詞】
なんとなくこわい【「こわい」は形容詞】
なんとなくケーキが食べたい【「〜たい」】

「原因・理由がはっきりわからないが〜と感じる」という意味の場合は、「なんだか」にチェンジすることができます😊(復習:なんだか

[例]
なんとなく頭が痛い=なんだか頭が痛い
なんとなくこわい=なんだかこわい
なんとなくケーキが食べたい=なんだかケーキが食べたい


【上級レベルの人へ】
「なんとはなしに」は「なんとなく」と同じ意味ですので一緒に覚えておきましょう。使い方も「なんとなく」と同じです😉 会話では「なんとなく」の方がよく使います。

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blog〜ったら
【接続】
動詞[普通形]+ったら

【意味】
相手(あいて)に自分の主張(しゅちょう)を強調(きょうちょう)する

【例文1】
娘:今日プリンを買ってきてね
母:OK〜
娘:プリンだよ!わかった?
母:…わかったよ
娘:プリ…
母:わかったったら

【例文2】
母:宿題(しゅくだい)やったの?
娘:やったよ
母:本当(ほんとう)に?
娘:やったったら!!

【説明】
「〜ったら」は相手に自分の言いたいことがわかってもらえずに、話者(わしゃ)がイライラしている様子(ようす)を表す文型です。これは家族(かぞく)や友達(ともだち)との会話(かいわ)で使われるものですから、目上(めうえ)の人には使わないように気をつけてください😨

【余裕のある人へ】
「〜ったら」は同じ動詞を繰り返して(くりかえして)、相手に強く言うのにも使われます😮この場合、【命令形】【て形】に使われます。

[例]
やめろったらやめろよ!

食べろったら食べろよ!

帰ってったら帰ってよ!

【命令形】は男性が使うものですから、女性は使わないようにしましょう。女性は【て形】を使うようにしてくださいね😉


「〜ったら」は「〜ってば」とほとんど同じ意味で使用されます。(復習:〜ってば繰り返す場合は「〜ってば」にチェンジできませんので気をつけてください😨「〜ってば」を忘(わす)れてしまった人は復習(ふくしゅう)しておいてくださいね😊

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


 

blogように
【接続】
動詞[辞書形・ない形]+ように

【意味】
祈願(きがん)や希望(きぼう)を表す


【例文】
①N1に合格できますように
→N1に合格したい願(ねが)っている

② 明日(あす)は雨(あめ)が降(ふ)りませんように
→明日は雨が降らないでほしいと願っている

③あなたにとって、いい1年になりますように(復習:〜にとって
→あなたにとって、いい1年になってほしいと願っている


【説明】
「〜ように」は願望(がんぼう)や希望を表す文型です。この文型は自分の願望を表す時、そして相手(あいて)に対しても使うことができます😀自分の願望を表す場合は、例文①のように、ほとんど神様(かみさま)にお願いするような場面で使われます。また相手に対して使う場合は、例文③のように、手紙(てがみ)などに書かれていることがほとんどです😮

[例]
(神社で神様に)N1に合格できますように…→神様(かみさま)にお願いしている

あなたにとって、いい1年になりますように→年賀状(ねんがじょう)に書いてある



「〜ように」は文末(ぶんまつ)だけではなく、文中に使うこともできます😊

[例]
N1に合格するように神様にお願いした
あなたにとって、いい1年になりますようにお祈(いの)りしています

また、文中に「〜ように」を使う場合は「に」を省略(しょうりゃく)することができます😀

[例]
N1に合格するよう神様にお願いした
あなたにとって、いい1年になりますよう、お祈りしています

文中に「〜ように」を使う場合は、後ろによくくる表現が決まっていますので、いくつか覚えておくといいと思います😉

[「〜ように」と一緒に使う表現]
・〜ように+願う 
・〜ように+祈る
・〜ように+望む(のぞむ)
・〜ように+期待する(きたいする)
・〜ように+希望する(きぼうする)など

テレビやマンガなどで、神社(じんじゃ)やお寺(てら)が出てくる場面では聞く機会があると思いますので覚えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogかいあって
【接続】
動詞[た形・ている形]+かいあって
名詞[辞書形]+のかいあって


【意味】
〜した効果(こうか)があって〜
〜した成果(せいか)があって〜



【例文】
①並(なら)んだかいあって、おいしいラーメンが食べられた
→並んだ効果があって、おいしいラーメンが食べられた

②努力(どりょく)したかいあって、N1に合格(ごうかく)した
→努力した成果があって、N1に合格した 

③毎日トレーニングしたかいあって、優勝(ゆうしょう)することができた
→毎日トレーニングした効果があって、優勝することができた


【説明】
「〜かいあって」は「〜した効果があって」「〜した成果があって」という意味で使われる文型です。大変なことや、辛(つら)いことをしたら、いい効果や成果が出たと言いたい時に使います😊名詞に使う場合は「〜のかいあって」になります。

[例]
努力のかいあって、N1に合格した
トレーニングのかいあって、優勝することができた


「〜かいがあって」というように「が」が入っていても意味は同じです😀

[例]
2時間並んだかいあって、おいしいラーメンが食べられた
2時間並んだかいがあって、おいしいラーメンが食べられた


また、「〜かいがある」という使い方もあります😮

[例]
このラーメンはおいしい。2時間並んだかいがある
N1に合格できた!努力したかいがあった!!


「〜かいがある」は漢字で書くと「〜甲斐がある」と書きますので、上級レベルの人は覚えておくといいと思います😊


【補足説明】
「〜かいあって」の否定形は「〜かいもなく」です。また、「〜かいがある」の否定形は「〜かいがない」と覚えておきましょう😉

[例]
努力したかいもなく、N1に合格できなかった
N1に合格できなかった…努力したかいがなかった


「〜かいあって」の後ろは必(かなら)ず「た形」がくると覚えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogやら〜やら
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+やら〜やら

【意味】
〜や〜など、他(ほか)にもいろいろ
〜とか〜など、いろいろ


【例文】
①お母さんは、料理(りょうり)やら洗濯(せんたく)やらに忙しい
→お母さんは、料理とか洗濯とか他にもいろいろと忙しい

②最近(さいきん)、勉強やらバイトやらに忙(いそが)しい 
→最近は勉強バイトなど色々なことに忙しい

③コンビニでジュースやらおにぎりやらを買った(復習:「おにぎり」と「にぎり」
→コンビニでジュースおにぎりなどを買った

④子供(こども)はお腹(なか)が痛(いた)いやら暑(あつ)いやらで泣(な)いている
→子供はお腹が痛いとか暑いとかで泣いている

【説明】
「〜やら〜やら」は「〜や〜など、他にもいろいろ」「〜たり〜たり」という意味で使われる文型です。「〜や〜」「〜とか〜」「〜たり〜たり」とほとんど同じ意味ですが、「〜や〜など、他にもいろいろある」「〜とか〜など他にもいろいろある」「〜たり〜たり他にも〜たり」というように、似(に)ているものが他にもあるということを強調(きょうちょう)します😮

[例]
①料理やら洗濯やらに忙しい
→料理とか洗濯とか掃除(そうじ)とかいろいろなことに忙しい

②最近は勉強やらバイトやらに忙しい
→勉強とかバイト以外に、試験(しけん)とかレポートとかいろいろなことに忙しい

③コンビニでジュースやらおにぎりやらを買った
→コンビニでジュースとかおにぎりの他に、チョコとかプリンとかいろいろ買った


「〜やら〜やら」は「〜とか〜とか」などに比べて、「他にもいろいろあるが、例(れい)をあげて言う時に使われる」と覚(おぼ)えておくといいと思います😉 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ