絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

blogている(繰り返し)
*(復習:なんで?
*(復習:〜てる・〜でる

【接続】
動詞[形]+ている


【意味】
同(おな)じことを繰(く)り返(かえ)してする
いつも同じことをする
いつも同じことが起(お)こる


【例文】
①いつもここでパンを買(か)っている
→いつもここでパンを買うの

②お母(かあ)さんは、毎日(まいにち)5時(じ)に起(お)きている
→お母さんは、毎日5時に起きる

③毎年(まいとし)たくさんの外国人(がいこくじん)が日本旅行(にほんりょこう)に来(き)ている
→毎年たくさんの外国人が日本旅行に来る

④よく図書館(としょかん)で宿題(しゅくだい)をしています
→よく図書館で宿題をします

⑤週(しゅう)に1回(かい)、ピアノを習(なら)いに行(い)ってる
→週に1回、 ピアノを習いに行くの
(復習:〜てる・〜でる

⑥ここで、よく事故(じこ)が起(お)きているとのことだ
→ここで、よく事故が起きるとのことだ
(復習:〜とのことだ


【説明】
「〜ている」は【繰(く)り返(かえ)し】を表(あらわ)す文型(ぶんけい)で、「いつも(同じこと)をする」「よく(同じこと)が起(お)こる」という意味(いみ)です。「何度(なんど)も同(おな)じことをする」「何度も同じことが起こる」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)いましょう😀
(復習:なん+助数詞+も) 

[例]
いつもここでパンを買っている
【同じ行為(こうい)】同じパン屋でパンを買う
「同じパン屋でパンを買う」ことを何度もする

よく図書館で宿題をしています
【同じ行為】図書館で宿題をする
「図書館で宿題をする」ことを何度もする 

ここで、よく事故が起きているとのことだ
【同じこと】この場所で事故が起きる
「同じ場所で事故が起きる」ということが何度もある


「〜ている」は初級(しょきゅう)で勉強(べんきょう)する文型(ぶんけい)ですが、たくさん意味がありとても複雑(ふくざつ)です😨どの「〜ている」も会話(かいわ)でよく使いますので、しっかりと復習(ふくしゅう)をしておきましょう😉
(復習:〜をしている) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜ごとに(単位)」「〜おきに」の違(ちが)いです。「〜ごとに」にはいくつか意味(いみ)がありますが、「〜ごとに(単位)」の意味で使(つか)われる場合(ばあい)についてです😊
(復習:〜おきに
(復習:〜ごとに(単位)
(復習:〜ごとに(それぞれ)
(復習:〜ごとに(変化)


【〜ごとに】
〜に1回(かい)〜する

【〜おきに】
〜の間(あいだ)をおいて〜する
〜の間隔(かんかく)をあけて〜する



[例文]
blogごとにvsおきにオリンピック

オリンピックはごとに開催(かいさい)される
オリンピックはおきに開催される


blogごとにvsおきに授業料

か月ごとに授業料(じゅぎょうりょう)を払(はら)う
か月おきに授業料を払う


blogごとにvsおきにゴミ

日(ふつか)ごとにゴミを出(だ)す
日(いちにち)おきにゴミを出す


【余裕のある人へ】

「〜ごとに」と「〜おきに」の違(ちが)いには例外(れいがい)があります😨「〜ごとに」「〜おきに」が【〇〇秒(びょう)】【〇〇分(ふん)】【〇〇時間(じかん)】【〇〇mm(ミリ)】【〇〇cm(センチ)】【〇〇m(メートル)】【〇〇km(キロ)】に使(つか)われる場合(ばあい)は、「〜ごとに」と「〜おきに」の区別(くべつ)がなくなります😮

blogごとにvsおきにミルク

時間ごとにミルクをあげる
時間おきにミルクをあげる


blogごとにvsおきにコンビニ

Kmごとにコンビニがある
Kmおきにコンビニがある 


「〜ごとに」「〜おきに」はとても複雑(ふくざつ)です😢日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😀

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

今回(こんかい)は「〜せいで」と「〜せいか」の違(ちが)いについてです。N3以上(いじょう)を受(う)ける人(ひと)はしっかりと区別(くべつ)をして覚(おぼ)えておきましょう😉

blogせいでvsせいか

【〜せいで】
⭕️〜が原因(げんいん)で…悪(わる)いことが起(お)きた
❌〜が原因で…いいことが起きた

【〜せいか】
⭕️たぶん〜が原因で…悪いことが起きた
⭕️たぶん〜が原因で…いいことが起きた


[例]
⭕️薬(くすり)のせいで眠(ねむ)くなってきた
⭕️薬のせいか眠くなってきた
(復習:〜てくる(発生・開始)

⭕️運動不足(うんどうぶそく)のせいで病気(びょうき)になってしまった
⭕️運動不足のせいか病気になってしまった

⭕️花粉症(かふんしょう)のせいで、何回(なんかい)もくしゃみがでる
⭕️花粉症のせいか、何回もくしゃみがでる
(復習:花粉症
(復習:なん+助数詞+も

❌薬のせいで頭痛(ずつう)が治(なお)った
⭕️薬のせいか頭痛が治った

❌がんばって勉強(べんきょう)したせいで成績(せいせき)が上(あ)がった
⭕️がんばって勉強したせいか成績が上がった


「〜せいで」は【悪い結果】にしか使えず、「〜せいか」は【いい結果】【悪い結果】両方(りょうほう)に使(つか)うことができると覚(おぼ)えておきましょう。

「〜せいで」と「〜せいか」の違(ちが)いは、「〜せいで」の中(なか)でも説明(せつめい)しています😀日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)を受ける人は「〜せいで」「〜おかげで」「〜ために」はセットで覚えておくといいと思(おも)います😊
(復習:〜せいで) 
(復習:〜おかげで・〜おかげか) 
(復習:〜ために・〜ためか) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogなん+助数詞+も

【接続】
なん+助数詞+も


【意味】
数量(すうりょう)が多(おお)いことを表(あらわ)す


【例文】
①雨(あめ)が何日(なんにち)も降(ふ)り続(つづ)いている
→雨が降り続いている日が長い

何回(なんかい)も北海道(ほっかいどう)へ行(い)ったことがある
→北海道へ行った回数が多い 

何度(なんど)も遅刻(ちこく)したので、首(くび)になってしまった
→遅刻する回数が多かったので、首になってしまった
(復習:首にする・首になる

④留学(りゅうがく)していたので、アメリカに何人(なんにん)も友達(ともだち)がいます
→留学していたので、アメリカにたくさん友達がいる
(復習:「何人」の読み方は?

⑤デパートで、何年(なんねん)も会(あ)っていなかった友達(ともだち)に会った
→デパートで、長い間会っていなかった友達に会った


【説明】
「なん+助数詞(じょすうし)+も」は数量(すうりょう)や回数(かいすう)が多(おお)いことを表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。「何」は「なに」ではなく「なん」と読(よ)むと覚(おぼ)えておきましょう😊


【中級〜上級レベルの人へ】
余裕がある人は「なん+助数詞+となく」と一緒に覚えておきましょう。
(復習:なん〜となく(なん+助数詞+となく)

[例]
①雨(あめ)が何日(なんにち)も降(ふ)り続(つづ)いている
=雨が何日となく降り続いている

何回(なんかい)も北海道(ほっかいどう)へ行(い)ったことがある
何回となく北海道へ行ったことがある


「なん+助数詞+も」は会話(かいわ)でもよく使(つか)いますので、しっかりと覚えておきましょう😉

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog手を貸す

【手を貸す(てをかす)】



[意味]
手伝(てつだ)う
助(たす)ける


[例文]
①忙(いそが)しいなら手(て)を貸(か)すよ〜
→ 忙しいなら手伝(てつだ)うよ〜

②ちょっと手を貸してちょうだい
→ちょっと手伝ってちょうだい
(復習:〜てちょうだい

③友達(ともだち)が手を貸してくれたおかげで、レポートを書(か)き上(あ)げることができた
→友達が手伝ってくれたおかげで、レポートを書き上げることができた
(復習:〜おかげで・〜おかげか
(復習:〜上げる

④困(こま)っている人(ひと)を見(み)たら、手を貸すことにしている
→困っている人を見たら、助(たす)けることにしている
(復習:〜ことにする) 


[説明]
「手を貸す」は「手伝う」という意味(いみ)を表(あらわ)す慣用句(かんようく)です。


[余裕がある人へ]
「貸す」と「借(か)りる」のように、「手を貸す」に対(たい)して「手を借りる」があります😨

【手を貸す】手伝う
【手を借りる】手伝ってもらう


[例]
①忙しかったので、友達の手を借りた
→忙しかったので、友達に手伝ってもらった

②ちょっと手を借りてもいいかしら? 
→ちょっと手伝ってもらってもいいかしら?
(復習:〜かな・〜かしら(文法)) 
(復習:〜かな・〜かしら(口語形)) 


「手を貸す」「手を借りる」も複雑(ふくざつ)だと感(かん)じる人(ひと)は多(おお)いと思(おも)います😨まず「貸す」と「借りる」の使(つか)い方(かた)をしっかりと覚(おぼ)えておきましょう😉
(復習:貸す・借りる) 

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ