絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

blog目に入る

【目に入る(めにはいる)】



[意味]
見(み)える
視野(しや)に入(はい)る



[例文]
①彼氏(かれし):君(きみ)のことが大好(だいす)きで、他(ほか)の女(おんな)の子(こ)なんて全然(ぜんぜん)目(め)に入(はい)らないよ 
 彼女(かのじょ):まあ♡

②地震(じしん)のニュースが目に入った

③なんとなく外(そと)を見(み)ていると、山田(やまだ)くんの姿(すがた)が目に入った 


④歩(ある)いている人(ひと)が目に入らなくて、事故(じこ)を起(お)こすところだった…


⑤うちの子(こ)ったら、いったんゲームをし始(はじ)めたら何(なに)も目に入らなくなるの…




[説明]
「目に入る(めにはいる)」は「見(み)える・視野(しや)に入る」という意味(いみ)を表(あらわ)す慣用句(かんようく)です。「自然(しぜん)に目に見える」と言(い)いたい時(とき)に使(つか)います。
 


「目に入る」はよく使われる慣用句ですので、覚(おぼ)えておきましょう😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogにもほどがある
【接続】
動詞・形容詞[辞書形・ない形]+にもほどがある
名詞[辞書形]+にもほどがある


【意味】
〜するのにも限度(げんど)がある
〜しすぎだ!


【例文】
①安(やす)いからって、買(か)いすぎにもほどがあるよ…
→安いからって、買いすぎだよ…



②母:部屋(へや)が汚(きたな)いにもほどがあるわ!ちゃんと片付(かたづ)けなさい
 娘:は〜い
→部屋が汚すぎだわ!ちゃんと片付けなさい

③A:どうしたの?
 B:昨日(きのう)ビールを20杯(ぱい)飲(の)んだから頭(あたま)が痛(いた)いの…
 A:飲みすぎにもほどがある
→飲みすぎにも限度があるよ

④ここの料理(りょうり)は食(た)べられたものではない…まずいにもほどがある
→まずすぎだ…


⑤上司(じょうし)にタメ語(ご)で話(はな)すとは、失礼(しつれい)にもほどがある
→すごく失礼だ




【説明】
「〜にもほどがある」は「〜するのにも限度(げんど)がある」「〜すぎだ」という意味(いみ)を表(あらわ)す文型(ぶんけい)です。多(おお)くの場合(ばあい)は、相手(あいて)がしたことや程度(ていど)が「限度を超えている!」と【非難(ひなん)】する場合に使われます。また「冗談(じょうだん)にもほどがある」は慣用的表現(かんようてきひょうげん)ですのでそのまま覚(おぼ)えておきましょう。


・冗談にもほどがある
[意味] 
冗談にも程度があり、ひどすぎる冗談はいうものではない




「〜にもほどがある」はよく使われる文型ですので覚えておきましょう😀


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

N3文型「〜など・〜なんか・〜なんて」の使い分(わ)けについてです。使い分けのルールはたくさんありますが、今回(こんかい)はよく使われる3点(てん)について紹介(しょうかい)します。感情(かんじょう)を表す「〜なんて」は、別(べつ)の文型ですのでここでは比較(ひかく)しません。


blogなどvsなんかvsなんて

【ルール①】後ろに「助詞」がくる場合
⭕️など
⭕️なんか
❌なんて
*例外はあります

【ルール②】後ろに「人」「もの」「こと」がくる場合
❌など
❌なんか
⭕️なんて

【ルール③】前に「動詞・形容詞」がくる場合
⭕️など
❌なんか
⭕️なんて


[例]
⭕️カキなど大嫌(だいきら)いだ
⭕️カキなんか大嫌いだ
⭕️カキなんて大嫌いだ

⭕️山田くんなど負(ま)けてしまった
⭕️山田くんなんか負けてしまった
❌山田くんなんて負けてしまった【ルール①】

⭕️りんごやスイカなど好きです
⭕️りんごやスイカなんか好きです
❌りんごやスイカなんて好きです【ルール①】

⭕️英語や中国語など勉強してみたい
⭕️英語や中国語なんか勉強してみたい
❌英語や中国語なんて勉強してみたい【ルール①】

❌山田などは知らない【ルール②】
❌山田なんかは知らない【ルール②】
⭕️山田なんては知らない

❌彼がそれを知らなかったなどことはありえないよ!【ルール②】
❌彼がそれを知らなかったなんかことはありえないよ!【ルール②】
⭕️彼がそれを知らなかったなんてことはありえないよ!


⭕️デートに遅(おく)れるなど許(ゆる)せない
❌デートに遅れるなんか許せない【ルール③】
⭕️デートに遅れるなんて許せない

⭕️ドタキャンするなどありえない!
❌ドタキャンするなんかありえない!【ルール③】
⭕️ドタキャンするなんてありえない!


⭕️上司(じょうし)にタメ語(ご)を使うなど、失礼(しつれい)極(きわ)まりない
❌上司にタメ語を使うなんか、失礼極まりない【ルール③】
⭕️上司にタメ語を使うなんて、失礼極まりない




「〜など・〜なんか・〜なんて」の使い分けは、例外(れいがい)もたくさんあり、とても複雑(ふくざつ)です😣上級レベルの人や余裕(よゆう)がある人は覚(おぼ)えておくといいと思います😊

【「〜など・〜なんか・〜なんて」の用法】





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogなど・なんか・なんて(謙遜)
【接続】
名詞[辞書形]+など・なんか・なんて


【意味】
謙遜(けんそん)の気持(きも)ちを表(あらわ)す


【例文】
①A:日本語がとても上手(じょうず)になりましたね
 B:私なんてまだまだです

②彼氏:君(きみ)は本当(ほんとう)に美人(びじん)だね
 彼女:私なんて…田中(たなか)さんの方(ほう)が美人だと思(おも)うわ

③A:おいしい〜!料理(りょうり)がうまいね!
 B:私なんか全然(ぜんぜん)上手じゃないよ

④上司(じょうし):今月(こんげつ)からリーダーとしてがんばってくれ
 部下(ぶか):私などにきちんとできるかわかりませんが、がんばります


⑤うちの息子(むすこ)なんて、全然イケメンじゃないわよ〜



【説明】
「〜など・〜なんか・〜なんて」を自分(じぶん)や自分に近(ちか)い人(ひと)に使(つか)うと謙遜(けんそん)していることを表(あらわ)します😊「〜なんか・〜なんて」は「〜など」の口語形(こうごけい)です😀

[例]
①A:日本語がとても上手(じょうず)になりましたね
 B:私なんてまだまだです
→「私はまだまだ上手ではない」と謙遜している

②彼氏:君は本当に美人だね
 彼女:私なんて…田中さんの方が美人だと思うわ
→「私は美人ではない」と謙遜している

③A:料理が本当にうまいね!
 B:私なんか全然上手じゃないよ
→「私は上手ではない」と謙遜している

④上司:今月からリーダーとしてがんばってくれ
 部下:私などにきちんとできるかわかりませんが、がんばります
→「私にできるかわからない」と謙遜の気持ちを表している

⑤うちの息子なんて、全然イケメンじゃないわよ〜
→「うちの息子はイケメンじゃない」と、謙遜している


「〜など・〜なんか・〜なんて」には【例(れい)をあげる】【軽視(けいし)・軽蔑(けいべつ)を表す】用法(ようほう)もありますので、一緒(いっしょ)に覚(おぼ)えておきましょう。また【感情(かんじょう)を表す】「〜なんて」は全然(ぜんぜん)違(ちが)う文型ですので区別(くべつ)しておきましょう😀

【関連文型】





語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
 

blogなど・なんか・なんて(軽視)
【接続】
名詞[辞書形]+など・なんか・なんて


【意味】
軽視(けいし)・軽蔑(けいべつ)を表(あらわ)す


【例文】
①山田(やまだ)くんなんかに負(ま)けてしまった…
[軽視する相手]山田くん


②A:日本語は難(むずか)しいな…
 B:日本語なんて簡単(かんたん)だよ〜
[軽視する対象]日本語

③あなたなどに私(わたし)の気持(きも)ちはわからないわ!
[軽視する相手]あなた

④A:山田くんはオバケと話(はな)したことがあるそうよ!
 B:そんなバカな話(はなし)なんか信(しん)じたらだめだよ〜
[軽視する対象](オバケと話したという)バカな話


⑤母(はは):明日(あした)テストがあるんでしょ?遊(あそ)んでいる時間(じかん)なんてないはずよ!
 娘:は〜い
[軽視する対象]遊んでいる時間


⑥こんなケガなんて全然(ぜんぜん)痛(いた)くないよ
[軽視する対象]少しのケガ


【説明】
「〜など・〜なんか・〜なんて」を相手(人)や対象(もの・こと・動物)に使うと【軽視・軽蔑】の気持ちを表します。 

[比較]
・山田くんなんかに負けた
→「自分よりバカな山田くんに負けた」「嫌(きら)いな山田くんに負けた」という気持ちを表す。相手の「山田くん」にはいい感情(かんじょう)はない

・山田くんに負けた
→ただ「山田くんに負けた」と言っているだけ 


軽視・軽蔑を表す「〜など・〜なんか・〜なんて」は相手・対象に使うと、とても失礼(しつれい)になりますので使い方(つかいかた)に気(き)をつけなければいけません😣 また「〜など・〜なんか・〜なんて」には【例をあげる】【謙遜(けんそん)】を表す用法(ようほう)もありますので復習(ふくしゅう)しておきましょう。

【関連文型】 




語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ