絵でわかる日本語

日本語文法・自動詞他動詞・口語形・間違えやすい日本語・擬音語・擬態語などを「絵」で説明します。日本語を勉強している人のためのブログです😊

blogタメ


【タメ】


[意味]
同(おな)い年(どし)
同い年の人(ひと)



[説明]
「タメ」とは「同(おな)い年(どし)」という意味(いみ)の俗語(ぞくご)です。 「タメ年(どし)」の省略(しょうりゃく)で、ほとんどの場合(ばあい)は「タメ」の形(かたち)で使(つか)われます。また、敬語(けいご)や「〜です・〜ます」のような丁寧語(ていねいご)を使わない友達言葉(ともだちことば)を「タメ口(ためぐち)」と言(い)います。「タメ口」のことを「タメ語(ためご)」ということもあります。


[まとめ] 
タメ(タメ年)→同い年
タメ口・タメ語→友達言葉 



[例文]
①私(わたし)たちタメだから、敬語(けいご)じゃなくていいよ〜

②あの女優(じょゆう)が私とタメだとは知(し)らなかったわ

③A:私たちタメだし、敬語じゃなくてタメ口(ためぐち)で話(はな)そうよ
 B:うん、そうしよう!

④最近(さいきん)の新入社員(しんにゅうしゃいん)はタメ口でしか話(はな)せない

⑤A:私は2000年(ねん)に生(う)まれたんだよ
 B:私も!
 A:じゃあ、私たちはタメということだね〜


⑥社長(しゃちょう)にタメ口をきこうものなら、首(くび)になっちゃうよ! 



⑦初(はじ)めて会(あ)った人(ひと)にはタメ口を使(つか)わないほうがいいよ 



「タメ」「タメ口」は聞(き)く機会(きかい)があるかもしれませんので、覚(おぼ)えておくといいと思(おも)います😊


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blog頭に入れる


【頭に入れる(あたまにいれる)】



[意味]
理解(りかい)して、しっかりと覚(おぼ)えておく 


[例文]
①先生(せんせい):この文法(ぶんぽう)は大切(たいせつ)ですから、しっかりと頭(あたま)に入(い)れておいてください


②今(いま)言(い)ったことを、しっかりと頭に入れておくように


③旅行(りょこう)のスケジュールを頭に入れといて


④スポーツ観戦(かんせん)は、ルールを頭に入れてから行(い)ったほうが楽(たの)しめる

⑤目的地(もくてきち)への行き方(かた)を頭に入れてから出(で)かけようっと



[説明]
「頭に入れる(あたまにいれる)」とは「理解(りかい)して、しっかりと覚(おぼ)えておく」という意味(いみ)の慣用句(かんようく)です。よく使(つか)われる形(かたち)を覚えておきましょう。

しっかり(と)頭に入れる
ちゃんと頭に入れる
・頭に入れておく
・頭に入れとく


「頭に入れる」はよく使われる慣用句の1つですので、覚えておくといいと思(おも)います😉


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogてでも
【接続】
動詞[て形]+でも


【意味】
〜のためなら、〜という手段(しゅだん)を使(つか)う


【例文】
①A:彼女(かのじょ)かわいいよね〜
 B:うん。100万円(まんえん)払(はら)ってでもデートしたいよ
→デートするためなら、100万円払う


②仕事(しごと)を休(やす)んででも、新(あたら)しいゲームを買(か)いに行(い)きたい
→新しいゲームを買いに行くためなら、仕事を休む

③あそこのラーメンは、また並(なら)んででも食(た)べたいわ
→ラーメンを食べるためなら、並ぶ


④かぜをひいたが、無理(むり)してでも試験(しけん)を受(う)けに行きたい
→試験を受けるためなら、無理する

⑤友達(ともだち)との約束(やくそく)をドタキャンしてでも、パーティーに行くつもりだ
→パーティーに行くためなら、ドタキャンする



【説明】
「AてでもB」は「Aのためなら、どんな手段(しゅだん)でもとる」「Bを実現(じつげん)するためなら、Aという大変(たいへん)な手段(しゅだん)を使(つか)う」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。「A」には、普通(ふつう)ではしないような極端(きょくたん)なことが入(はい)ります。「Bのためなら、どんなすごいことでもする」「どんな手段を使っても、Bしたい」と言いたい時(とき)に使われ、「絶対(ぜったい)にBしたい」という気持(きもち)ちを強調(きょうちょう)します😮また、「何(なん)としてでも」はよく使われる形(かたち)ですので覚(おぼ)えておきましょう。

「何としてでも」
[意味]
どんなことをしてでも
どんな手段を使ってでも、必(かなら)ず〜


[例]
何としてでも、パーティーに行きたい 
→どんなことをしてでも、パーティーに行きたい


「〜てでも」はよく使われる文型ですので、しっかりと覚えておきましょう😀


語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogからこそ
【接続】
動詞・形容詞・名詞[普通形]+からこそ  
*な形容詞・名詞の現在肯定形
な形容詞・名詞[辞書形]+だからこそ


【意味】
〜だから


【例文】
①学生(がくせい):先生(せんせい)のおかげでN1に合格(ごうかく)できました
 先生:毎日(まいにち)がんばって勉強(べんきょう)したからこそ、合格できたんですよ
→がんばって勉強したから、合格できたんですよ
【「がんばって勉強した」ことを強調】


②A:そのバッグ、高(たか)すぎるよ…本当(ほんとう)に買(か)うの?
 B:毎日(まいにち)使(つか)うものだからこそ、いいものを買いたいの
→毎日使うものだから、いいものを買いたいの
【「毎日使うものだ」ということを強調】


あなたのことを心配(しんぱい)しているからこそ、注意(ちゅうい)しているのよ
→あなたのことを心配しているから、注意しているのよ
【「あなたのことを心配している」ということを強調】

親友(しんゆう)だからこそ、何(なん)でも言(い)い合(あ)ってケンカもできるんだ
→親友だから、なんでも言い合ってケンカもできるんだ
【「親友だ」ということを強調】

この仕事(しごと)は、大変(たいへん)だからこそやりがいがあるんだよ
→大変だから、やりがいがあるんだよ
【「この仕事は大変だ」ということを強調】


傷付(きずつ)けたくないからこそ、うそをつくこともあるんだよ
→傷つけたくないから、うそをつくこともあるんだよ
【「傷付けたくない」ということを強調】




【説明】
「〜からこそ」は「まさに〜だから」という意味(いみ)で使(つか)われます。[理由(りゆう)]を表(あらわ)す「から」と[強調(きょうちょう)]を表す「こそ」でできていて、[大切(たいせつ)な理由][特別(とくべつ)な理由]を[強調]したい時に使われます😊後(うし)ろには「〜のだ」「〜んだ」をよく使います。マイナスのことを強調することはほとんどありません。この文型は話者(わしゃ)の意見(いけん)・考(かんが)え・判断(はんだん)に使われますので、客観的判断(きゃっかんてきはんだん)や事実(じじつ)に使うことはできません。

❌事故(じこ)があったからこそ、電車(でんしゃ)が遅(おく)れた
⭕️事故があったから、電車が遅れた

❌今(いま)、日本は朝(あさ)の10時(じ)だからこそニューヨークは夜(よる)の8時だ
⭕️今、日本は朝の10時だからニューヨークは夜の8時だ


[強調]を表す「〜こそ」を復習(ふくしゅう)しておきましょう😀

 

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

blogないでおく・ずにおく
【接続】
動詞[ない形]+でおく
動詞[ない形]+ずにおく 


【意味】
〜しないままでおく
〜しないで、そのままの状態(じょうたい)にしておく



【例文】
①今日(きょう)はお腹(なか)が痛(いた)いから、朝(あさ)ごはんを食(た)べないでおくわ
→朝ごはんを食べない状態(じょうたい)にしておくわ

②娘(むすめ):なんで起(お)こしてくれなかったの!?
 母(はは):いつも起こしても起きないから、今日は起こさないでおいたのよ!
→今日は起こさないままにしておいたのよ

③貯金(ちょきん)するために、お年玉(としだま)は使(つか)わないでおいた
→お年玉は使わない状態にしておいた



④日本語(にほんご)を忘(わす)れないでおくために、毎日(まいにち)勉強(べんきょう)するようにしています
→日本語を忘れない状態にしておくために、毎日勉強するようにしています


⑤まだ宿題(しゅくだい)が終(お)わっていないから、机(つくえ)の上(うえ)は片付(かたづ)けないでおいて
→机の上は片付けない状態のままにしておいて


【説明】
「〜ないでおく・〜ずにおく」は「〜しないままでおく」「〜しないで、そのままの状態(じょうたい)にしておく」という意味(いみ)の文型(ぶんけい)です。何(なに)か理由(りゆう)・目的(もくてき)があって、「〜しないで、そのままにしておく」「〜のために、そのままの状態にしておく」という意味で使(つか)われます。「〜ないでおく」と「〜ずにおく」はチェンジすることができます。「〜ずにおく」を「する」に使う場合(ばあい)は「〜せずにおく」になります😊「〜ておく」の復習(ふくしゅう)をしておきましょう。


[例]
朝ごはんを食べないでおこう
=朝ごはんを食べずにおこう


「〜ないで・〜ずに」がつく文型はたくさんありますので、復習をしておきましょう😀

【「〜ないで・〜ずに」がつく文型】







語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ